FC2ブログ
2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018'05.31 (Thu)

息子たちに傷つくけれど・・・

1泊2日で、明日温泉に出かけます。
手術のあと始めての遠出。久しぶりです。
のんびりとお湯に浸かってこよう、と思っています。

2日の帰り道、ふと思いついて、三男の都合が良ければ
彼の所に寄りたいな、と思い連絡してみました。
あっさり一言「都合は合いません」
・・・そうですか。
それにしても、友達と約束があるとか何とか、もう少し言い方ってあるのに。
とため息でした。

長男はまだ我が家から通勤していて、いったい何時になったら
社宅で生活が始まるのか。
今朝、息子に週末には社宅に移るの?と尋ねてみたら、
未定。もしかしたら明日から出張。
という返事。
どこへ?
ミャンマー。
いつまでなの?
わからない。関係ないじゃん。
とご機嫌斜めな様子。
ねぇ、お嫁さんは社宅に居るの?
と聞いたら、実家。と一言。
何がそんなに気に入らなかったのか。
そそくさと朝食を済ませて出勤していきました。

君たちの為に、母は仕事をして、家事もして、
できることは私なりに頑張って来たつもりです。
そうするのは当たり前のことかもしれないし、
足りないところもあったでしょう。
でも、不完全な母のこれが精一杯なのです。

ああいう態度を取るのは、私の問題では無く、君たちの問題。
気持ちの良い対応ではないけれど、それに傷つくことは無いのだよ、私。

完璧な人間が居ない以上、完璧な親はあり得ないし、
不完全な親が育てているのだから、望んだような親子関係も見果てぬ夢なのかもしれない。
君たちは、不満かもしれないけれど、私は十二分に君たちに満足しているし、
幸せをもらったと思っているのだよ。
・・・君達には、伝わらないのかな・・・


これから先は、社会で育ててもらいなさい。
子どもを持ったのだから、親としての苦労もこれからあるでしょう。
その中で親としても、人間としても成長して下さい。

ちょっと気分が落ち込んだ朝でしたが、気を取り直して
夫と出かけてきましょう。

それにしても長男、早く生活を整えてもらいたい。
家族で暮らせる時間は、そんなに長くはないのだけれど。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:47  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |