FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018'10.23 (Tue)

仲間との食事会

先週末、夫の建築科同級生3人と、
仕事で知り合った建築家の方、それに私の5人で
久しぶりの食事会をしました。
もう10年以上前、このメンバーでセミナー等の活動をしていたのです。

子供が結婚したり、就職したり、
孫が産まれたり、親を見送ったり、
自身が病気になったり回復したり。
人並みのあれこれを経験し、みんな年を取っていました。

一番の話題は、やはり自身の引き際の事でした。
好きな建築の仕事に精一杯取り組んできて、
今も仕事が好きなのだ、というのが良くわかります。
母校で教えているSさんは、学生とのワークショップの話を
楽しそうにしてくれました。
設計事務所を営んでいる人からは最近の現場の話・・・などなど。
でも、未来永劫、現状維持はあり得ないし、
自分の衰えを、悲しいかな、認めざるを得ない。
そういう現実に直面しているのが私たちなのです。

学生を教え、教育すること。
無から、形作っていく設計の仕事。
それを設計者とともに形にしていく仕事。
立場は違うけれど、皆さんに共通しているのは、
自分に求めるレベルの高さのように感じました。
100点ではないけれど95点なら許せるか、
それとも90点なのか、85点なのか。
そうやってハードルを下げる自身の仕事ぶりは是か非か。
そのことを自分はどう思うのか。
自分の矜持とプライドと、いろいろ諸々の間で揺れ動いて、
結論を出していくのだろうな、と思いました。
自営業者とサラリーマンの違いでもあり、
70歳まで働きましょう、という政府の掛け声とも、
また違った次元の話のように思いました。


IMG_0004a.jpg

IMG_0009b.jpg

私が病気したことも、大いにみんなを驚かせたけれど、
私は母校で教えているSさんが病気をして、
大学を去ろうとしていることもなんだか寂しい気がしました。



ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし。
方丈記

(高校時代の古文の時間に習ったなぁ。
どう思って読んでいたのかしら?)

お料理は皆さんに好評でした。
いつものしゅくりあ・・・有難うございました。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









13:22  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.19 (Fri)

携帯電話というかスマホ

今まで永らくソフトバンクだったのですが
この度、会社全員がauに代わりました。
機種もアンドロイド。
ごつくて、防水や衝撃に優れているようで現場向きです。

昨日、機種変更になったばかりで、現在、私はオタオタしています。
ショートメールとか、アドレスの設定とか、
電話としては支障が無いのですが、落ち着くまでには
しばらくかかりそうです。

便利にはなっているのだけれど、使いこなすのには
なかなかの困難が伴います。
使っているのはほんの一部分。あのようにたくさんのアプリも
私には宝の持ち腐れだと感じます。

教えてもらおうと、リモートワーク中の次男の部屋に入ってビックリ。
昼なのに、薄暗くしていました。そして大きなパソコンのディスプレイが4つくらい。
一つなんて、画面が4分割されているみたいに見えました。
緑の光の羅列が静かに動いていて・・・その前に座っている息子は・・・
なんだか不思議、不気味な光景でした。

仕事中なのだから困る。
電話はわからないからauショップで聞いて。
とのこと。


もはや、ついていけてない私であります。
会社の携帯、希望者はらくらくスマートホンではだめなのかしら?
なんて思ったりしましたが・・・
とにかく頑張りましょう。

明日、時間をとってどうにかしよう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:46  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.18 (Thu)

平日にお休みして

月火と、ウイークデーに二日もお休みを頂いて
仲良し4人で泊りのゴルフに行かせてもらいました。

みんなが仕事しているのに申し訳ない
とか、出かけてしまって大丈夫だろうか、
などと考えて、今まではこういう休み方をするには
相当なためらいがあったのですが・・・
今回は、一応役職から外れたのだし、月中だし、
と思い切って休ませていただきました。

スコアはともかく(コラッ!) とても楽しかったです。

宿泊してプレイしたゴルフ場は、施設は少々くたびれ気味でしたが、
とても気持ちの良いサービスでした。

年配の方がたくさん働いていました。
コースの途中にある茶店では、サービスの飲み物や
お漬物、こんにゃくの味噌田楽なんかを勧めてくれます。
プレイ後はゴルフシューズの靴磨きまでして下さるのです。
クラブもピカピカに綺麗に拭いて下さいました。
帰りは、キャディーバッグを車に積み込むのまで
お手伝いしてくださいました。
ほかにも、何くれとない気遣いがいっぱいでした。

お茶一杯どうですか? こんにゃくも食べて行って。ローカロリーよ。
新品のクラブカバー、きついね。伸ばしちゃ悪いけれど、きついわね。
なんて言いながら、親しく楽しく話してくれて、笑顔で作業してくれます。
マニュアル言葉ではない、素朴で、その方の人となりがわかる対応が、
とても好ましく、みんなでホッコリ。
帰るときには、また予約したいね、と盛り上がりました。

年をとっても、働く場があって、人とかかわりながら仕事ができる
というのは、とても幸せなことだな、と思いました。
あの味のある会話。人工知能のロボットにはマネできない。
そう思って帰ってきました。

平日のゴルフは、
働く人も、プレイする人も、年配者がとても元気でした。

私も元気で仕事して、また遊ぼう!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




11:45  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.14 (Sun)

今日の礼拝で

礼拝の初めには、いつも賛美歌を歌います。

歌詞は、プロジェクターで大きく映し出されるのですが、
その係をして下さっている方が視線に入りました。
また、子ども礼拝に出席する小学生の男の子の横に座り
何くれとなくお世話して下さっている方もいます。
今年ご主人を亡くされて、一人で席に付かれた方・・・
みんな、みんな、いつもと同じです。
そして今朝もいつものように賛美歌を歌ったのですが、
何故だか特別、今日は胸が一杯になり、涙がこぼれそうでした。

全員が、幸せ一杯で、悩みも苦しみも無く、心軽やか、
というわけではありません。

生きていてくれさえすれば、と思って祈っています。
というような重篤な病気の家族が居る人、
経済的な困難や仕事の困難、人間関係。
ありとあらゆる試練に、クリスチャンだってさらされているのです。
倒れそうになりながらも、どうにか自分を奮い立たせて
1週間を過ごし、集う礼拝です。


皆さんの、忍耐強くおだやかないつもと変わらぬ姿が
格別、胸にしみたのかもしれません。

日々起こる全ての事を受け入れて、粘り強く生活していく。
希望を失いそうな時にも、辛いです、助けて下さい、
と叫びながらも、絶望しない。
そんな皆さんの信仰が、賛美歌を通して、胸に迫りました。

教会員どうし、兄弟姉妹、という言い方をしますけれど、
本当に、皆さんと神の家族なのだ、と感じました。

倒れても、助け起こし、道に迷った時は、
明りをともして導いて下さる。
そんな、私の大切な家族なのだという思いがこみ上げました。



This is my command: Love each other.
これが私の命令です。互いに愛し合いなさい。
ヨハネの福音書15-17







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:42  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.13 (Sat)

老後の暮らし

夫と私は、役職から退いた、とは言え、
今まで同様に、会社で仕事をさせていただいているのですが、
何時の日か、完全に「会社の仕事」というものが無くなったら、
いったいどのような毎日なのか、と想像してみることがあります。

ホームコースのクラブバスに先日乗りあわせたのですが、
その時の皆さんの会話から想像をふくらませます。
後期高齢者といわれる年齢の方がほとんどのバスの乗客。
皆さんまだまだ元気でゴルフをなさっているのです。
株の値下がりや為替レートの話しをしながら、
大損害だよ。とか、仕方ない。そのうち又上がるよ。
なんて言いながらも余裕のある様子でした。
仲間を募り、ゴルフができる体力と経済力。
うらやましい老後だな、と思って聞いていました。
後は、ボランティアの話し。
ボランティア団体とか、地域の老人会とか、
何らかの団体に所属して活動している人がほとんどのようで、
オリンピックボランティアに推薦者を出してほしい、とか
何人以上集めて参加して欲しいという要請の書類が届いて、
どうしたものか、と憂慮して、困ったよ、なんていう話しもしていました。
社会とつながっていれば、悩みも責任もそれなりに付いて来る。
ということなのでしょうね。

健康である事。
身の丈にあった生活を支える経済力と、
お金を管理できる能力、意思力がある事。
友人が居る事、適度な社交性がある事。

そして、ご夫婦がそれなりに仲良く、
家族のことにも愛情一杯なのだ、と感じました。
ワイフを手伝って栗の皮むきをした、とか
奥様お手製の糖尿病用のお弁当の話しとか
(いったい、何時からお弁当をつくったのかしら? 頭が下がります)
感心して聞いていました。
愛情を注がなければ、愛されない。
神様ではない人間なのですから、当たり前ですね。
何はなくとも、愛情豊かな家庭、夫婦で、年を重ねていきたい、
と思いました。

我が息子達は、自分たちの親がもうじき前期高齢者になる、
ということを理解しているのだろうか。
いつまでも、不死身では無いのだよ。
なんてことをつらつら考える静かな午後です。

夫は、第二の人生の準備なのか(?)
山岳ガイドの実地講習に谷川岳に出かけています。
それが経済力の足しになるのか・・・疑問。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





14:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.10 (Wed)

友の近況から

ポツリポツリとメール交換をして、
近況報告をしあっている友人がいるのだけれど、
それぞれの身の上にそれぞれの変化があったのを痛感している。
平々凡々と昨日と同じ毎日が続いているようで、
同じ日は一日とて無く、変化しながら続いて行く。

長らく介護していた親御さんを見送った友。
親御さんのご葬儀は、加入されていた互助会に頼んだそうですが、
亡くなってから豪勢なことをしてもらって喜んだのかどうか、
と、友は腑に落ちない思いを抱えていました。

お葬式は誰も呼ばずにひっそりとやってくれと常々言っていたのに、
あの葬祭場に加入していたばっかりに、そうはいきませんでした。
会場はもっと地味で小規模でもよかったのです。
小さな会場はなく、祭壇の生花も葬儀屋の言うがままに盛大に飾られました。
心ならずも立派なきれいな祭壇で、葬儀も非の打ちどころなく進行してもらいました。

納得できない気持ちが伝わって来ます。
きっと親御さんは、ご自身の葬儀で迷惑をかけないように、
と互助会に加入されたのでしょう。
彼女は、善良な高齢者がカモにされているような気がしているようでした。
メールは、親の最後、無念ではあるが仕方ない事だったのだ、とも思えます。
と結ばれていました。


別の友人は、やはり体調の優れない親御さんのことで
自身の資格更新のための学会などに出席する時間が取れずに
来年で資格を返納することにした、と書かれていました。
彼女の仕事は人と直接かかわる仕事で息子夫婦の大学の先輩でもあります。
知識と経験に裏打ちされた、質の高い仕事をされるのだと思うのですが、
それがポイン制の時間が取れずに返納してしまう、
というのは何とも、本当に残念な気もします。
彼女自身は、昨今の資格ブーム、心理職ブームにも疑問も感じてしまった
と書いていたので、もう見切をつけたのかもしれません。

良くも悪くも、私達は世代交代の時に差し掛かっているのです。
でも、続けて欲しい、と思うような人ほど退場していってしまう、
と思うのは私だけだろうか。

そしてまだまだ、介護の負担は女性に重い。
これが現実ですね。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




16:16  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.08 (Mon)

ゴルフ合宿

土日とゴルフの合宿に行っていました。
長くお世話になっているM先生と、いつものサンコー72でした。

手術したばかりの頃は、もうゴルフができなくても仕方ないし、
やめても良いのかな、なんて思った事もあったのですが、
また、以前のように合宿に参加することができて、
本当に、元気に成れたのだ、と実感できました。

メンバーの方たちも、何回もご一緒させていただいている方たちで
和気あいあいと、楽しい時間でした。
私の進歩の無いゴルフも以前のままで、
同じことばっかり言われ続けていて、諦めないM先生。
ある意味、デシャブ感満載の合宿でした。

ホテルのお部屋から見たコースです。
DSC_1736a.jpg

何時の日にか、良くやった!! なんてほめてもらえるゴルフが
出来るようになるのでしょうか?

真剣さや粘り、完璧を期そう、なんていう精神は、
ゴルフの時には皆無の私。うまく行けばラッキー!
みたいなプレイをし続けているのだということを、なんだか今回は改めて、ヒシと感じました。
だって、M先生の発案で、夕食の時のアルコールがかかると、
にわかに真剣になった私でした。
眼つきが違う。やれば出来るのに。とはM先生の言葉。
本当に。

仕事じゃないんだから。とか、楽しければそれで良いのよ。なんて言わないで
すみれ会の自主トレも参加して、真剣にやっている人たちに混ざってみるのも良いかもしれない、
と思いながら帰って来ました。


体力が落ちているのも自覚しました。
以前は2日間の合宿でも、疲れた、というような気はしませんでした。
でも、今回は疲労感を感じました。
またグアム合宿に行きたいなんて、今のままでは不可能です。

目標を持って、習い続けたいです。

何時の間に、M先生とも長いお付き合いになりました。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









11:49  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.04 (Thu)

お呼ばれ

お客様と設計事務所の先生から、
お食事をご馳走になる機会がありました。

設計の進藤繁先生と、先生の設計した改修工事のお施主様です。

夫の仕事がなければ、とても直接お知り合いになれる、
というような方たちではありません。
有難いご縁だと思います。

お料理もワインもとびきり美味しかったけれど
それよりも何よりも、お二人から伺うお話が興味深く、
またとても温かく接して下さり、心に響きました。
貴重な時間を共にすごさせていただいた事が、何よりの幸せでした。

一応、一区切りの私達夫婦のこれからの生き方について、
示唆に富むお話も伺うことができました。
私の希望は退屈してみたい。毎日やる事も無くてつまらない、
とウダウダしてみたい、と言ったのですが、
やってみれば良いけれど、すぐに飽きます。
その後どうするかですよ。
と笑いながら話して下さいました。

お施主様は、長く実業界で活躍された方です。
忙し時にこそ、どうにか時間をこじ開けて自分のプライベートを確保する、
それが休暇、リフレッシュというものです。とおっしゃいました。
そうなのかもしれません。

そして、これからも自分のデスクを外に持たなければダメですよ。
と思いもよらなかったアイデアを夫に話して下さいました。
気力や体力の衰えなど、後ろ向きな事に眼が行きますが、
長年の経験の蓄積、人脈、信用力などは、若い人には手に入らない、
年をとったからこそ得られる財産なので、それを生かす仕事のアイデアでした。
そのような財産があるとも思わず、むしろ老害を危惧していた私達には
前向きで新しい視点でした。

ご自身は社会の中での立ち位置を客観的に把握されていて、
勉強もされていて、おもしろい本も教えていただきました。

足元にも及ばない、ああいう方たちの生きざまを
チラとでも垣間見る事が出来て、
しかも、貴重なアドバイスと励ましを直接いただけたことは、
有難い、としみじみ感じて帰って来ました。

こういうご縁を得られただけでも、
あなたは幸せではないですか。
仕事ぶりを通して、あなたを評価して、
目を掛けて下さったのだから。

改めて、愚直で頑固、と少々批判的に見ていた
夫の仕事ぶりも見直しました。



外に出たら、東京タワーが輝いて居ました。

DSC_1733aa.jpg

東京タワー。
電波塔の役目は終えたけれど、ライトアップされていて
キラキラと輝いていて、やっぱり私達の東京タワー。
頑張ろうね、と話しかけて写真を撮りました。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


11:34  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.03 (Wed)

健康診断

昨日は、朝から会社の健康診断でした。

この健診で、私は乳癌がみつかったのですから、
めんどうくさがって健診を受けていなかったら、と考えるとゾッとします。
今年手術した子宮癌は、健康診断ではみつからないタイプの物でしたが、
それでも、健診していたからこその早期発見だった、と思います。
健康診断の大切さを身を持って感じています。

今年、私は一部の検査を受けられませんでした。
4月に手術した、と申告するのですが、
そうしたらいくつかはキャンセルになりました。
来年、受けて下さい、ということでした。
通院のたびに、腫瘍マーカーとか、いろいろな検査をしているので、
もしかしたら充分なのかもしれません。結果は2週間後。
またどこか、再検査なんて言われませんように。

夫の健診が終わるのを待って、池袋でお昼をいただきました。
創作うどんのあんぷく
素晴らしく、お出しが美味しいうどんで、お気に入りに追加です。
最近、大山に美味しいお蕎麦屋さんも見つけて、
山荘以外のお蕎麦屋さんのレパートリーも増えました。
DSC_1729aa.jpg

DSC_1731bb.jpg

しかし、白とか黒の単色で、大ぶりの鉢? 丼? ボール? のような食器は、
最近の流行りなのでしようかね。器の味わいが無いように思いませんか?
あんぷくの器も白の大ぶりの物でしたが、どうも食べにくく感じて
私の好みではありませんでした。
でも、お味は良かったので、OKですかね。

しっこしこ、のうどんをいただきながら、
来年は、脳ドックを受けようね、なんて話しました。

お互いに、一病息災をめざし、食べ過ぎないように
食欲の秋を過ごしたいです。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


09:47  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.02 (Tue)

すみれ会

ゴルフ場には、メンバー同士のいろいろな会があるのだと思いますが
私のホームコースにも女性のすみれ会、というのがありました。
ロッカールームで声をかけていただいたのがきっかけで、
先日、初めて参加させていただきました。

初ラウンドは会長さんの組。
その日、5組くらいの参加だったのですが、
なんと私は最年少のようでした。
皆さん、70代以上。後期高齢者よ、なんて笑っていらっしゃいましたが
飛距離は無くても、寄せとパターがとにかく凄く上手でした。
ほとんどピンにからんでオンするし、距離のある所にオンしても、
OKの範囲にパットするか、カップインもしていました。
ほれぼれ。そして上手いなぁ、とため息です。

皆さん、とても前向きでフレンドリー、そしてサバサバと潔くて、
カッコいい方たちでした。
いつものスクールとはまた違った意味で凄く勉強になりました。
すみれ会、入会させていただきました。
私も皆さんのようなゴルファーになりたいと思いました。

今年の春、手術をしてからは、ラウンド出来ればそれで良い、
くらいに思っていましたが欲が出ました。
もっと良いスコアを目指したいです。

皆さんも病気をしたり、介護があったり、
とそれなりにイロイロな事があるようです。
何にも無い筈、ありませんものね。
違うのは、ゴルフに対して前向きかどうか。
楽しく和気あいあいと、しかも真剣にプレイする姿勢に、
私も目標にしたいと思いました。
すみれ会の皆さんに刺激を受けました。
毎日の生活、仕事も遊びも、真摯に楽しみたいです。

宜しくお願い致します。
ちなみに、後期高齢者の会長さんが優勝でした。
スゴイ!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


07:01  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.01 (Mon)

台風と息子たち襲来

昨晩は、未明の強風でとても怖い夜でした。
今、台風一過。晴れ渡った東京です。
被害の様子がテレビに映し出されると胸が痛みます。
心から、お見舞い申し上げます。


そんな中、土曜の朝、目覚めてみると、
三男が夜中に我が家に帰って来たようでした。
地方勤務の同期が東京に来るので、会おうと思ったそうです。
日中は、別の友人に会い、夜、また出かけて行きましたが、
台風が来ているし、何時、磐田に帰るのか、早めに帰れば良いのに
とちょっと心配でした。
でも、日曜日、朝起きてみたら三男は既に帰った後。
お酒を飲まずに、土曜のうちに家を出たということで、
なんだか、三男も大人になった~と感じました。
24時間以内の滞在でも、友達に会いたいのだね。
車があるのでフットワークの軽い三男です。

長男は土曜も出社して仕事をしていたようです。
土曜の深夜に帰宅してまた我が家に泊っていきました。
結局、三男には会えませんでした。
日曜日、教会に行く前に準備した朝食は食べてあったので
自宅に帰ったのかと思ったら、もう少し、休ませて。
と部屋を真っ暗にして寝ていました。
3時過ぎに電車がどんどん止まっているニュースを見て、
さすがに起こして帰るように促しました。
栄養を頂戴、と、それを飲んで帰宅していきました。
なんだかずいぶん忙しくて、疲れ果てている様子。
実家が都内になければどうなってしまうのか、
と少々心配だったりします。
今日は、無事に出社できたかな?

そして次男は変わらずマイペースで
今日もリモートワークだそうです。
日がな一日自室に籠って、ずっとパソコンに向き合う生活。
在宅していても、あんまり話しをすることもありません。
こんなものなのか。
同僚と話しをしたりしないのか?
どうも彼の働きぶりは、私には良く理解できません。
・・・でも、相当真面目に集中して仕事はしているようです。



週末、思いがけず息子全員の顔が揃った我が家でした。
今日から平常運転。いつもの三人になりました。
そして、10月。
今年の残りも、3カ月なのですね。

良い年だった、と言えるように頑張りたいです。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


11:36  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |