2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016'09.30 (Fri)

夕べの食事会

昨晩は、こじんまりと、4人の女子会でした。
場所は伝通院そばの 青いナポリ というイタリアンのお店でした。
以下、4人でいただいた物の一部です。

DSC_0202a.jpg
たこときのこのアヒージョ

DSC_0203b.jpg
さんまのカルパッチョ

DSC_0204c.jpg
赤なすのオーブン焼きトマトソース

DSC_0206e.jpg
前菜の盛り合わせ

DSC_0207f.jpg
いとよりのアクアパッツァ

DSC_0208g.jpg
パスタ

DSC_0209h.jpg
リゾット

DSC_0210i.jpg
最後のお茶 ハートが可愛い

(酔っぱらい、写真を取り忘れているものもあるはずで、
はっきりしているのはピザ)
これに、ビールとワインなどなど。
恐るべし、食欲の秋でありました。

お嬢さんの結婚が決まった、というのがお目出たい話。
母親である彼女が、良く頑張ったな、と胸が熱くなりました。
お嬢さんとは一緒にラグビーを見たりして、
ご一緒させていただいたことも何回もあります。
しっかり者の彼女。苦労しながら、とびきり幸せになって欲しい、
と願っています。

友人の消息が話題になっても、噂話にならないところは
皆さんの人柄によるのだと思います。
親の介護や、健康問題など、深刻な話もあるのですが、
サラッと受け止めて朗らか。私も元気づけられました。

またね!! と高校時代みたいに手を振って別れました。

みんな、有難う。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:27  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.29 (Thu)

ワイズ スペンディング・・時間編

9月ももう終わるのだけれど、手帳を見ると
けっこうな数の予定が書き込まれている。
10月はどうか、と思うと、それ以上の予定が既に入っている。
まだまだ、やらなければならないことが10月にはあるので、
そうすると使える時間は、夜とか休日の早朝とか、
そんなことになってくるのだろう、と思われる。

かかわる人たちも皆忙しいから、夜でも早朝でも
都合があえば、やりましょう、ということなのだ。

この状態は、自分でもちょいと要注意だと感じている。
今はまだ、ゴルフに行きたいな、とか
友達との食事会が楽しみだったりするのだが、
拍車がかかってくると、楽しい予定さえも、
義務のように感じてしまうのだ。

規則正しい生活リズムと食事。
休むことをスケジュールに入れる。
こまめな気分転換。

日曜日の教会は、自分と静かに向き合ってリセットする
貴重な時間。
そして、友との食事やおしゃべりも。

・・・今日は夕方から友人との食事会。
楽しいな、と思えるうちはまだ大丈夫。
ワクワク。

無駄なく賢く時間が使える人になりたいな。
とりあえず、家事は5分の隙間時間を活用してみたい。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:24  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.28 (Wed)

我が社の受注のしかた

来月上旬に、立て続けに契約とか地鎮祭があるのですが、
営業が居ない我が社の場合、これらの仕事の受注は
ほぼ100%紹介とかリピートなのです。
世の中に、たっくさんの建設会社がある中から、
我が社に発注して下さるのですから、本当に有難いことです。

新しい設計事務所さんは、雑誌に掲載されていたのを見て、
ご連絡を下さることが多いように思います。
新建築という雑誌をご覧になっている方が多いように思います。
それから、ご家族で発注して下さるお客様もいらっしゃいます。
親御さんの家を新築して、その後お子さん、というパターンですが、
先日は、お子さんが先という、珍しい逆パターンもありました。

夫はリップサービスをしないし、
頑固職人みたいな一面を持っています。
いつも発注して下さる設計の先生だからと特別なサービスは一切無し。
そういうことは、不平等だから、ということで、
しごく全うなのですが、商売人じゃない、と言われたりもして
その他諸々が重なると、へこんでしまうことも無いわけではないのです。

でも、こういうご時世に、夫のことを待っています、
と言って下さる方が居ることは自信につながらないでしょうか。
監督や職人さんの指名が入るというのは、社員の皆に
仕事のポリシーが伝わっているからではないでしょうか。

経営セミナーなどに出席すると、年間の売上目標をたてて
そのために営業ノルマを課して、というような話しをされて、
お尻を叩かれるように感じるのですが・・・

未来永劫、このままで良いとは思わないけれど、
夫のこだわりを大切にした、今の経営のしかたで、
私は良いように感じているのです。
目指すは、社員全員のさらなるレベルアップ。
新しいビジョンや経営の方法と言うのは、
次の代の経営者に任せたい、と思うのです。
それでは、いけないのだろうか?

社歴30年。
この時間は夫と社員全員の努力のたまもの。
私は貴重な蓄積だと思っています。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:56  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.27 (Tue)

サウンド オブ ミュージック

レディー・ガガがなんとなく好きで、
今度日本でコンサートがある時には、是非行きたいな、
と思っているのですが、この頃You Tubeでとても良いものを見つけました。
毎朝、これを聴いてから会社に出ています。

アカデミー賞での、サウンドオブミュージックのメドレーを
レディー・ガガが歌っているのです。

映画のサウンドオブミュージックは、それこそMy fabourite
教会のシェリー先生が、ショートヘアで
マリアになんとなく似ていたのです。
それに映画の暖かい暮らし、運命に立ち向かう勇気などに、
あこがれてもいたのです。
何回、見たことか。

レディー・ガガの歌唱力は素晴らしいものでした。
最後に、ジュリー・アンドリュースも登場して。

毎朝出勤前のお茶を飲みながら、エーデルワイスや
マイ フェイバリット シングスを歌いながら
元気が出てきてご機嫌になれます。

よろしければ一度聴いて見て下さい。
奇抜なガガだけじゃない実力に魅了されると・・・思うのですが。
アカデミー賞のガガ  
クリックしてみて下さい。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:22  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.26 (Mon)

日曜日の教会と食欲の秋

教会で92歳の女性の話を聴く機会がありました。
何年か前の年の初めに、ご主人が亡くなり、
続いてその年の9月にご長男が亡くなり、
そして11月には妹さんが亡くなってしまわれたそうです。
同じ年に次から次へと、3人の大切な人とお別れしなければならなかった、
とおっしゃっていました。

こんなに辛い目にあわされるのなら、長生きは幸せなのかしら?
と私なぞは思ってしまうのですが、
やさしく穏やかな笑顔で、毎週、元気一杯に教会に通っていらっしゃいます。
お孫さんの立派な青年と、一緒。
同じ信仰を持ち、心を通わせ合っているのが、見ていても伝わります。
悲しみを突き抜けてたどり着いたお二人の姿に
励まされる思いがします。
・・・それにしても、人生は一筋縄ではいかないものですね。
人並みに、私にも辛いことや、心配ごと、
どうにもならないような悩みもあり、
昨日の礼拝は、ちょっと元気が無かったのかもしれません。
礼拝の後、教会のお弁当を買って、一緒に食べましょう、
と皆さんに誘っていただき、心温まるお昼をいただくことができました。

全てに時があること、そしてその時を待つこと。
相手を変えよう、どうにかしよう、とその時を過ごすのではなく、
自分自身が整えられ、鍛えられるそんな時間なのだと肝に銘じる事。
その時が来れば、相手にも届く言葉や行動ができるようになるのです。
そんな話をやさしくして下さいました。
艱難辛苦。
皆さんはそれぞれにたいへん苛酷な経験をされているけれど、
祈りつつ、希望を失わずに自分を研ぎ続けた信仰生活をされています。
それに裏打ちされた強さと優しさを感じました。
励まされて、元気になって帰宅しました。


          

帰宅したら、夫がお昼を食べずに待っていました。(けっこう、遅い時間だったのです)
食べて来た、とも言えず、一緒に少しだけ食べる事にしました。
昼食は少しだけにしたのですが、それでも1.5人分。
しかも・・・デザートにケーキと栗と葡萄を食べてしまった。

本当に、別腹なのね。
自分の胃袋が恐ろしい秋です。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:32  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.24 (Sat)

連続の食事会

朝早い更新です。
昨日は、お休みの狭間で忙しく、
更新の時間がとれませんでした。
今朝はいつもの時間に起きても少し余裕があるので、
パソコンに向かっています。

21日はいつもの皆さんとの食事会がありました。
DSC_0184a.jpg
秋刀魚 肝醤油焼き

友との食事は、話題も感じ方も共感できることが多いので
もう10年以上も続いているのだと思います。
主婦で皆仕事をしていて、同年輩。
美味しいものを食べるのが大好きでワイン好き。
一緒に旅行に出かけ、ジムでも一緒に汗を流しています。
仕事のことや家族のことなど、こぼすこともあるのですが、
共感してくれて、話しを聞いてもらえます。
お店はいつもの「しゅくりあ」でした。
お任せで選んでいただいたワインもGood。間違いなしのお店です。
DSC_0185b.jpg
子持ち鮎 焙じ茶焚き かなり好き

翌日は、墓参と家族の食事会でした。そして息子のリクエストで焼き肉。
彼らはいつも焼き肉がイイ、と言うのですが、今回は次男の就職祝いも兼ねて居るので希望通りにしました。
池袋にJA全農ミートフードの直営店があって、
そこに行ってみることにしたのです。
ワインもお肉も期待通りでした。
DSC_0195c.jpg

桜のチップでスモークしたお肉を焼いていただくのがなかなか美味しかったです。
それにホクレンの専用施設で加工したというユッケもありました。
息子や弟はあっという間に食べてしまい写真無し。
私は・・・とにかく圧倒されて、参戦前にギブアップという感じでした。
息子の若さがまぶしかったです。
しっかり人生を歩いていけますように。

ラジオで耳に入った、中高年専用の電話相談。
寄せられるのは、家族や親族との人間関係の悩みが圧倒的に多いのだとか。
同じ空気を吸うのもイヤだ
遺産をあの子どもには相続させたくない
親族から理不尽な要求をされているから絶縁したい などなど
聞いていてため息がもれるような内容ばかりでしたが、
改めて、家族という一番親しい間柄でも、理解しあい、
思いやりを持った関係を続けて行くのは困難なのだな、と感じたりしました。

我が家族・・・激しい反抗期もあり、夫婦バトルもあり、
弟とも行き来が無い時期もあったけれど、今こうして食卓を囲めることは
幸せなのだ、とワインを飲みながらしんみりした焼き肉でもありました。

皆様、良い週末を。
さて、朝ごはん!!




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

06:21  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.21 (Wed)

お参りとお祈り

生活の中で、確たる信仰というわけではないけれど、誰でも
お参り、お祈りすることはけっこうたくさん有るのではないか、と思う。
新年の初詣だってそうだし、健康祈願・合格祈願・恋愛成就
家内安全・商売繁盛・交通安全・安全祈願
などなど、ずいぶんイロイロあると思う。

私は、教会で英語を習っていたのがきっかけで、
お参りより、祈るということにシンパシーを感じていた。
高校時代、父が病気になった時は、
父の命を救って下さい、と必死に祈った。
父亡きあと、進路のことで悩んだ時は、
私の希望の進路に道を開いて下さい、とこれも真剣に祈っていた。
でも、どちらの祈りもかなうことはなく、
「求めよ、さらば与えられん 門を叩け、さらば開かれん」
というマタイ伝の聖句が虚しく感じられたものだった。
それでも、私は祈っていたのだ。
ふてくされ、悪たれをつき、挑むように、
神も仏も無いの? 嘘つき。何とか答えてみなさいよ。
みたいに。
でもこれは、とてもおかしな事だったと今思う。
神は私の召使でも、僕でも無いのだから、
別に私の願いなどに律義に答える必要など、まるで無いのだから。

それでも何故か、私はずっと祈っていた。
あの人にバチを当てて欲しい、
私に答えて欲しい。
などというとんでもない祈りまでしていた私が
それでも長い年月の末に洗礼を受けた、
というのは本当に不思議なことだと実感して入る。
神様が本当にあなたを愛しておられるのです。
あなたのことを神様が離さなかったのですよ。
と牧師先生がおっしゃったのが、とても印象に残っている。


求めたものは何ひとつと得られなかった。けれど、
願いはすべて叶えられている、と今しみじみと感じるのだ。

どんな状況にあろうとも、感謝をもって受け入れたい。
そして、自分の置かれた場所で、自分の役目を果たせるように、
力と恵みを与えて下さい。

これが最近の私のお祈りのベースです。
信仰が強められますように。


~受難者のことば~

何かを成し遂げたいと 神に強さを求めたが
謙虚さを知れと 弱さを授かった

立派なことがしたいと 健康を求めたが
よりよき行いをせよと 病を授かった

幸せになりたいと 豊かさを求めたが
賢くあれと 貧しさを授かった

皆から賞賛されたいと 力を求めたが
敬虔であれと 弱さを授かった

人生を享受しようと 多くのものを求めたが
すべてを喜びをもって受け入れる人生を示された

求めたものは何ひとつとして得られなかったが 願いはすべて叶えられた
神の意に沿わなかった私だが 真の祈りはしっかりと叶えられていたのだ

私は あらゆる人間の中で 最も豊かに祝福されたのだ






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:12  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.20 (Tue)

予定をこなせた3連休

お休みは盛りだくさんだった予定を
一応、こなすことができました。

土曜日は、久しぶりに夫とゴルフレッスンでした。
私は右にシャンクする魔球を連発して、
つくづく、上達しない自分に笑ってしまいました。
無欲?の夫はキーンとクラブの良い音を連発していました。
このコントラスト。
右の打席の夫を狙い撃ちしているみたいな球でした。

その後、夫は買い出しにも行ってくれて、
美味しいお魚などを調達しました。
料理、けっこう頑張って、晩酌はご馳走でした。
DSC_0166a.jpg
ひらめ
DSC_0167b.jpg
かれい
DSC_0170c.jpg
皮をひいて、お刺身にしました。

そして日曜日は、教会のリコーダー演奏と合唱の本番でした。
どうにか無事に終えることができました。
ピーなんていう突拍子も無い音を出すこともありませんでした。
懸案の楽譜は、ゴルフ用のコンタクトに老眼用のメガネでどうにか。
夫も礼拝に参加してくれて、演奏、合唱を聞いてくれました。
先生のお説教や讃美歌の歌詞を夫はどのように感じたでしょうか。
一緒に教会に並んで座り、礼拝を守れた事がとても嬉しかったです。

夜は、お客様との打ち合わせに行き、
安心してお任せします、というお言葉をいただきました。
これも有難いな、と嬉しい気持ちを噛みしめながら帰って来ました。


昨日は、これも本当に久しぶりに弟と夫と3人でゴルフをしました。
お天気もどうにか持ちこたえてくれて、カッパを着ないですみました。
無欲な夫は淡々と刻み、ベストスコアに近い成績。
私は弟にも負けてしまいました。
(なにしろ、アイアンが右への魔球オンパレード。修正しなければ・・・)
DSC_0179d.jpg

とにもかくにも、3日間の予定をどうにかやり終える事が出来て
本当にホッとしています。それに嬉しいです。
当たり前のことを普通にこなせることの重み、有難さを感じています。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:55  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.16 (Fri)

3連休

明日から3連休の方も多いのでしょうね。

私は、打ち合わせなどの仕事がチョコチョコ入っていますが、
それでもお休みと思うと気が楽です。
なんとなく、ホッとしています。


今、社内では見積の減額作業や
メンテナンスの日程調整とか
資材の納期確認などをみんな必死でやっています。
3連休に続いて22日もお休みなので、納期については
気を使っているようです。
そして、私はお給料の振り込み予約を終わらせました。
まだ16日ですが、25日は日曜で、その前23日に支給するとなると、
予約はその3営業日前、ということは、本日なのです。
通常、20日〆なのですから・・・ビックリの事態。
でも、無事に終わって一安心です。


お休み中は、久しぶりにゴルフレッスンに出て、
弟と夫と3人でラウンドの予約もしています。
ちゃんと行って来れたら、すごく嬉しいのだけれど・・・
台風とか、いろいろ微妙ですね。
ちゃんと行けますように!!

そして、18日の礼拝で、リコーダーの発表があります。
老眼で楽譜が読みずらくて四苦八苦だったけれど
家でもたくさん練習しました。
おかしな音が出ませんように。

皆様も、良いお休みをお過ごしください。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:44  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.15 (Thu)

歯医者さんの日のお弁当

今日は、朝一番で豪徳寺まで。歯医者さんの日だったのです。
9月になってチビちゃんの生活も落ち着いたのでしょうか、
彼女、少し余裕が感じられました。
良かった。
応援しているからね。

今朝は、学校に行く息子たちの分だけお弁当を用意して、
私と夫のお弁当は、池袋で買って来る事にしていました。
美味しいお弁当を食べてもらって、夫にエール。
そんな気持ちで奮発しました。

DSC_0165aa.jpg
おそうめんには冬がん・ジュンサイ・錦糸卵
シイタケの含め煮・みょうがやオクラ、才巻海老などなどが
綺麗に飾られていて、お出しをかけていただきました。
牛肉のすき焼き煮は、甘めの味付けで私の好み。
どちらも超、美味しかったです。

私はお腹が一杯になって、すき焼き煮は残してしまいましたが、
夫は全部平らげました。良かった。

デパートには秋らしいお弁当がたくさん並んでいました。
私のお弁当には、季節感が無いな、と思いました。
昔は、栗ごはんとかキノコの炊きこみとか、いろいろ作ったのだけれど・・・
また、お弁当を買おう!
と思った私です。
迷いながら、あれこれ選ぶのも、楽しかったです。
我が家で私が一番食欲の秋のようです。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:51  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.14 (Wed)

ヨガ

手術後、リンパマッサージにずっと通っているのですが、
そこの先生が、ヨガの本をプレゼントして下さいました。
体調維持に勧めて下さったのです。
DVDも付いていて、1週間ごとに進めていくというもので、
時間が無い時は、1日1ポーズでも良い、というのに励まされ、
早速始めてみたのですが、なかなかたいへんでした。

ポーズを取れなくても良い、とは書いてありますが、
胸の前で合掌しながら後ろや横に倒れていってしまったり、
後ろを振り返りながら手を上げているつもりでも、
実は、手を上げて首を廻して横を向いた程度だったりと、
完成形をイメージしつつも、程遠い現状です。
(DVDの先生は凄いです。軟体動物みたい)
しかも、丹田を意識して、スー、ハーと呼吸を繰り返す、
というのも慣れないのでおかしなことになっています。
ラマーズ法のヒーヒーフーを何故か思いだし、
自分の姿に自分で可笑しくなって、しばし笑いが止まりませんでした。
(家族は、さぞかし不思議だったことでしょう)

それでも、大汗をかきながら続けていたら、
少しだけ体の可動域が広がっているのを実感。

昔は体、柔らかかったのに、などと言っていても始まりません。
続けてみようと思っています。
体調維持の他にもう一つ、ゴルフにもプラスになるのでは、と思っています。

手術前の飛距離、戻って来ないかな。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:46  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.13 (Tue)

一丁上がり・・・かな?

本日、次男の後期の学費を支払いました。
大学4年間+大学院2年、それに途中1年休学しての
インターンシップもありました。都合7年。
でも、これで彼に係る授業料は、全てが終わりになりました。
少しだけ、肩の荷が下りた気がします。
10月3日には、就職先での内定式があるとのこと。
本当に、感慨深いです。

次男にラインしてみました。

さっき後期の学費を振り込みました。
これで、あなたの学費は全部終わりました。
お父さんに、感謝して下さいね。

すぐに一言、返事がありました。

ありがとうございます。

でも、これで充分です。
後で、夫にも、見せてあげましょう。

次男はこれで1丁上がり、になるのですよね。
忙しそうだけれど、卒業までの時間をしっかり学び
社会に巣立って行って欲しいと願っています。

残りは三男があと1年。
ゴールはもうすぐです。

アトリエはなはなさんの今回の飾りはハロウィーンです。
hanahanab.jpg
もうハロウィーン。
東京も秋の気配です。
眺めていると、なんだか楽しい気持ちがしてきて思わずニッコリです。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:50  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.12 (Mon)

活動に一区切り・・・総会終わる

土曜日は、高校関係の会の総会でした。
例年より前倒しして、9月に行ったのも初めてですし、
公開学習会も行いませんでした。
活動を収束するための総会だったのです。

活動を始めて10年が過ぎ、諸々の状況が変化したのです。
亡くなられた方、健康問題を抱えている方、介護を抱えている方。
過ぎてしまえば、アッという間のように感じますが、
やはり10年は大きな時間であることは間違いなく、
相当の変化がそれぞれに起こっているのでした。
大波小波をどうにかやり過ごしながら続けてきたのですが、
もう限界に近かったということです。
まだ余力のあるうちに一応の区切りをつけると言う事は、
とても賢明な判断だと思います。

土曜日、とにもかくにも総会は終わり、終息に向かう、
という方針は了承され、総会の後は、皆で打ち上げがありました。

DSC_0155bb.jpg

ホッとしたと同時に、10年間は楽しい時間でもあった、というのが本音です。
どれほど皆さんから、知的な刺激を受けたことか。
ゼミのような読書会。書評を書いたり、雑誌の編集、発行をしたりと
仕事をしていただけでは経験できないような事を経験することができました。
公開学習会の時には、本の著書の方から直接話を伺えて
時には飲み会までも、というまたとない時間を過ごしたりしました。

土曜日の会にも、東京オリンピックのエンブレムデザイナー
野老(ところ)さんの担任の先生も出席して下さいました。
エンブレムが決まってから、クラス会を開いたそうで、
その時の話もして下さいました。

もうお一人は、議員さんで、息子たちが在学中に彼らの話を聞いて下さり
議会で質問をしてくださった、ということも話して下さいました。
生きた政治の勉強をさせて下さったのです。
息子は大学でも、職場でも、同窓の方に巡り会い、しごいていただきました。
どこかで不思議なご縁があるものです。

母校が卒業してからも豊かな時間をプレゼントしてくれる。
ありがたい事だなぁ、と思っています。
まだ、会報誌の最終号を発行する、という仕事が残っています。
最終号にふさわしいものにしたいです。

もうひと頑張り!











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:08  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.09 (Fri)

長男にメール

ミャンマーに居る長男に、久しぶりにメールをしてみた。
彼の場合、返信無しがほとんどで、
電報みたいな返事があれば良い方なのだ。
タマに文章が書いてある事もあるのだが、
その内容は、親の期待とは真逆だったりして、傷つくことも多かった。
いや、傷ついてばかり、と言っても良いかもしれない。

メールをしたり、荷物に便りを同封したりすることで、
返事を期待してしまい、結果は音沙汰なしだから、
自分が傷つくことにすっかり嫌気がさしてしまい、ご無沙汰だったのだ。

でも、そんな息子ではあっても一応は家族。
私自身の体調のこととか、次男の就職が決まった先のこととか、
こちらの会社のこととか・・・ある日突然聞かされる、というのでは
さすがにまずいかな、と思い連絡することにしたのだ。

親友Aさんからも、
離れているのだから、どうこうしてくれというのではないけれど、
一応、耳に入れておくから承知していてね、
というスタンスで連絡はした方が良いよ、というアドバイスだったから。

今回、返信はすぐ来たけれど、とっても短い物だった。

了解。
お大事に。
伝えときます。
10月ごろ、1回帰る予定。

それだけだった。

お父さん、お母さん、お体を大切にして下さい。
何も力になれませんが、全て了承しています。
10月頃に、1度帰国するつもりですので、日程がはっきりしたら
またご連絡させていただきます。
・・・・な~んて言って来るはずもないけれど、なんだか悲しかったりした。

全部読んでもらってのAさんの感想
仕事の合間に返信しているのだから仕方ないのではないか。
何より、親はいろいろ言ってはいるけれど、実家は盤石。
絶対的な安心感を持っているのだと思うよ。
というものだった。

そうかもしれない。それで良いのだと思っていた。
親や実家のことが心配で、安心して外に飛び出して行けない、
なんていうことには、なって欲しくないのだから。
でもね、とちょっとくたびれ気味の私は思ってしまう。
もう少しだけ、やさしさとか思いやりがあっても良いのではないか、と。

これもAさんの言葉。
親はいつまでも不死身のスーパーマンなのよ。子どもにとっては。
いたわったり、気づかったりする対象としては見て無いよ。
というものだった。

そうかもしれません。
でも、今まではともかく、親も年をとるのだよ、と
思いつつ、返信はヤメにしておきました。

山岳部の先輩が見つけ出した、学生時代の私の写真。
jtstjaa_0ab.jpg
当時の私の年齢をみんな息子たちは越えている。
諸行無常





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:47  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.08 (Thu)

毎日届くいろいろな郵便物

私のところには、毎日それなりの量の郵便物が届きます。
請求書とか、DMがほとんどで、心トキメクお手紙なぞは、ほぼありません。
学費の請求とか、息子たちの大学の封筒は、
トキメクというより、動悸がしたりします。

個人宛で多いのは、霊園の案内、介護付き有料老人ホームの案内、
相続や葬儀など終活に関するものなど。
今朝は、ゴージャスな老人ホームのお料理の写真を見て、
料理つくりたくない病に罹患している身としては、入所も良いかも、
などと思い、価格を見て絶句しました。
なんで我が家に来たのか?? すぐにゴミ箱です。

会社宛のものでは、事業承継やM&Aに関する案内が多いです。
これも今朝、珍しく見てみたのですが・・・
早い話が、娘には後継者になるような婿養子を、
息子には経営者の奥さんにふさわしいお嫁さんを世話する、
というような結婚相談所みたいなことが書いてありました。
女性のプロフィールがステレオタイプ。
趣味は食べ歩きとスキーというアクティブな女性です。
献身的なお母さまの姿を見て育ち、両親のような仲の良い家庭をつくるのが夢
とか
幼少期から始めたピアノとケーキ、お菓子作りが趣味。
家事全般を得意とし、責任感の強い、落ち着いた性格の女性です
など。
家事が嫌いで、料理も作りたくない時が多々あります。
趣味は登山とゴルフで真っ黒なため、いつか美白をしたい、というのが夢です。
なんていう女性は一人も居ません。
なんだか、読んでいて腹立たしくなりました。
会員様のご子息、ご令嬢様のマッチングで事業承継って、
私はあり得ない。これも即、ゴミ箱です。

本日の良いお知らせは、テニス。
ガンバレ、錦織選手!!





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:02  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.07 (Wed)

食事を作りたくない病

ここのところ、家に戻っても、夕食の準備をやりたくない気満々。

三男は、後期になってまた泊りこみの生活だし、
次男も帰宅が遅くなり、夕食は不要、という日が多いし、
・・・夫と二人になると、途端にやる気が無くなってしまう。
息子たちが食べないし、夕方になると疲労困憊という感じなのだ。

ウダウダしていたら、先日は夫が外食にしよう、
と言ってくれて、お気に入りのお蕎麦屋さんに行った。
DSC_0133dd.jpg

DSC_0132bb.jpg
利き酒セット。 左から、国権 大和しずく 杉勇
ここは、日本酒の種類も多くて、肴もお蕎麦も美味しい、お気に入り。
この日は呑み過ぎ。

で昨日は、弟が差し入れを持って来てくれた。
DSC_0137aa.jpg

この柚子酒の他に、行きつけのお店から料理を買ってきてくれた。
柚子酒は炭酸で割ると良いよ、と炭酸水まで。
弟は、こんなに親切な奴だっけ?
昔はさんざん兄弟げんかもしたなぁ・・・などと思いながら
有難くいただきました。



夫は基本、家での食事が好きなのだけれど、
私は、自分だけなら、お菓子だけでも良かったりしてしまう。
でも、根性を出して、準備しますかねぇ。
料理は愛情かもしれないけれど、夫と二人の場合は気合いだったりします。

ガンバレ私。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.06 (Tue)

過去に投稿した記事から

2014年4月に、ある会の会報誌に投稿した文章が久しぶりに目にとまった。
会の文章やニュースレターの整理をしている途中でみつけたのだ。
消費税が8%に増税される大忙しの時に書いた、半分グチみたいな文章だけれど、
当時の私の実感だったと思う。10%への増税は当面は回避されたけれど、
またこの前のようなことが起こるのか、と思うと恐ろしい気がする。

駆け込み・・・にならないように、前倒しで工事の計画をしていただけたら、
お客様にとっても良いのではないか、と思うことしきり。
読んでみて下さい。

    

建設業者の現状というのは、大規模なゼネコンと私たちのような中小零細ゼネコンでは、
また感覚が違うのではないか、と思われます。
消費税増税に伴うかけこみ需要・・・経過措置で昨年9月30日までに契約した工事を実際に今施工しているのですが、これがそもそもキャパシティーギリギリ。それにオリンピックで建設業は人手不足、資材高騰にますます拍車がかかっています。その上、2度の大雪でいろいろなメーカーに被害が有り、軒並み受注停止、納期見通したたず、という状況がありました。
東北に必要な人材も、東京に集められているのだと思いますが、それでも首都圏では不足しています。
工事の最初はまず穴掘りから基礎工事がスタートするのですが、排出される残土を受け入れてくれる所が満杯でみつけられない。さらには、重機もオペレーターも確保できない。残土や建築廃材を運搬する車輛も確保できない。もちろん運転手も居ない。産廃業者は、処理能力をオーバーしているので、受け入れの制限をする。日々、全ての工程で発生しているこんなことの対応に追われているのです。

それに請負という契約形態も、私たちを苦しめています。図面に基づいて、この工事をいくらで、いつまでに完成させます。というのが請負契約で、図面・見積・行程表(工期)がセットになっているのです。今のような状況だと、工事は遅れ、資材は高騰して予算はオーバー。つまりは我が社の契約不履行、ということになってしまうのです。
発注側にも理解を求めますが、建築屋の要求を100%理解して、工期延長もペナルティー無しで認めます。予算オーバーの分は支払います、などとスンナリ話が済むことではないのです。
請け負った以上は、死力を尽くしますが、どうにもならないこともあるわけで、その落とし所を発注者の方とさぐりながら詰めて行くことは、時間も労力もかかり、第一精神的にはとても負担なのです。受け負け、という言葉が建築にはありますけれど、今はそんな感じがしています。

私の前職、医療の現場では、医師をはじめとするチームが治療の甲斐なく、もし患者さんが亡くなられたとしても、残念ながら、力がおよびませんでした・・・ということもあるわけなのですが、請負にはそれは許されないのです。残念ながら、請け負いましたが、力及ばず、約束通りにはできませんでした、は通らない。非常に厳しいところにおかれていると感じています。忙しくていいわね、増収増益、などと言われると、何を能天気なことを言っているのだろう、とため息が出ます。
契約を守るために、我が社のようなところも必死になって人・資材を集めているのですから、東北に出していたものが首都圏に戻ってくるということは十分に考えられます。建設労働者の不足を補うために現状の外国人技能実習制度を5年に延長したり、過去の実習生の再入国を認めてはどうか、などと言われています。熟練の技術者は高齢化していますし、そうでもしないと、本当にオリンピック開催はあやういのでは、と思われます。何としてでも、オリンピックは間に合わせる、その意気込みは感じますが、復興はどうするのか。オリンピックが足をひっぱるのでは、と危惧するのは私だけでしょうか。国土強靭化推進などと言って、老朽インフラの整備事業も全国的にすすめようとしているので当分、今のような状態のまま推移するのだろう、と思っています。

それにしても、です。これでまた消費税10%などと言えば、またまた駆け込み需要が発生するのです。大きな土木工事やスーパーゼネコンだけが潤うような公共工事ではなくて、福島の人たちの住宅、都内の普通の人たちの家、そういう人の暮らしに直結していることに目がむけられているのでしょうか。
大企業の景気が良くなって、そのおこぼれで庶民の暮らしが良くなる、ではなくて、生活者、被災者の暮らし向きを第一にして、家計や人の心にゆとりが出て、その結果大企業にも波及する・・・そうならないものか、と思ってしまいます。資材も人手も無くて、雪で壊れたカーポートや屋根の修理をしてあげられないお宅があり、ささやかなリフォーム工事も、10%になる前に、二世帯住宅を建てたい、という身近な依頼にも、応じることが出来ていません。そういうことも私のストレスです。どうにもならないけれど、申し訳なく思っているのに、怒りの矛先も向けられている。日々、そんな感じで仕事をしています。

連休は、他の建設会社が休んでいる間に、やってくれるという職人さんが居て、いくつか現場は動きます。有難いことだと思っています。私たちは交代ででも休めますが、申し出をしてくれた職人さんは、休みなし。こういう人たちに支えられていると思い、元気を出さなくちゃ、と言い聞かせています。

でも、政治が悪すぎる!!









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:22  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.05 (Mon)

荷物整理・終活のささやかな幸せ

息子の荷物整理をしていると、ここにも何回か書いているけれど
思わぬ掘り出し物に出くわしたりする。
掘り出し物、と言っても別に高価な物とかでは無く、
親にとってのささやかな掘りだし物なのだ。

子どもの頃の作文とか、連絡帳などの
過去の息子たちや、自分の姿に対面できるような品。
思春期の頃の、外で何やっているのかわからなかった頃の
彼らの生活の片りんが垣間見えるような物。
そして社会人になった息子(これは長男だけれど)
が社内でどんなことしていたのか、どんな評価なのかが
想像できるような物。

長男の新人研修でのテストの数々が出てきて、
たいへん良い成績です。真剣な取り組みの成果ですね。
なんていうコメントが書かれていたりすると、嬉しくなって
わざわざ夫に見せたりもしてしまった。
親バカとは思うけれど、思わずニッコリしてしまうのだ。
長男の本も一部処分した。
整理して並べて見ると、息子が何を学んでいたのか、
どんなことに興味関心を持ち、学生生活をしていたのか、
なんとなくわかる気がしてくる。
専門書や就職してからの仕事に関する本などを並べて見ると
謎だらけだった息子の生活ぶりがそこはかとなくわかったりもする。
真面目な男だ。(夫と私の子どもだから当たり前か)
そして、勉強家だ。(これはどっちに似たのだろう?)



何も目くじら立てて、持ち物を減らすことも無いではないか。
明らかな不用品、ガラクタを処分するだけでもずいぶんスッキリするし、気分も変わる。
父の本やら着物やらも、捨て難かったら、取っておけば良いのだ。
いつかなんて言わないで、食器でも花器でも、使って楽しもう。
普段使い、してしまうのさ。
心境の変化があって、持ち物減らしにアクセク、イライラしないことにした。
ミニマリストになるつもりも無いし、無駄も許すよ!!
宝探しをしながら、荷物整理をして、感慨に耽ろうじゃないか。


もう大人になってしまった息子たちと、もう一度絆を取り結ぶのも
還暦のささやかな幸福感だから。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
14:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.02 (Fri)

秋の目標

9月になってまだまだ残暑は厳しいけれど、
気分的には、なんだか秋になってしまったように感じている。
池袋のデパートだって、もうみんな秋に模様替えされていた。

今年、私には夏が無かったみたいな気がしている。
山荘にすら出かけずに、引きこもっていたのだ。
山荘は、子どもが小さかった頃から、必ず出かけていた。
川遊びやハイキングをして、夜には天体望遠鏡で満天の星空を眺めた。
バーベキューや岩魚、美味しいお蕎麦も堪能した。
温泉のプールで、さんざん遊んだりもした。
子どもたちが一緒に行動しなくなってからも、夫と二人
最近は弟も加わって、山荘からゴルフに出かけ、温泉めぐりをしたりしていた。
山荘に行かない時でも、登山に出かけたり、花火を見に旅行したりと、
必ず家から離れて、気分転換していたのだ。

でも、本当に今年の夏は、どこにも出かけず仕舞い。
エアコンの効いた部屋でオリンピックや高校野球のテレビを見ていたけれど、
なんだか穴に閉じこもっていたみたいな気分。
7月の後半から8月の時間が、ぽっかり抜け落ちているみたいな気がする。

会社や息子たち、いろいろな事情、都合にあわせて
このような夏になったのだけれど、あまりに滅私奉公的だと
自分がもたないだけじゃなく、当事者の自覚、自立を妨げている
という面もあるのだと、今ごろになって気付いたりしている。

私が全て背負って歩けるわけじゃない。
しんどくても、自分の荷物は自分で背負ってもらう。
別に、見捨てるわけではないし、ちょっとだけ
こういうスタンスで、秋からは私も自分を取り戻したい。
そう思っている。

私は私の荷物をしっかり背負うこと。
それぞれの歩みを応援はしても、私が背負う荷物じゃない。


スポーツ、食欲、芸術・・・とにかく実りの秋だもの。
感謝して楽しもう!







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:04  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'09.01 (Thu)

家に手を入れるタイミング

建設会社を始めて30年がたつ。
社歴が長くなって来るにつれて、お客様も高齢化して、
仕事をさせていただいた頃とは諸々の事情も異なって来る。

大家族だったのが、ご夫婦二人になられたり、
中には一人暮らしになられたり。
また転居されて賃貸物件として貸し出されている家や
主が亡くなられて、売却されたり、解体された家もある。
一度人数が減って、また同居され、今度は家族が増えた、というお宅もある。
当初イメージした使い方、生活と比べて
現在はどうなのだろう? 予期した通りなのか、はたまた想定外だったのか。
どんな感想をお持ちなのか、伺ってみたい気もしている。

我が家の場合、母が弱ったときの為にと
階段昇降機を取り付けていたのだが、母が使うことは無かったのだ。
その頃には、家での生活がおぼつかなくなり、施設に入所したのだった。
結局、ビールだのお米だの重い物の運搬と、息子たちの遊び場だった。
そうそう、私がアキレス腱を断裂した時は、すごくお役に立ちました。
結局、あまり使われないまま撤去したのだから、
高額な設備の導入は、慎重の上にも慎重に、というのが教訓だったように思う。

今、工事をさせていただいているのは、減築のお宅。
一人暮らしになられたので、自分一人の生活エリアをコンパクトに
使いやすくリフォームして独立性を保ち、残りのスペースを
賃貸用にして貸す、という計画なのだ。

先日、空き家のセミナーに出席したので、
こういうのも大いに有りだな、と感じている。
家の維持管理計画の中に、生活の変化に対応するためのリフォームを
もっと積極的に考えても良いのかもしれない。

還暦を迎えた私。
こういうことができる体力気力のタイムリミットは・・・
今かもしれない、とも思っています。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:12  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |