2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018'04.30 (Mon)

2018年3月・・・どんな1カ月だったかというと

3月のスケジュールを見直してみると、予定がびっしりでした。

夫の誕生日には二人で食事しました。
今後の生活や私の病気に付いて、ちゃんと話したかったのです。
転機になることには間違いないけれど、きっと良い結果になる。
二人でそんなことを話し、しばらく外食できないから、
と夫はお勧めのワインも開けてくれました。
余れば持ち帰れるし、と太っ腹。私も調子に乗りました。

会社は3月が決算です。年度末の作業に加えて、
今年は会社のパソコンを更新することにしていたので、そちらも予定通り進めました。
さらに入院中の仕事の段取りもあります。
日中は余計な事を考える間もなくガンガン仕事をしていました。

また今年の3月は親しい方たちのお見送りも多かったのでした。
山岳部の先輩。Sさんのお母さま。そして私の大学の仲良し。
大学時代の仲良しは、同じ頃に乳癌の手術を受けていたので、
残念で悲しくてたまりませんでした。
私は生かされて、彼女は旅立ってしまった。でも私はまた癌だよ。
死する事と生かされる事、否が応にも考えさせられました。
・・・私の終わりのその時まで、私なりに頑張るよ。
そんなふうに語りかけ、お別れしてきました。

また3月は喜びを感じることもたくさん用意されていた月でした。
孫のお宮参り、三男の学位授与式。
夫と私の命はつながっている、そんなふうに感じて幸せでした。
諸々のお祝いや激励の気持ちを込めて、勤務先の寮に入る直前に
家族全員が集まって食事会もすることができました。
そして、長男がミャンマーから帰任することが決まり、4月に帰国することになりました。
手術と帰国。4月も忙しそうでした。

たくさんの友人が、心から励まして下さいました。
ひとつひとつを思うと、有難さが身にしみます。
ほんのり泣きそうになりながら、元気に成ろう!!と決意も新たにできました。

ゴルフも最後にホームコースでラウンドすることができました。
桜が舞ってて、本当に綺麗なコースでのラウンドでした。

たくさんの人に応援していただいて、温かい気持ちで、過ごせました。
落ち着いて仕事や日常生活をこなすことができ、
入院手術の準備もすることができました。
今思うと、有難く幸せなことでした。
・・・その時は、あまりの忙しさ、慌ただしさにどうなることか、
と思ったりもしましたが、忙しさ、というのも救いなのだと感じます。
目の前の事に集中して、余計なことは考えずにすみましたから。
そして、三人の息子たちに対しても、私が思うより、
ずっとしっかりしているのを実感することもできました。
ちゃんと育ったではないか。
そんなふうに安堵することもできました。

怒涛の3月は、忙しく、辛いこともあったけれど、
幸せも感じることが出来た3月でした。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:58  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.29 (Sun)

2018年3月・・・特に病気のこと

今年の3月は怒涛の1カ月でした。
病気のことも、仕事のことも、プライベートでも
いろいろなことが一気に重なっていました。
全部、記録しておきたいのですが、今日は病気のことを中心に。

転院先の病院に、紹介状や検査の結果などを持って
始めて受診したのは3月2日の金曜日でした。
はっきりと子宮内膜癌であると告げられて、今後の治療方針などについて
説明がありました。4月6日火曜日にCTや血液検査、
手術前の検査を予約して、MRIは4月14日水曜日の予約でした。
仕方ない、と受け入れて、粛々と検査を受けるのみ。
そう思い6日の検査も終わって2、3日たったころ
婦人科の担当の先生から携帯に電話がありました。

血液検査の結果、B型肝炎ウイルスがプラスに出ています。
そう言われたことはありませんか?
まったく思い当らないので、ビックリ仰天でした。
とにかく放置できないことなので、肝臓内科の診察も受けて下さい。
MRIの日14日の午後に予約を入れますよ。
・・・と言われたのでした。

訳もわからないまま14日にMRIの検査を受け、肝臓内科も受診しました。

血液検査の結果を示されて、プラスに出ています。
MRIの画像から見ても、少し肝臓に変形が見られます。
B型肝炎による慢性肝炎の疑いが強いです。
放置すると肝硬変や肝臓癌になるリスクがあります。
帰りに、もう一度採決して下さい。
B型肝炎ウイルスの遺伝子型を調べるので、今度は少し時間がかかります。

肝臓内科の先生から、そう言われ、帰り道は、
とてもしょんぼりしてしまいました。
癌だけじゃなく、B型肝炎にもなってしまったのだろうか。
会社に戻り、同僚のAさんに話したら、彼女は泣いてくれました。
ひとつひとつクリアしながら、焦らないで元気に成ろうね。
そう言ってもくれました。

私に与えられた試練。この意味をみつけることは困難に思えます。
2つの癌にB型肝炎。私に乗り越えることができるのでしょうか。
こんな気持ちになったりもしましたが、結果的には、
それぞれの専門の先生にお委ねして、自分は患者として
回復できるように努力するしかないのだな、と気持ちも定まりました。

結果的に、B型肝炎には感染していない。
肝臓の変形の理由は不明。もしかしたら自己免疫系の病気かもしれないと、
そちらの検査もしましたがはっきりわかりませんでした。
肝臓に関しては、今後受診の必要もありません、
と最終的に告げられたのは、手術のために入院した4月13日でした。

ひとつ、病気の疑いが晴れたのですから、
心からホッとしました。
それにしても、3月は病院が大忙しの1カ月でした。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


09:38  |  病気  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.28 (Sat)

手術の翌日から

翌日の朝、ベッドを起こして看護師さんから
口をゆすぐように促されてブクブクうがいをしました。
口の中がさっぱりして、それだけでも嬉しいな、と感じまた。
その後、水のみからお水を飲む事が出来て、午後からは少しだけ歩きました。
これが2日めです。

鼻に酸素。手には点滴。背中に麻酔のポンプ
足は弾性靴下と加圧機がとりつけられています。
さらにお腹からはリンパ液や血液を排出する管と貯めておく袋が計3つ。
導尿の管と袋。指先にバイタルチェックのクリップ。
まだあったのかもしれませんが、思いだすだけでもこれだけの物に囲まれて
それを少しだけ外して、看護師さんと歩くのです。
起き上がるだけでも大事業でした。

日が経つにつれ、少しずつ、少しずついろいろな物が
体から外されていき、食事も始まりました。
そんな時に夫に買って来てもらったハーゲンダッツは、
甘くて口当たりが良くて、あぁ美味しい! と心から思いました。
体が受け入れているような気がして、元気になれそうな気持ちでした。
美味しい、と思えることは大切ですね。

歩行する時間を伸ばしながら、痛み止めのポンプが外れ、
管が3本になり、リンパ液や出血の量を見て、さらに2本外され、
ついに最後の1本が取れた時には、回復を実感しました。

傷の回復にある程度の時間がかかるのは当然ですが、
日に日に、痛みが楽になってくるのを感じました。
シャワーが許可され、リンパ浮腫のマッサージの練習もはじまり、
退院後の生活支援プログラムなどもありました。
痛みも、鎮痛剤の内服でどうにかコントロールできるレベルです。
術後9日めに退院になりました。

自分の両手でお水を受けて洗面できること。
歩けること。食事も排泄もできること。
入浴すること。
ささいな日常の全てですが、自分でできる、ということが
どんなに有難く幸せな事かをしみじみ感じました。

朝の7時に院内のコンビニがオープンします。
ゆっくりゆっくり歩いて、エレベーターに乗り、コンビニに行きました。
Mサイズのコーヒーを購入して、朝日が差し込むベンチでいただいたり、
お部屋に戻り、テレビを見ながらいただいたりしていました。
日常を取り戻せた気持ちでした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


10:36  |  病気  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.27 (Fri)

手術のこと

4月16日月曜日。朝一番、9時からの手術でした。
前日からの下剤、当日の浣腸を終え、手術着に着替えて準備完了です。
8時半までには夫も病室に来ていました。
看護婦さんと夫と一緒に歩いて手術室へ。

地下の手術室はステンレスの自動ドアで仕切られていて、
夫はその前の家族控室へ行くのです。
そこでバイバイ、と挨拶して私は手術室へ向かいました。
家族控室・・・父の手術の時は、私があそこで待っていたんだな、
と昔のことを思い出しました。

月曜の朝一の手術場は活気みなぎる、にぎやかさ。
たくさんの患者さんが待機していました。
私も案内された椅子に腰かけ、帽子をかぶったり
リストバンドの確認をしたり、麻酔科の先生とお話したり。
大きな手術室で廊下の両側にたくさんの手術室が並んでいました。
私が手術を受けたのは3番の手術室。けっこう廊下を歩きました。
大昔の手術場の記憶がよみがえり、ちょっと懐かしい。
硬膜外麻酔をして、点滴が始まって、それからは、もう記憶がありません。

16日の記憶はこのあと、病室で目が覚めたことです。
時間の感覚がなかったのですが、後で聞いたところ
手術が終わったのは14時。酸素マスクが取れて、夫が帰る事にしたのは
夕方5時だったそうです。

麻酔から覚めた瞬間の感覚は、体が軽くなって
嬉しかったのを覚えています。
もう、悪いものは全部取ってしまったのだから、良かった!!
そういう気持ちだったのです。

痛みが来たら、追加できる麻酔のポンプのボタンと
ナースコールを握りしめて、16日は少し辛い夜を過ごしました。
それでも、途中はうとうとと眠ることも出来ていました。
お水が飲めないけれど、うがいはさせていただきました。
すごくお水が飲みたかった夜でもありました。

体への負担は、今回の方が格段に大きくて、やっぱり辛かったです。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:33  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.26 (Thu)

私への手紙・病名をオープンに


ご機嫌いかが?
退院して、久々に外の空気を吸った私さん。
昨日は生憎のお天気だったけれど、
退院していつもの場所に戻れる、というのはやっぱり嬉しいよね、私さん。


ご想像にお任せしていた私の病気ですが、
ここにオープンにしてみよう、と思いました。
2014年の年末に受けたのは、乳癌の手術。
そしてこの度、2018年4月に受けたのは子宮内膜癌の手術でした。
たった3年とちょっとの間に、私は2つの癌に重複罹患したのでした。

また癌だ・・・と聞いた時の気分はどうだった?
嬉しくはなかったけれど、何故だろう、やっぱりか、
という気持ちが大きくて、仕方ない、と妙に納得したよね。
私らしい、といえば私らしいのだけれど。

備忘録も兼ねて、ちょっと病気の記録も書いてみようかと思います。

痛みはあるものの、もう病院に居ても、特段することもなく、
それなら家に帰って、注意深く生活しながら完全な回復を目指す、
ということのようです。痛ければあまり動けないし、
傷の回復につれて痛みもやわらぎ、そうすれば自然に動くし、で
今まで変わらないところまで回復するのは、標示3カ月なのだそうです。
焦っても仕方ありません。
標準通り、じっくりと3カ月かかって回復したいと思っています。

乳癌後、毎年1月にしていた念入り検査の時に、
ちょっと気になる事があり、では念のため検査しましょう、
ということから始まった今回でした。
2月の検査で癌と言われて、病院の転院をし、
3月はそこでの検査。4月の手術までは、年度末も重なり、
家の事も立て込んで、とにかく馬車馬のような生活でした。
目の前の仕事を整理して、ご迷惑がかからないように、
と必死の毎日で、自分の現実やこれからの事などに
思いを巡らせる余裕も無かったのです。

入院して、手術して、ベッドの上で少しだけ余裕ができたら
何だか始めて悲しくなりました。

なんで私が2度も選ばれたのでしょうか。
もう、選ばれたくはありません。
お腹も痛いです。以前と同じように成れるのでしょうか。
早く、回復したいのに・・・
そんなふうに思ったりした時間もありました。

理由を考えても、わかりません。
わからないことは、わからないままに受け入れて
今の私のありのままで、毎日を暮らしましょう。
今はそう思い、ボチボチと仕事もしています。

2018年、怒涛の記録。続きます。
しばし、お付き合いを。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:40  |  病気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.20 (Fri)

お久し振りです💞

お早うございます。
お久し振りです。

予定通り、16日月曜日に開腹手術を受けました。
今日で、術後4日めです。
説明は受けていましたが、手術の翌日から歩くのが始まりました。
その翌日にはご飯が始まり、トイレにも自分で行きます。
それにつれて管が少しずつ、はずされていきました。
今は残り3本。早く取れないかな、と思っています。
今日に期待です

お水を一口飲むことや、ソロリソロリでも、
とにかく歩けること、寝返りすること等が、
本当に大事業でした。
痛いので、覚悟して、思いきってやってみる、という感じです。
普通の日常生活の有り難さを実感しています。

何を食べても良い、と言われたので、夫にハーゲンダッツアイスクリームを買ってきて貰いました。
痛くても、辛くても、ハーゲンダッツは美味しくて、幸せ😌🌸💓
ハーゲンダッツは素晴らしいです💞

日々、回復している実感があります。
今日も歩行を頑張ります❗

皆様も良い一日を。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


06:36  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.15 (Sun)

外泊

13日の金曜日(ホラー映画のタイトルみたい)に入院したのですが、
手術前に必要な説明とか検査とか、同意書とか、
とにかく全部クリアすることが出来て、昨日の検温も異常無しで、
なんと外泊許可が出て、帰宅しています。


在宅していた次男もビックリ。私もビックリ。

食材の買い物にも行き、仕事も少しできました。

・・・結局、いつもの家での私の仕事をこなせることが
しみじみと幸せなのだ、と実感しております。
夕食はお魚の煮付けとアスパラ、新玉ねぎのサラダ、
春キャベツと卵の炒め物。食後に甘夏もいただきました。
いつもと変わらぬ食卓でした。

今朝、4人で朝食をいただき、次男のお昼も用意しました。
おかずのストックも作ることが出来たし、
忘れていた仕事も片付けて、多分もう本当に大丈夫。

これから、礼拝に出席して、病院に戻ります。

退院予定は月末。しばらくは、自宅で無理の無い生活。

今度こそ、本当に行ってきます。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


09:12  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.13 (Fri)

入院しました

今日の午前中に、予定通り、入院しました。
この週末3日間は、病院で少しのんびり過ごすつもりでしたが、
なかなか忙しいです。
お部屋の説明を受けたり、レンタル品の手続きをしたり。
合間にお昼を頂いて、あれこれ説明を受けて同意書にサイン。
結構、多忙です。

友人や家族、会社のみんなからも励まされ、
何だか幸せで温かい気持ちです。
こういう心持ちで入院出来るのは、とても有りがたいことです。

しっかり治療していただいて、元気になります❗

さて16時半からお風呂で、
夜は夫と共に説明があります。

いつもと違った忙しさです。
15:42  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.10 (Tue)

ゴールデンウイーク

山岳部のメールに、ゴールデンウイークの予定が入って来ている。
山荘に行く予定の人が何人か居るみたい。
そんな中に、保育園の行事次第、とか嫁の仕事の都合による、
なんていう言葉がありました。

子どもの保育園の行事に合せてくれて、奥さんが仕事の時には
遊びの予定も少しは控えるんだ・・・へぇぇ。

夫婦、家族でせっかくのお休みを一緒に楽しもう、
というのは、当然すぎるくらい当然なのだけれど、
私はこういうコメントを読むと、過去の自分を思い出して、
なんだかすごく悲しくなってしまうのだ。

子どもの日や夏休み、冬休み、家族で過ごす予定より
夫は山岳部の合宿の予定を立てていて、
家族旅行の予約をしたり、出かける算段をしていたのは、
もっぱら私だったのだ。
そして出かけてみても、宿に息子3人と私を残して
東京へもどってしまったこともあったっけ。
今、孫が産まれて、0歳、1歳と7歳の子どもと嫁だけ
観光地のホテルに残して来れるだろうか?

私は執念深いのかもしれない。
30年以上の時間の積み重ねの結果、
何かがトラウマのようになっているような気がしている。
夫が一緒に旅行に行こう、と言ってくれても
本心は違うのではないか、何かたくらんでるから誘うの?
などと私はどこかで思ってしまっているみたい。
(素直じゃないし、すごく性格が悪いけれど・・・)

楽しい思い出の無いことは、悲しいだけ。
誕生日、母の日、子どもの日、夏休みやお正月休み。
暦の並びが良くて、長い連休になる時なんて
特に嫌い。

でも、夫が体調を崩している時や、自分の手術の後とか、
そんな時だけ平和な心持ちだったなんて
・・・なんだか悲しすぎる。

そうは言っても、今年私は手術したばかり。
こうなると諦めもつく、というものです。

平安、平和な心持であります。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:15  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.09 (Mon)

入院前のいつもの日曜日

昨日の日曜日は入院前の最後の日曜日でした。

朝ご飯にパンを焼き、三男と一緒にいただきました。
焼き立てのパンと、自家製の梅ジャム。
卵とベーコンのスープにサラダ山もり。それにデコポンと牛乳。
彼らのいつもの朝食です。元気に食べていました。

お昼前には寮に戻る、というので、忘れ物しないように、
と注意だけして私は礼拝に出かけました。

教会ではいろいろな人から声をかけていただきました。
励ましていただいて、入院中の日曜日には先生が来て下さる、
とまで言って下さいました。凄く心強いです。

夫に迎えに来てもらって、入院に必要な細々した買い物をしました。
カバンに詰めて、ほぼ準備完了です。
後は、パソコンとか充電器とかギリギリまで使っている物を
忘れ物、しないように!
今度は、楽しい旅行の準備ができますように。

私宛に、荷物も届いていました。
本や心のこもったお手紙が入って居ました。
有難いことです。本当に、元気にならなければ。
改めて心から、そう思いました。頑張ろう。

夜は、弟も来て、次男と4人の晩ご飯。
弟が食事飲む準備をしてくれる、というので、私は髪を切ってきました。
マスターズのゴルフを見ながらの夕食。
話題は、入院中の食事の準備のことでした。
夫や次男は弟に来てほしそうだったけれど、ダメ出ししました。
留守番二人組で料理もやってみてもらおうと思います。

私の病気がいろいろなところで、良い変化をもたらす契機になってくれたら
・・・なんだか少し嬉しい気もします。
それぞれに頑張りましょう。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:47  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.07 (Sat)

突然・ビックリ・あたふた

土曜日の朝8時。
朝食を終え、コーヒーを淹れて、リビングは良い香り。
次男はマグカップのコーヒーと共に自室へ。
夫も、今日地鎮祭があるので会社へ降りて行きました。
私も食洗機をかけて、ゆっくりコーヒーをいただこう。
と新聞を読みながら至福の時間です。

・・・その時、階段を上って来る足音。
弟でも来たのかな? と顔を上げる間もなく
ただいま!
と三男の声。
コーヒーをこぼしそうになるくらい、ビックリしました。

先輩から2万円で車を買い
(車って2万円で買えるのだろうか?もしかしたら借りた、の間違いかも)
1日単位の保険に加入して (そんなのあるんだ)
ずっと下道で帰って来たのだそうな。

携帯の充電器、貸して。
冷蔵庫を買いたい。
ホットプレート、頂戴。
給料出るまでのお金、生活費が足りないから・・・宜しく。
忘れ物、いろいろ持って行く。
今日、泊る。明日の昼には帰る。
とりあえず、寝る。

と言うだけ言って、シャワーを浴びて、自分の部屋へ。

さっきのぞいたら、もう爆睡していました。

突然、本当にビックリして、大慌て。
あたふたしています。

土日は寮のご飯が無いから、とりあえずカップ麺を大量購入したのだそう。
麦茶やお茶も冷蔵庫を買ったら、自分でつくる。
寮の電気代は自分で払うから、節約しなくちゃ。
生活費っていくらかかるかわかんない。
給料で暮らせるのだろうか? なんて情け無いことも言いだし、
生活するのってお金がかかるね。(今さらですか?)
などと言っていました。

土曜の静かな朝は、雲散霧消。
夕方の、入院前の最後のゴルフレッスンだけは行けるように、
とこれから家事と仕事をしなければ。

にわかに忙しくなりました。
でも、晩ご飯は、好きな物、つくってあげたいな。
(たった10日だけど・・・甘)







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
10:01  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.05 (Thu)

嬉しいこと

夕方、会社の電話が鳴り、
とってみると、なんとなく聞き覚えのある声でした。
話し始めてすぐにわかりました。
以前一緒に仕事していたIちゃんでした。
今日は息子さんの大学入学式で東京に来ていて、
思いだして電話をしてくれたのでした。
池袋に居る、ということで、
10分くらいで我が家に来てくれました。
ご主人と息子さんも一緒。
本当に嬉しかったです。30年ぶりくらいの再会でした。


初対面の息子さんは、群馬の夫のライバル高校の出身。
なんだかそれだけで、とても親しみを感じました。
礼儀正しい、真っ直ぐな好青年だと感じました。
立派な青年です。
彼が産まれてから今日まで、どんなにか
Iちゃんが愛情をかけ、頑張って来たことか。
以前と変わらぬIちゃんの笑顔を見ていて、なんだか胸が一杯になりました。

新しい生活が始まる息子さん。
意思のあるところに道は開かれると信じています。
たくさんの幸せと困難。
歩き続けたその先には、きっと豊かな人生が実を結ぶはずです。
信じて、前を向いて進んでいって下さいね。

応援し、お祈りしています。


訪ねてくれて有難うございました。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:35  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.03 (Tue)

4月・新しい事スタート

新年度、早速パソコンのセットアップ始めています。

ノート型とデスクトップ型
DSC_1412aa.jpg

DSC_1413bb.jpg

明日で、ネットワークの設定が一応完了する予定。
そうしたら、今度はコピー屋さんや、ソフトの会社に来てもらい、
複合機の設定や、ネットワークで使えるソフトの設定。
最後は・・・金融機関や役所との設定です。
これは私と社長のデスクトップ型の方で、なかなか大変なのです。
ため息が出そうですが、頑張れ私!と励ましています。


そして家ではぬか床の手入れをしました。
今朝、今年はじめてのキュウリを漬けました。

DSC_1410cc.jpg

しっかり手入れして、美味しい糠味噌漬けを楽しもう。
と、ここで気がかりな事が。
私の入院中、夫か息子は、最低朝晩2回、良くかき混ぜて
糠味噌の手入れをしてくれるのだろうか?
・・・かなり不安です。
入院の荷物にぬか床なんて、ダメよねぇ。
悩ましいです。


そして孫。
鏡がお気に入りだそうで、腹ばいになり、
タンスに付いている鏡を見ては、首を上げる練習に励んでいるのだとか。
お嫁さんが、写真を送ってくれました。
鏡に映る自分の姿を見つめるあの視線。
すぐにもハイハイしそうな勢いに見えます。
首も座って来て、ますます活発になりそうです。
みんな新しい事にチャレンジする春ですね。

さて、環境激変の三男君はどうしてるかな?

頑張れ~~!










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:36  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'04.02 (Mon)

3月末と4月1日のこと

4月になりました。
新年度のスタートです。

例年通り、この時期は決算で忙しいのですが、
今年は、私の入院準備、そして会社のパソコン全部を
更新する、という作業まで加わってしまい・・・
なかなかスリリングな春を過ごしています。
できることしかできない!!
と開き直っております。

三男は、今日が入社式なのだと思います。
ヤマハレディースオープン葛城のボランティアでは、
笠りつ子プロについていた、とラインで知らせてくれました。
ゴルフ、どう思ったかな?
やってみたいとは思わなかっただろうか。
いつか息子たち全員とラウンドしてみたい、と密かに思っています。
やりたい、と思ってくれたら嬉しいな。

31日は桜満開のホームコースでゴルフができました。
前日の病院での結果、運動可、ということになったのです。
99%諦めていたので、不思議な気持ちです。
病気になっているのに、検査でマイナスと出るより、
かかっていないけれどプラスに出た方が、考えようによっては
良かったのだ、と思う事にしました。
けれど、MRIで見る限りは、正常ではないらしく、
更に検査、ということになりました。
けれど、私はいたって元気。突然だったし、キャンセル待ちも凄くて
諦めていたのだけれど、うまくメンバー枠に入れて貰えました。

IMG_20180331_180606_501aa.jpg

DSC_1402bb.jpg

満開の桜の中でのプレイ。風が吹くと桜吹雪。
夢の中でプレイしているみたいでした。
桜まつりをしていて、お団子とお茶もいただいて、ラッキーでした。

そして日曜日はイースター。
教会の子どもたちの歌とダンス、それに
イースターエッグハントが、なんとも可愛らしかったです。

子どもたちの未来に、たくさんの幸せがありますように!!

そう祈って帰って来ました。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |