2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'11.30 (Thu)

息子はまた、ミャンマーへ

突然やって来た長男は、我が家に2泊して、
今日、またミャンマーへと戻って行きました。

一昨日は、夜お嫁さんにも会えて、食事をしたそうです。
昨日の朝、私はゴルフコンペだったので早朝に家を出たのですが、
食べないかな、と思いつつも、簡単な朝食を用意しておきました。
息子はしっかり全部食べて出かけたようでした。
ご飯に生卵。わかめのお味噌汁。
我が家の糠漬けと魚の味噌漬け。
それにりんごと柿。
我が家から通勤している時は、朝は食べたくない、
などと言うことも多く、牛乳とバナナだけでも、と
無理やりに食べさせたりしていたのですが、
なんとなく、我が家の朝ご飯がなつかしかったのかな、
と思いました。
ゴルフの日の朝に朝食を用意したのですから、
母の愛情、頑張りです。わかるかなぁ・・・??

そして夕べは会社の方たちと飲み会でもあったのでしょう、
息子の帰宅にはまったく気付かずに爆睡していた私です。

今朝、洗面所で顔を合せました。
スーツを着て、サラリーマン姿になり、またガラガラと
スーツケースを引っ張って帰って行きました。

夫に、産まれる時にはまた来るけど、それによって
年始の予定が変わるし、すべて出産に連動して不確定です。
なんて業務報告みたいに言っておりました。


私は、短時間の出張でも、日本に帰国させて下さったのは
会社の方の配慮なのではないか、と密かに思っています。
本当のところはわかりませんが、
とにかく元気そうな顔を見ることができ、嬉しかったです。

今度から、もう少し早めに連絡してね。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:16  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.28 (Tue)

突然すぎる!!

今朝、長男が突然帰国しました。
朝、6時20分頃のメール

連絡遅くなりました。今、成田です。
今夜、家に泊ります。

ええっ!!
息子の突然には慣れた、とは言え、やはり驚きます。
何のために、何日くらいの予定で帰国したのか、
そもそもこの予定はいつ決まったのか、全くわかりません。
泊る、と言ったって、食事はどうするのか、1泊なのかもっとなのか、
それも不明。

まったく!!!
と腹を立てそうになったのですが、
怒るだけバカバカしい、と長年の経験から悟り、
気を静めて、
そうですか。わかりました。
とだけ返信しました。

月末で、明日は夫の関係のコンペに出るので
いつにも増して忙しいのです。
全員出払った会社で仕事をしていたら、
10時半頃、ガラガラと音をさせて長男が帰って来たようでした。

一区切りつけて自宅に帰ってみると、
以前にも増して黒く日焼けした息子が
パンツ1枚になり、日本は寒い、と言いながら、お風呂の用意をしていました。

本社で会議なのだそうで、お風呂に入り、スーツに着替えて
すぐに会社に行くのだそうです。
夕食は不要。今夜は少し遅くなるかも。
明日の朝、父と母は早くに出かけるよ。と伝えると
もしかしたら、明日は出社してそのまま成田前泊かも。
なんて言っていました。

風邪ひかないようにね。
ウン。
なんて返事をして、東京に居る時のように出かけて行きました。


・・・リビングに置いてある大きなスーツケースが無ければ
まるで白日夢のようでした。
あわただしいこと。


息子はどんな父親になるのだろう。
心配。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:19  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.27 (Mon)

喪中欠礼とゴルフ

喪中欠礼のハガキがぼちぼちと届きます。
親御さんが亡くなられた、という知らせの多い中に、
同年代の知人が亡くなられた、という知らせが混じって届きました。

お元気で、頑張っていらっしゃるはず、と思いこみ、
会おうと思えばいつでも会えるはずだったのに・・・
その想いは、勝手な私の思いこみで、遠くに旅立ってしまわれた。
淋しく、残念な気持ちがこみ上げます。
最後にお会いしたのは、いつだったか・・・
その当時のままの、元気でキビキビとした姿しか思い浮かびません。

・・・静かに祈りをささげ、私なりにお別れをしました。

そろそろ、こんな通知が届く年齢になったのかもしれません。

昨日は、札幌から私の同期の山岳部の友人がやって来て、
夫の同期2人と私の同期2人でゴルフをしました。
4人のゴルフは愉快です。
学生時代は遠くなったけれど、一緒に遊べる幸せを
昨日は特に感じました。
こういう時間が許される恵みを感謝して、大切にしたい、と思いました。
・・・亡くなった方はゴルフがとてもお上手だったのです。
いつかご一緒しましょう、と言いながら、それもかないませんでした。

人生は短いし、今を楽しもう。
The future starts today, not tomorrow.
未来は今日始まる。明日始まるのではない。
ヨハネ・パウロ2世の言葉だそうです。

昨日のゴルフはスコアもさることながら、
4人でラウンドできる幸せを実感しました。

スコアもここ何回かのどん底から脱出して、ホームコースでは一番良いスコアでした。
M先生、有難うございます。
パターが良くありませんでした。
ゴルフも真面目に楽しみたいです。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.24 (Fri)

昨日の晩ご飯・・・ミャンマー料理

昨日は午前中生憎の雨でした。
雨の休日は、静かで仕事もはかどりました。

夕方、雨がやんだので、食事に出かけました。
ミャンマー料理を食べに行ったのです。
長男と私が通った高校のそば、巣鴨駅からの通学路に
6年前から営業しているのだそうです。

まず、ミャンマービールに
お茶の葉サラダやトマトのサラダを注文しました。
DSC_1165ee.jpg


どちらもミャンマーで食べた味。
ナッツや胡麻などを混ぜて、ちょっとピリッと辛くて、
酸味もあってさっぱりといただけます。
ミャンマーでは、どこで食事をしても、
最初に頼まなくても出て来たお料理だったように思います。

ご主人とミャンマーの話をしました。
バガンとマンダレーの間にある、小さい町、村?が出身地だそうです。
ヤンゴンに息子が居ること、今年の夏はミャンマーに行った事、
など、地図を見ながら話しが弾みました。
ポッパ山に行った事があるそうで、猿がすごかった話しで
笑いました。

モヒンガーもダンパウもとても美味しかったです。

モヒンガー
DSC_1168cc.jpg

DSC_1169bb.jpg
ダンパウ。こちらのお店のお勧めということで、とても美味しかったです。チキンもご飯も最高!!

ミャンマーで息子が連れて行ってくれたお店より、
ずっと質素な小さいお店でしたけれど、
店主と多分、その娘さんだと思いますが、丁寧なやさしさが溢れる
好ましいお店でした。お料理も美味しかったし、とても良心的な価格だったと思います。

夕方6時半すぎから、私たちが店を出る8時過ぎまで、
お客さんは私達の他は、誰も居なくて、ちょっと心配になりました。

頑張って欲しいな、と思います。
今度は息子たちも一緒に、又行きたいです。

 ミャンマー語で、永遠という意味なので、お店の名前にしたそうです。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:45  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.21 (Tue)

昨晩のテレビ

昨晩は夕食後ぼんやり見始めたテレビを、ひきこまれて最後まで見ました。
南米(多分ブラジル)に暮らす日系の男性が、
日本のテレビ局のご招待?で日本にやってくる、という番組でした。

ご両親と船で1カ月以上かけて新天地にやって来たはずが、
たいへんなご苦労をされて、遂に一度も帰国をされていない方でした。
日本に出稼ぎに出た、娘さんと息子さんにも19年、会っていない、
と話されていました。

素朴で、誠実そうな人柄が画面からも伝わりました。
たくさんのご苦労が心を磨きあげたのかもしれません。
日本に来て、娘さん、息子さんとも再会を果たし、
ご家族で旅行をされていました。

宿で、みんなで枕を並べて眠る事、
食卓を囲み、日本の海の幸に大喜びして
(アマゾンでは川魚しか食べられないそうです)
娘さんの手料理とお孫さん、娘婿さんに囲まれて
しみじみと「うまいなぁ」と食事をされていました。

家族が毎日、顔を合わせられる事、
食事を一緒にいただける事、
そばに居て、心配したり、具体的に手助けしたり、
手を掛け、心も掛けられる事、
これがどんなに幸せな事か、改めて感じることができました。

この男性は出身地の福島県にも行き、亡くなられたお母さまの写真を
1枚発見することができました。
郷里の皆さんも、とても温かい方たちで、感激しました。

1週間の滞在で、お孫さんたちとお別れの涙を流していました。
生きていれば、又会える。
お互いに、抱き合ってのお別れでした。


当たり前の日常が、どんなにか当たり前ではない恵みに溢れているか、
改めて思いました。

番組を見終わって、ふと横田めぐみさんの事が思われました。
ただ会いたいだけ、というお母さまの言葉。
再会を果たす。
実現しますように。祈ります。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:54  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.20 (Mon)

昨日のゴルフと思うこと

とても寒い東京です。
一気に真冬になってしまったようです。

昨日は弟の関係のゴルフコンペでした。
脚の手術をしたのが今年の始め、
仕事に復帰したのも今月からで、まだ時短で週休3日です。
完全に元通りになれるのかどうかはわかりませんが、
もっと時間がかかる、ということだけは確かのようです。
でも、とにかく、ここまで回復した、ということに
私は一安心で、やれやれ、と肩の荷が少し軽くなった気がしました。

顔見知りの皆さんとのゴルフで、楽しそうにご機嫌だった弟。
帰りのバスの中では、テレビでお相撲を見ながら、皆さんと宴会でした。

お姉ちゃんの心配も知らないで、気楽なものだ、
とチラと思ったりもしましたが、
夫と共に3人で参加できて、楽しい時間を過ごせたのだから
素直に喜んで、こんな時間を感謝しよう、と思いなおしました。
東京に戻ってからのパーティーでは、久しぶりに飲み過ぎました。
我が家の階段、千鳥足でした。
(それでも、今朝の朝食とお弁当の下準備はしたようです。ほとんど無意識)

成績は、私がブービーメーカーで夫がブービー。
ハンディが尋常では無くて、62とか、71とか付いている人が
優勝でした。私のハンディが26で夫が33というのも
なんだかおかしいのですが、お遊びということで・・・
でも、弟より順番が悪く、夫がブービー賞をいただいたのが、
チト悔しいです。


弟は、長男に赤ちゃんが産まれたら、一緒に会いに行きたいそうです。
お正月はおせちを頼もうか、とも言ってくれましたが
これは収入が安定してからにして、と断りました。

ささやかな家族の幸せや楽しい事を素直に感謝して
日々過ごして行きたいです。
お鍋でもする時に、また声をかけましょう。

やさしいお姉ちゃんに、感謝すべし!!
あと、私の夫にも。

わかっているよね。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:45  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.17 (Fri)

本日のランチ

今日のお昼は、いつもの私のお弁当ではなくて、
池袋西口の中華屋さんでした。
用事で出かけたついでに、なんとなく入ったのです。

まるで別世界のようでした。

お店の人も、お客さんも、中国の方がほとんどだったようで、
日本語が聞こえませんで。
ウーロン茶もコーヒーもセルフサービスで、ご飯のおかわりも自由。
杏仁豆腐やサラダ、ザーサイなどのお漬物も自由。
みんな、入れ替わり、立ち替わり取りに行っていました。

お隣のテーブルの人は本日のランチだったようで、
すぐに出て来たのですが、なかなかすごしボリュームでした。
私と夫は餃子と五目中華麺。
予想していたよりずっと美味しかったです。
そして、とても安かったのでなおビックリでした。

円卓に相席。大声でオーダーを伝えて、
お客さんも大声で話して、店員さんを呼ぶときも、大声。
ワサワサとどんどんおかわりを取りに行きます。
ここは、日本か?  みたいな感じでした。

中華街とも近所のラーメン屋さんや、中華屋さんとも違う、
面白いお店でした。

たまには良いかな。
ごちそうさまでした。
(ちなみに次男はいつものようにおにぎり2個。三男は、お弁当を忘れて行きました)





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:13  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.16 (Thu)

都庁、建設業課

今日は都庁に行ってきました。
会社の資本金を増資したので、変更届けを提出してきたのです。

3月決算だから、6月までに決算の変更届けというのを提出し、
更に経審をして、資本金の変更もあったので、
都庁に行く事が多い年だったと思います。
来年は、建設業の許可更新の年。
都庁に行く事も増えそうです。

こういう手続きは、みんな社内でこなしています。
増資に係る手続きすべては、同僚のAさんが担当です。
法務局に事前相談に行き、やりとりしながら登記を完了してくれました。
私は、建設業に関係する手続きが担当で、
手引書を頼りに、ずっとやってきました。

法律の改正に伴って、ややこしくはなってきましたが、
やってできない事はありません。
でも、年齢と共に、一気にやりきってしまうだけの
気力、体力が衰えて来たのを感じさせられています。
数字の読み間違い、転記ミスなどしないように、
しっかり老眼鏡をかけて臨みます。

今日の手続きは、すぐに受理してもらえましたが、
来年の更新は気を引き締めてかからねば、と今から覚悟しています。
計画を立てて、効率的に頑張りましょう。


でも、もう今までみたいに1回でクリアなんて思わないで
何回か通うつもりで臨みます。
ついでに、都庁でランチとか、久しぶりに京王プラザでお茶でもするとか、
何かオマケもみつけよう、と思いながら帰って来ました。

25年近くやってきた事ですが、あとどのくらい私ができるでしょうか。
一度くらいは、夫も建設業の許可証の更新手続きに行ってみても良いのでは・・・

来年、誘ってみようかな。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:23  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.15 (Wed)

伝える力と聞く力

必要があって、いくつかの会社のプレゼンを聞いた。
我が社が選ぶ側で、依頼する内容は同じ、という条件だった。

各社のピーアールでは、パンフレットや、いろいろなツールを用いて
順序だてて、説明してくれる、という感じだった。
依頼した内容ができる、というのは当たり前として、
仕事の品質とか価格、納期などがセールスポイントで、
各社力が入っていたように思う。

それよりも、違いを感じたのは、聞く力の差だったように思う。
我が社の希望、要求をどの程度理解してくれたのか。
理解してもらえた、と思える安心感。
それには差があったように思うのだ。

理解してもらえた、という安心感の源は何だろう、と思う。
とどのつまりが、聞く側の人間性とか、感性などの問題なのだろうな、
と感じてしまう。
この点に関しては、会社の規模などは関係ないように思う。

どんな人と仕事をしてきて、その人は、どんな人間なのか。
営業テクニックとか、話し方だけではどうにもならない部分なのだろう、
と実感させられた。


我が社はいつも見積をして、選んでいただく側だけれど、
今回の経験はとても役に立ったと思う。

我が社の社員や社長、私に対して、理解してもらえた、
という気持ちを持っていただけるかどうか。

良い経験だったと思う。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:03  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.13 (Mon)

あわただしかった先週

週末土曜日、ジムに行き、ゴルフレッスンを受けて
夕方からは弟の誕生日をお祝いしました。

先週は外出することが多く、お嫁さんと横浜でランチ、
翌日は渋谷西武で建築家内藤廣さんのトークセッションを聞きにでかけ
その翌日はいつものメンバーで横浜に行き、友人の作品が出品されている
展覧会を見て、中華街で食事でした。

出ずっぱりの毎日で、なんとなく家でゆっくりしたくて
弟を家に呼び、家での食事でした。
三男が、バイト先からお寿司を買って来てくれて、
(予想以上に美味しいお寿司で弟も満足。)
次男も在宅で、久しぶりに全員が集まりました。

息子たちが大人になり、全員揃う、こういう機会を大切にしたい、
と改めて思った私です。年末年始のどこかで、またみんなで集まれれば、
と願っています。

長男には、お嫁さんと食事をした報告と共に、
心配していることと、私のアドバイスというか気持ちをメールしました。

ヤンゴンに家はあっても、そこからミャンマー国内だけでなく
ベトナム、タイ、シンガポールなどなど、
あちこち出張が続き、ホテルからホテルの生活だ、などと聞くと
赤ちゃんが産まれたら、どのような生活になっていくのか、
考えると心配は尽きないのです。

以前なら、こういう類の私のメールには返信して来なかったのですが、
珍しく、返信がありました。短く一言。
了解です。ありがとうございます。

この一言がとても嬉しかった私です。
親の気持ちがわかるようになったのかもしれません。

長男と赤ちゃんも加わって、みんなでお祝いできますように。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:18  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.09 (Thu)

横浜でランチ

昨日は、夫と共にお嫁さんと3人でランチをいただきました。

来月が予定日なので、その前にゆっくり食事とか、観劇とか、
何か誘ってあげたいな、と思っていたのです。
最初、お芝居やミュージカルを誘ったのですが、
全部、夜で都内だったので、とても残念だけれど自重します。
ということで、私たちが横浜まで出向き、ランチにしたのです。

DSC_1153aa.jpg

みなとみらいは既にクリスマスの飾りつけ。
きらびやかな光景でした。
ツリーの前で、写真を撮りました。

年内には新しい家族が加わるのです。
何事も無く、無事に産まれてくれますように。
早く、会いたいな・・・と思いました。

石鍋シェフプロデュースのフレンチは、
とても美味しかったです。
DSC_1147a.jpg
前菜です。お皿の真ん中は、ウニとズワイガニがのったオニオンのムースとコンソメゼリー 

DSC_1149b.jpg
カプチーノ仕立てになっているキノコのスープ

DSC_1150c.jpg
魚料理はオマール海老の香草焼きと帆立貝で、きのこやビーツが添えられていました。
ソースが美味でパンにつけて、きれいにいただきました。

DSC_1151d.jpg
お肉は牛フィレ肉のトリュフ見立て。 トリュフに見えるのは、ひじきだそうですが、ソースにはトリュフが使ってありました。
可愛らしい添え物の中にはフォアグラが仕込まれていました。

DSC_1152e.jpg
デザート。これは私のモンブランです。夫とお嫁さんは3種類のデザート盛り合わせ。
夫のお皿にあったぜんざいが気になりました。

パンも何もかも、可愛らしくて美味しかったです。大満足。
シャンペンからワインも白・赤といただいちゃいました。


息子はとても忙しい事になっているようでした。
ヤンゴンに落ち着いて居られる事が少なくなって、
ネピドーに行き、マンダレーに行き、とホテルからホテルなのだとか。
今後も益々そんなことになっていくとすると、
息子の家庭というのはどんなことになっていくのか・・・

いたずらに心配しすぎないで、
最善が成されますように、と祈りましょう。
そしてお嫁さんを励まし、元気づけてあげよう。
そう思いました。

でも、彼女、元気で良く笑い、食欲旺盛。
明るさに救われます。
若い家庭に幸せがたくさんありますように。

楽しく、幸せな時間でした。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:42  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.07 (Tue)

3連休のあれこれ その2

びっくり、どっきりのその2です。

酔っぱらい騒動の後始末は三男に頼んで
近所のゴルフ練習場に行くことにして、
夫は出かける準備をしていたのですが・・・

たいへんな事になった。
と、深刻そうに駐車場から戻ってきました。

車が動かない。エンジンがかからない。
と言うのです。

つい1カ月くらい前に車検を終えたばかりで、
とても調子良く乗っていたのに、信じられない。
バッテリーでも無いし。とさらに深刻そうな表情。

あれこれ自分でもやっていたのでしょうが変化無し。
それで、三男なら何かわかるかもしれないから、と
息子を呼び、二人でまた駐車場に下りて行きました。
結局、三男も、わからない。動かない。道具も無いし。と戻ってきました。

私も何の役にも立ちませんが、見に行ってみました。
夫にとっては本当に大事件のようでしたから。

駐車場のいつもの位置に止まっている車は、
なんだか、どこかが壊れてしまった別の車のように見えました。
鍵はかからないし、テールライトというのかブレーキランプというのか、
車の後ろのライトが赤く点いては消えてを繰り返しているのです。
そして、カチッカチッというメトロノームのような音がずっとしていました。

三男は、レッカーを頼んで修理に出した方が良いよ。
と言っていましたが、すぐ近所にショールームがあるので、
開店時間になったら夫が行ってみることになりました。

連休で、混雑している中、昼頃に、担当の方と技術者の方が
来て下さいました。三男もすっ飛んで行って見学していたようです。
何か道具を使って、どうにかエンジンはかかったそうで、
そのままお店に持って行ったということでした。

車が戻ってきたら、ゴルフの練習、と思っていた私ですが、
時間がかかると思うよ、と夫に言われ、諦めきれずに
夫に頼んで、会社の軽トラで一緒に練習に行きました。

予定通り練習できたし、腰痛も悪化しなかったし、
私は大満足でしたが、夫はなんだか元気無し。
車が気になっていたようです。
誰かと約束しているゴルフの時じゃなくて良かったよ。と言っていましたが、
そんなに心配しなくても、軽トラもあるのだし、
イザとなっても大丈夫じゃないか、と私は密かに思っています。

待ちわびた、車屋さんからの連絡が来たのは
結局、夕食も終わった午後9時近くでした。
全部点検したけれど、異常無しで、
何が理由かはわからなかったそうです。
今は完全に動いています。ということでした。

翌日、車は戻ってきましたが、何だか不思議な感じです。

夫は、大丈夫だよ。と言いますが
原因がわからない、というのが私は気になります。
また動かなくなったら・・・

すべての因果関係がクリアにわかる訳じゃない。
不条理なこともある・・・って、でも車なのに。
なんて思った私ですが、とにかく元の我が家の車になって
戻って来て、夫はホッとして嬉しそうでした。

このドサクサで、酔っぱらいボーイズは
お説教を免れて帰宅してしまいました。
そして、何故だか車屋さんからは、新車のパンフレットが送られてきました。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:09  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.06 (Mon)

3連休のあれこれ その1

あっと驚くような事があった連休でした。

3日金曜日の朝、6時前にトイレに起きると、
電気が付いていて、ドアは開け放され、誰かが倒れていました。
エッ?! とびっくりドキドキして近づくと
そこらじゅうに引っ張り出したトイレットペパーがあり、
その中にうもれて寝ている輩。三男の様に見えました。
「起きなさい!! 何やってるの!!」 怒 
と声を掛けたらおもむろに起き上がったのですが、
息子では無く、三男の中学からの友達O君でした。
かなり酔っぱらっていて、寝ぼけてもいたようで、
顔にへばりついたトイレットペーパーを流し、
無言で私にお辞儀をして、
フラリフラリと壁にぶつかりながら、三男の部屋へと上がって行きました。

どうなってるの? まったく。と思いつつ
散らかっているトイレットペーパーや、
すっ飛んでいるスリッパ、タオルなどを片付けて一段落。
休日の早朝にガツンとやられた・・・
でも、気を取り直してカーテンを開けようと、母の部屋のドアを開けたら、
なんとそこにも3、4人の男の子が倒れ込んで寝て居ました。
もう、ビックリ。

夫が散歩から帰って来るのを待って聞いて見たら、
夫が起きた時には、1カ所のトイレは誰かが籠城していて、
もう1カ所の母の部屋のトイレには部屋のドアが開かなくて近づけなかったそうで
仕方なく、会社に行ったのだそうです。

夫に様子を見てもらったのですが、泥酔しているようで、
急性アルコール中毒が心配だ、と言っていました。

そうこうするうちに三男が起きて来たので問いただしたら、
O君とその友達が池袋で呑んでいて、終電を逃し、
さらにグデングデンで助けてくれ、と連絡があり、
三男が夜中に迎えに行ったのだそうです。
外で寝てて、凍死とかしたら困るし・・・と思ったのだとか。

それにしても、本当に驚きました。
こんなお酒の呑み方したらダメだって良く言いなさい。
それに、我が家は酔っぱらいの保護施設じゃないの!!
と三男に言ったのですが、三男は神妙に聞いていました。

昔、長男が大学生だった頃、学園祭シーズンは本当に恐ろしいものでした。
終電を逃しても、どうにか我が家まで、大学から歩いて来れてしまうのです。
高揚し、酔っぱらっている一味には、どうってことの無い距離なのでしよう。

階段を踏み外す、駐車場で寝てしまう、階段室にうずくまって寝ている。
長男の部屋では布団に戻してしまい、それを風呂場に運び
大バカ者たちが洗ったのです。
重くて動かせないのをみんなでぼたぼた水をたらしながら
廊下、リビングと横切って、ベランダに。
でも、干すことができずに放置。床はビチョビチョ。
そのうち、社員は出勤してくるし、
私は弟たちを学校へ行かせなくてはならないし、で
大騒動だったのです。
かくして、「酩酊の○大生、敷地内入場禁止」なんていう貼り紙を
本気で用意していました。

久しぶりに、あの事態を思い出しました。
(今はみんなそれぞれの進路で頑張っていて、親になった人も居ます)

さて、その後もうひとつのエッ、どうしよう。
と言う出来事があり、そのドサクサの間に、
酩酊ボーイズは帰って行ったようでした。
(その2で書きます)









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:43  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.02 (Thu)

一緒に仕事をしていると

夫と私は、一緒に仕事をしている。
会社は創業31年で、私は25年、一緒に仕事をしているのだ。

31年間、社長をやり続けているからか、夫は、
だんだんに、頑固になってワンマンになってきたように感じてしまう。

今日も、私は確認して欲しい、と頼み、
夫は、絶対に大丈夫だから確認の必要は無い、と言い張る。
メールのやり取りで、夫の言うこともわかる気もするが
念のために確認して欲しい、というのを
頑として聞き入れない。
こんな時、別にそこまでこだわらなくても良いのに、
と思うし、ちょっと確認した方がより確実なのではないか、
とも思うのだが、ついぞYesとは言わなかった。

年をとったのだ。
体調の悪い時は、頑固に主張もできなかったのだから、
いつもの調子に戻ったということなのだ・・・とは思うけれど
ちょっとため息が出ちゃったりする。


私は夫の言う事に、黙って従う、というタイプではないから、
群馬県人らしく、かかあ天下ということなのかもしれない。

時々、もし一緒に仕事をしていなかったら、と想像してみることがある。
少なくとも、仕事からまりの意見の対立や気苦労など無くて、
お互いのイヤなところを見ることも少なくて済んだのではないだろうか。
そうしたら、もっと平和で仲良く過ごせるのではないだろうか。
・・・などと思ってみても、所詮は無い物ねだり。

お互いさまなのだから、と互いの欠点も含めて
認めて受け入れあえる、そんな姿とは程遠い自分。

こんな時、家でも一緒、というのもなかなか気分が変わらないものなのです。


でも、気持ちを切り替えて、主婦にもどりますかね。

明日は、お休みですね。
楽しいお休みになりますように。

愚痴ってしまいました。ご免なさい。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:15  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'11.01 (Wed)

お弁当と食事の用意

久しぶりにお弁当です。

次男は相変わらず、おにぎりを2個。
本日は、塩昆布と辛子明太子。それにテルモスにコーヒーです。

DSC_1142aa.jpg

あとは私と夫、三男のお弁当。
キャベツときゅうり、ツナの梅塩もみ
ごぼうの豚肉巻き、ウインナーに煮物でした。

息子たちも、夫も、ほぼ毎日、三食とも、
私がつくった食事をしているように思います。
朝食も、全員が顔をあわせて午前7時から食事。
お昼はお弁当。
夕食は、なかなか揃いませんが、遅くなっても
家で食べたい、という事が本当に多いです。

昨日は月末で税理士さんが来て、諸々忙しく、
せっかくキッチンの水切り棚が新しくなったのに、
食事の準備をする気力が湧かなかったのですが、
夫は手伝うから、次男は家でお願いします、
ということでなんとか食卓を整えました。

考えてみれば、三男は来年の3月一杯で家を出るのです。
彼に私の手料理を食べさせて、一緒に食卓を囲める時間も
そんなに長くはないのですね。
そう思うと、お弁当も、食事つくりも、もう少し頑張ろう、
という気持ちも湧いてきます。
・・・でもねぇ、息子達、こんな私の気持ちにお構いなしで、
誘われたから食べて帰る、なんていうラインが
遅くに来たりすることも無いわけではないのです。

いつか、こういうあれこれも、懐かしく思う時が来るのでしょうか。
お嫁さんだったら、もう少し気を使うのかしら?
などと妄想しつつ、今夜も食事をつくりましょう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:34  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |