FC2ブログ
2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016'09.21 (Wed)

お参りとお祈り

生活の中で、確たる信仰というわけではないけれど、誰でも
お参り、お祈りすることはけっこうたくさん有るのではないか、と思う。
新年の初詣だってそうだし、健康祈願・合格祈願・恋愛成就
家内安全・商売繁盛・交通安全・安全祈願
などなど、ずいぶんイロイロあると思う。

私は、教会で英語を習っていたのがきっかけで、
お参りより、祈るということにシンパシーを感じていた。
高校時代、父が病気になった時は、
父の命を救って下さい、と必死に祈った。
父亡きあと、進路のことで悩んだ時は、
私の希望の進路に道を開いて下さい、とこれも真剣に祈っていた。
でも、どちらの祈りもかなうことはなく、
「求めよ、さらば与えられん 門を叩け、さらば開かれん」
というマタイ伝の聖句が虚しく感じられたものだった。
それでも、私は祈っていたのだ。
ふてくされ、悪たれをつき、挑むように、
神も仏も無いの? 嘘つき。何とか答えてみなさいよ。
みたいに。
でもこれは、とてもおかしな事だったと今思う。
神は私の召使でも、僕でも無いのだから、
別に私の願いなどに律義に答える必要など、まるで無いのだから。

それでも何故か、私はずっと祈っていた。
あの人にバチを当てて欲しい、
私に答えて欲しい。
などというとんでもない祈りまでしていた私が
それでも長い年月の末に洗礼を受けた、
というのは本当に不思議なことだと実感して入る。
神様が本当にあなたを愛しておられるのです。
あなたのことを神様が離さなかったのですよ。
と牧師先生がおっしゃったのが、とても印象に残っている。


求めたものは何ひとつと得られなかった。けれど、
願いはすべて叶えられている、と今しみじみと感じるのだ。

どんな状況にあろうとも、感謝をもって受け入れたい。
そして、自分の置かれた場所で、自分の役目を果たせるように、
力と恵みを与えて下さい。

これが最近の私のお祈りのベースです。
信仰が強められますように。


~受難者のことば~

何かを成し遂げたいと 神に強さを求めたが
謙虚さを知れと 弱さを授かった

立派なことがしたいと 健康を求めたが
よりよき行いをせよと 病を授かった

幸せになりたいと 豊かさを求めたが
賢くあれと 貧しさを授かった

皆から賞賛されたいと 力を求めたが
敬虔であれと 弱さを授かった

人生を享受しようと 多くのものを求めたが
すべてを喜びをもって受け入れる人生を示された

求めたものは何ひとつとして得られなかったが 願いはすべて叶えられた
神の意に沿わなかった私だが 真の祈りはしっかりと叶えられていたのだ

私は あらゆる人間の中で 最も豊かに祝福されたのだ






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:12  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |