2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017'02.28 (Tue)

2月は去る

今、税理士さんの毎月の監査が終わりました。
今月、私ができた仕事というのは、最低限のことだったように思いますが、
それでも、とにかくクリアすることができて、ホッとしています。
慌ただしい、1カ月でした。
明日は、整形外科に行き、右足の診察をしていただく予定。
骨折が治っていたら嬉しいのだけれど。

来月、といっても明日からですが、
弟は退院するでしょうし、次男は卒業。
みんなの誕生日も続きます。
さらに、長男が一時帰国する(2、3日だそうです)
という連絡もあり、なんだか嬉しい事が続きそうです。
長男の帰国に合せて、皆でお祝いの食事ができたら良いな、
と願っています。
実現できますように。

今日は、弟の病院へは行かないことにします。

「キケン」な、入浴剤でも入れて、
ゆっくりお風呂に入り、早めに休みたいです。

美味しいものをいただくより、心ひかれます。
・・・私、どうかしたか?
不思議。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:57  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.27 (Mon)

大笑いしてしまった・・・夫よ、ごめん

皆さん、これ、何に見えますか?

DSC_0645a.jpg

先日、次男が初めて友人の結婚式に出席し、
その時にいただいてきたお引き出物の一部です。
キャンディーやお菓子などと一緒に、
息子は食卓の菓子器に入れたのでした。

ラムネのお菓子のように見えますよね。

たいてい、食後の甘いものとして、私は
おみかん1つでも、クッキーやチョコレート1つでも、
食事の時には、お皿に用意していたのですが、
ここのところ余裕が無くて、準備していませんでした。
くだものでも、お菓子でも自分で剥いたり切ったりしてどうぞ、
というわけです。

で、お昼に、夫はこのラムネとおぼしきお菓子を1つ
口にポーンと放り込んだのでした。

ガリッとかじった瞬間に流しに吐きだして、大騒ぎ。
喉も、口の中もビリビリする、とお水をがぶ飲みしていました。

これ・・・入浴剤だったのです。
唾液がついて、シュワシュワと発砲しだしたのでしょう。
相当な刺激だったと思われます。
笑ったら悪いけれど、大爆笑してしまった。
でも、この包装、やっぱりお菓子と間違えますよね。
包装の裏には、白い文字で小さく、内用成分と
入浴剤、と書かれていました。老眼には辛い!

DSC_0646b.jpg
かくして、夫はキケンとマジックで書いておりました。

体に害は無いと思うよ。すぐに吐き出したし、
クエン酸とか炭酸水素ナトリウムとかだし、
と、私も説明したのですが、
一応自分でも調べたようです。
赤ちゃんが食べた場合、と犬が食べた時しか見つからなかったそうです。

食べる大人は想定外。

でも、今後の高齢化社会、
せめてもう少しパッケージを工夫してもらいたい、と思うことしきりでした。

今夜、このハート型、かつ甘い香りの入浴剤、
私が正しく使ってみる予定です。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:53  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.23 (Thu)

週の前半

木曜日。週の後半に突入です。

夫が受注を辞退しよう、と言っていた、難しい案件は、
先日、当事者全員集合の会議で意思統一ができ、
我が社で受注させていただき、工事をすることになりました。
技術的にとても難しいところがあったようで、
スーパーゼネコンの技術者集団なら、どんな解決策をみつけるのかな、
などと夫は言っていたのですが、設計の先生も含めて知恵を出し合いました。
設計変更もあったのだと思いますが、
決めては実際の仕事をする会社の方の言った言葉でした。
彼は、三次元のキャドを駆使して、検討しながら
「ウチでできません、と言ったものを、
もし他社でやれるのだとしたら、本当に悔しい。
難しいけれど、やってみます。やります。」
と言い切ったのです。技術者の意地。
これで、大丈夫だ、と夫も思えたようでした。
チームワークで完成まで頑張りましょう。

昨日は東京駅のそばで打ち合わせがあり、出かけました。
改めて、美しい建物です。
これを壊して建て替えるという計画があったのですよね。
信じられません。壊されなくて、本当に良かった。
残されるべき建物だとしみじみ思いました。
時間があればステーションホテルでお茶でもしたかったのですが、
写真を撮って、大急ぎで帰りました。
DSC_0644aa.jpg

それから定時まで仕事をして、弟の病院へ。
弟、車いすの練習を午前と午後の2回しているそうです。
夕食の配膳が始まったので洗濯物を持って帰って来ましたが、
てんてこ舞いの姉に、4月になったらゴルフに行きたい、と言う弟。
呑気だなァ、と思いました。
でも、本当にそこまで回復できるのでしょうか?
私の右足小指の骨折より早く治っちゃったりして・・・マズイ!


今週ももう一息。

頑張りましょう。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

14:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.20 (Mon)

今週も頑張ろう!

新しい1週間が始まりました。
同じ7日間、1週間でも、先週はとてもイロイロな事があり
なんだかもっと時間が経ってしまったような気がします。

弟は、順調に回復していて、多分今日から
車いすを使うことが出来るようになるのだと思います。
骨を切る手術をしたのですが、昨日はお見舞いに来て下さったお友達に
ハモの気持ちが良くわかった・・・
などと言っていました。こういう事が言えるようになった、ということは、
もう大丈夫なのでしょう。ヤレヤレでした。

夫の体調も安定してきて、病院まで車を出してもらえるので
私はずいぶん助かりました。
それでも、自分の不注意で右足を怪我したことを考えると、
慌てふためいて、心ここにあらず、みたいな状態だったのかもしれません。

息子たちにも協力を求め、無理してやろう、としないで、
必要最低限にとどめよう、と思っています。
とにかく、3月を乗り越える・・・完走をめざします。
次男は病院にも行ってくれて、私は休めます。
当たり前と言えばそうなのだけれど、助かります。
今週は、もう少し落ち着いて仕事も生活もできそうです。

ちょっと楽しい事
弟の病院の隣に公園や区の施設などがあり、
そこの梅が満開です。前を通るたびになんだか嬉しいです。
寒くても、青い空にくっきと映える紅梅。
まあるい形も可愛らしく、春だな、とうきうきします。
P1010782_editeda.jpg

そして病院の食堂のコーヒー、とても美味しいのです。
ちゃんとドリップしているのでしょう。
少し時間はかかるのですが、香りも味も◎です。

次男の卒業式の案内が届きました。
夫と一緒に出席して、その頃には弟も退院していて、
みんなでお祝いできたら・・・良いなぁ!!!




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

11:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.15 (Wed)

心身共に忙しい日々

13日の月曜に、弟が入院しました。
そして、翌14日、つまり昨日手術でした。
朝9時からの手術だから、8時半頃までに病院に来て下さい、
というわけで、夫に車で送ってもらいました。

既に手術着に着替えていた弟は、
点滴台を押しながら、じゃあね。
なんて言って、歩いて手術室に向かいました。
約4時間。遅くとも午後2時頃には先生からのお話があると思います。
という予定を聞かされていたのですが、
なんと手術は7時間もかかりました。
執刀の先生は次の手術が詰まっているので、そのまま手術。
説明はそのあとにしますから、待っていて下さい、
ということでした。
弟が部屋に戻って来て、先生のお話をうかがったのは
午後5時を廻っていました。
先生にはたいへんな手術日になってしまって・・・申し訳ないというか
恐縮しておりました。有難うございました。
本人にかわって、心からお礼を申しあげました。

姉、有難う。もう帰って大丈夫。
と言う弟は少し痛そうでした。痛くて眠れないかな、
と思いながら帰って来ました。

前回の手術の時は、私たちと母親と、行き来が無かったので
弟は一人で入院し手術を受けたのでした。
どんな気持ちだったのだろう?
さぞ、心細かったのでは、と思われました。
今回は、息子たちもお見舞いに行く、と言っています。
病院は、ちょっと不便な所なのですが、
夫に車を出してもらい、たくさん顔を出そうと思っています。


手術の終わるのを待つ間は、やることも無く、「沈黙」を読了。
その時点で既に4時間以上が経っていたのでした。

お父さんより、私たち二人は長生きしているけれど、
二人で元気に還暦を迎えて、お祝いする、という望みはかなえられるのか?
どんな事も、受け入れて、前向きで居よう、
と姉ちゃんとしては思うのだけれど・・・
窓の外を眺めながら、そんなことも思いました。


私の健康も守られますように。
仕事の責任も果たせますように。

今日は、夕方から病院に行きます。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:37  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.13 (Mon)

次男の誕生日

お休みの11日は次男25歳の誕生日でした。

1月の末が予定日だったのになかなか生まれず、
遂に先生から、もう入院して出産します、と言われ、
9日、10日と二日促進剤を使い、それでも日付けが変わってしまったのでした。
夜中に4000グラム越えで産まれて来た次男でした。
疲労困憊。そしてなんだか弟に似てる、と感じたのを思い出します。

朝になり、長男がやって来て、ニコニコ顔で、
次男のフワフワの髪の毛をそっと撫でていました。
僕の事、お兄ちゃんって呼んで!!
と言っていました。
お兄ちゃん、と呼ぶと嬉しそうだったなぁ。

あっという間に25年。
今年は社会に巣立っていくのです。
たくさんの苦労もあるでしょうけれど、大丈夫。
これからの出会いと学びを大切にして、歩いて行って欲しい、
と願っています。人生はこれから。頑張りなさい。

というわけで、11日は弟の手術前の激励会も兼ねて
家で食事をしました。
DSC_0635a.jpg

バースデーケーキにハッピーバースデーの歌
(毎年、私が歌うのを嫌がって辞めてくれ!と言っていましたが、
今年は耐えて聞いておりました。)
そしてろうそくフ~ッもしてくれて、
有難う。と言っていました。

本当に大人になったものです。

あと何回くらい、息子たちの誕生祝いができるのかしら?





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

10:58  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.10 (Fri)

契約と右足の小指

昨晩は、みぞれ模様の寒い東京でした。
そんな中、社員と共にお客様のお宅に出向き、
契約をさせていただきました。

偶然、お施主様は大学の大先輩。
設計者も夫も私も同窓で、ミニ同窓会みたいなお話も
少しすることができました。
薬学部が新設される時に在学していらした、ということで
当時のいきさつなどうかがいました。

和やかに契約書を取り交わすことができました。
いつもと同じように、誠実に仕事を遂行しましょう。

監督は設計事務所の先生から、信頼している、
と言っていただいて、ちょっとだけ嬉しそうな顔をしておりました。

これで・・・良かったな!で終われば最高だったのですが、
私の右足が、お話している途中から、だんだん痛くなり
帰り、靴を履くのがたいへんでした。

実は会社を出る時、大急ぎでトイレに行ったのですが、
その時、自分で自分の右足小指にドアを激突させたのです。
キーンと脳天にまで響くような刺激。
でもその時は、しびれたみたいで痛くはなかったのです。

帰宅して、パップ剤でのり巻きみたいに小指を包んで寝たのですが、
朝になって見てみると、紫色に変色して腫れていました。

思った通りの由々しき事態。
しばらく運動も先の細い靴もダメになりました。
当然ですが、明日のジムもゴルフレッスンもお休み。

自分でしたことですから仕方ないのですが、
心からあ~あ。やってしまった。
慌てると、良い事はひとつもありませんね。
反省。
早く良くなりますように。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:20  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.08 (Wed)

仕事に向かう姿勢

有難い事に、何件かの受注が決まって、
契約の準備が進んでいる。

会社を手伝い始めた頃に比べて、夫はずいぶん慎重になったなぁ、
と感じることが多くなった。

チャレンジングな仕事、難しい納まり、
こだわりのある設計事務所の先生の仕事

成せば成る、という精神で夫は社員の先頭に立ち
叱咤激励、皆を鼓舞して、知恵を絞り、必要なら
各方面からも知恵を借りて、竣工に向けて仕事をし、
形にして来たのだと思うのだけれど、

今は、成せば成るということよりも、
成らぬものは成らぬ、ということの方をより感じているのではないか
と感じることもある。

慎重に、とことん検討して確証を得ようと努力して、
自信を持って始めても、思いがけない事が起こるものだ、
という夫の言葉は、長年の仕事からそう思うに至ったのだろう、と思う。
年をとった、という事なのかもしれない。

問題点は社員や協力業者さんとも共有して、
話し合い、検討を繰り返す。

40代の社員は、頼もしくなった
と私は感じています。

全力で、臨みましょう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:50  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.07 (Tue)

スーツ姿の三男に思うこと

ここのところ、スーツで出かける事が続いている三男です。
なんで今日はその格好なの? とたずねると、
○○という会社に行くから。とか
○○という会社のセミナーに出る。とかという返事。
その先に、就職ということがあるのだろう、とは思うのだけれど、
今、息子がしていることが就活のどこに繋がっているのか、
正直言って、私は良くわからない。

支離滅裂なラインアップのような気もするのだが、
もしかしたら息子の中では、何か通じているものがあるのかもしれない。
どんな道が開けるかわからないけれど、
黙って見守るという姿勢に徹していよう、と思っている。
それ以外に、私にできることは、もう無いように思うのだ。

長男の時も、次男の時も、最後の最後、
2社か3社の中から決める時には、相談してくれた。
的確なアドバイスができたかどうかはわからないけれど、
夫も私も、夫婦のささやかな人生、仕事の経験の中から
精一杯の話はしたつもりだし、それを受け取ってくれたのだ、とも思っている。
三男にも、きっとそんな時が来る、と信じて待っていよう。

でも、既に就活というのは始まっているのだろうか?
解禁日からあっという間に内定を出す企業の人事というのは、
どんな仕組みになっているのでしょうね。
長男の時から不思議に感じていました。


仕事を辞めて、長男の赴任に同行してくれたお嫁さん。
彼女の職業人生はどうなるのかな、と心配に思ったこともあった。
でも、現地で仕事をしているという彼女。
こういう経験も絶対に無駄にはしないというガッツがありそうに思えるし、
事実、頑張り屋なのだと思う。
何が人生にプラスになるかわからないし、無駄な事は一つも無い、
焦らずに、じっくり自分自身の人生も実現して欲しいな、と
私としては願っています。
息子たちの仕事と同じように、見守りながら
精一杯、応援するよ!! といつも思っています。

みんなの人生は始まったばかり。
しっかり歩けますように。
導きと恵みがありますように。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:35  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.06 (Mon)

みんなイロイロあるけれど・・・

週末土曜日、高校の先輩方との吞み会でした。
11年活動した世話人会が活動を終息する、その打ち上げというのが名目です。

5人の集まりなのですが、たった5人でも日程調整がたいへんでした。
家族の介護を抱えていたり、家族に病人が居たり、
自身の体調が悪かったり、仕事もしているし、
で、あれもこれもと用事があるものです。
そんなこんなをどうにかやりくりして集まったのですから、
話が弾まないはずがありません。
夕方5時のお店のオープンと同時に入店し、
10時ちょっと前まで話が弾み、そして、呑み過ぎました。

永井愛さんの二兎社の演劇の話から
父親で画家の永井潔氏と池袋モンパルナスの話、
また森鴎外の話でも盛り上りました。
鴎外は当時の煮え切らないインテリ、ダメ男の典型だ。
エリスが追いかけて来たのに、超マザコンだ。
二度目の奥さんは美術品のような美しい人だって。
文京区が鴎外を持ちあげているのはなぜだ?
などなど、言いたい放題でしたが、私たちの意見はだいたい一致。
(ここで一致しても、何の意味もないことだけれど、何故か皆ごきげん)

次は、事務局長のお誕生日祝いということで会いましょう、
と約束して別れました。

帰り道、一人になって、みんなそれぞれにたいへんなのだ、としみじみ。
高校時代のような話しで盛り上がれる一時は、
少しだけ、重荷を降ろして休める時間なのかもしれません。
そんなことを思いました。

本日、私は朝から弟の病院に同行し、
手術の説明を一緒に聞いてきました。
同意書にもたくさんサイン。
2月、3月は忙しくなりそうだ、と真面目な姉は思うのですが、
松山がプレーオフで優勝した!!なんてニコニコ顔の弟。
自分の状況をわかっているの?
・・・わかっているのでしょうね、多分。
看護師さんを笑わせたりして、相変わらずひょうきんな弟でした。











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:22  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.03 (Fri)

学生川柳など

三男の大学から送られてくる広報誌というか、雑誌に、
私が楽しみにしている記事があります。
「学生川柳」ほぼ毎回読んでいます。

まだ半期 残して留年確定か
朝起きて なんとびっくり九時だった

毎号、こんなのが並んでいて、思わずクスッ。
自分の学生時代が甦ったりします。


今日は、同僚のAさんにも学生川柳をご披露したのですが、
彼女からは、お返しに、と18歳と81歳の違い
というのをいただきました。

道路を暴走するのが18歳。逆走するのが81歳

心がもろいのが18歳。骨がもろいのが81歳。

恋におぼれるのが18歳。風呂で溺れるのが81歳

自分探しの旅をしているのが18歳。出掛けたままわからなくなって
皆が探しているのが81歳

などなど、思わず笑いがこみ上げました。
(笑ったら負け、なのだそうですが、十二分に良くわかりました。)


自分の今、現状を笑える、というのは、心に余裕があるのだと思います。

還暦を迎えて、あちこちガタが来始めている夫婦。
子どもたちは巣立ち、また二人に戻ろうとしている私たち。
お互いに、薬の服用を忘れていないか、と確認しあう毎日。
でも、それが今の私たち二人。

俯瞰して、クスッと笑えるくらいの自分たちでありたいです。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.01 (Wed)

夕食の準備

以前は、社内会議があったり、見積の提出間際だったりと、
残業になることがわかっている日は、
朝、早起きをして、夕食の下ごしらえまでしていたものでした。

あとちょっと煮込んで味を整えればOKとか、
夏場などはマリネや冷たいスープなど
それなりに準備して、計画的に日々過ごしていたものです。
いろいろ、家事の手抜きはしても、食事だけはどうにか手づくりしたい、
と思ってそれなりに、頑張ってもいたと思います。

2月になり、あっという間に3月の決算を迎えます。
私にとっては忙しい時期なのですが、食事の準備に
以前ほど気を使わなくても良い状況になりました。
息子たちの帰りも遅く、用意が無くても、
自力でなんとでもできるようになったのです。
・・・それでも、なるべく手づくりの物を食べさせたい、
と思うのが母心なのであります・・・

丸ごと1個のキャベツの芯をくりぬき、
そこにたっぷりのひき肉種を詰めて、スープで煮る
丸ごとキャベツの肉詰め。
食卓にドーンと出すと、わぁ~! なんて
息子たちから声が上がるはずだったのですが・・・

今朝、久しぶりにこの料理の下ごしらえをしたら、
さきほど、遅くなる、食事は不要になるかもしれません。
という連絡が次男からも三男からも入りました。

もう、大人なのですから、わぁ!
なんて喜ぶはずもなかったのですが、なんだかがっかり。
そして苦笑い。
夫と二人、少しだけ切り分けていただく事になりそうです。

真冬の山荘でかまくらを作り、その中で食べたサンドイッチやお餅、
夏のバーベキュー、家でもゴジラの卵(スコツチエッグ)や
お雛様や鬼の形にしたチラシ寿司とか、流しそうめんとか、
子どもたちとの食卓がちょっと思い出されました。

今夜は思い出話でもしながら、夫と二人で仲良くいただきましょう。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:05  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |