FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018'11.22 (Thu)

テルアビブから

テルアビブから今日はカイザリアに移動します。
早くも3日目になります。

初日、テルアビブのベン・グリオン空港の
第3ターミナルに到着しました。
過去、この空港の第1ターミナルで、
岡本公三の銃乱射テロがあったのです。
その出来事から、空港の名前が、
今のベン・グリオンに変えられた、
と説明を受けました。

昨日はテルアビブの市内観光で独立宣言記念館を見学しました。
70年前に、イスラエルの独立宣言をしたホールに
実際に入場して着席も出来て、説明を聞きました。
ベン・グリオンさんが独立宣言をしたまさにその場所。
感慨深いものがありました。
建国の父の名前が空港につけられたのですね。

この記念館に行くのに、少し街歩きをしました。
今年、建国70周年の独立記念日、5月14日に
トランプさんはテルアビブからエルサレムに大使館を移したのです。
その時まで使われていたアメリカ大使館の前も歩きました

チャーターしていたバスのドライバーはアラブ人。
独立宣言記念館から遥か離れた所でバスを降ろされて、
歩く羽目になったのです。
そこへ、私たちを連れて行くのは拒否したようです。
ガイドさんが、ユダヤ人ドライバーを頼んでいたのに
確保出来なくてごめんなさい、と謝って下さいましたが、
日本人の感覚では考えられない経験でした。
アラブとユダヤ、和解の機運が高まっていた時もあったけれど、
トランプさんは反目を煽っているように感じる、とも言っていました
国連が示したイスラエルの国土、と言っても、
ガザとヨルダン川に西域に挟まれた所は20キロしか離れていません。
あそこを押さえられれば、国土は南北に分断してしまう。
民族の歴史と政治をまざまざと意識させられました。

その後、テルアビブ大学に行き、大学のカフェテリアでランチ。
そして大学の博物館を見学してヤッフォという港町に行きました。

大学、広々としていて、カフェテリアのサンドイッチも
焼きたてパンで凄く美味しかったです。

見学の中に博物館があるのは、とても満足でした。
長くなりました。また帰国してから整理します。

10:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.19 (Mon)

明日からお休み

しばらく更新が滞りました。

明日から、10日間のお休みをいただいているので、
そのために、仕事や家の事で手一杯でした。

月末に出かける、というのは私にとっては快挙なのです。
手術の時も月末を避けていたのですが、
今回は、考えが変わったのです。
夫も私も、今まで通りに仕事してはいるけれど、
少しずつ、少しずつフェイドアウトしていくのですから。
居なければそれなりになんとかなる、と思っています。
もう、先延ばしにする理由は無いのだと思うのです。


先日、夫は旅行前の床屋さんに行ったのですが、
床屋さんの手がこわばっていて、時間がかかったり
いつもと様子が違ったのだそうです。
どうしたのかと思っていたら、こんな話をされたそうです。

7年前に癌の手術をして、5年経ったからもう大丈夫、
と思っていたのに、肺に転移が見つかってしまった。
抗癌剤の治療が始まったのだけれど、手がしびれ、こわばってしまう。
この先、仕事ができるのか。

家じゅうが通っている床屋さんです。
長男は海外に赴任中、帰国するたびに寄っていました。

今、散髪しておけば、次は年末で良いですよね。
年末、仕事ができると良いけれど。
それより生きていられるかだけれど。

そんな風にも話されたそうです。

他人事ではありません。夫は改めて、私が癌なのだ、とも思ったようです。

でも、不安になることは無いのです。
癌であろうとなかろうと、私は死の影というのは、
誰にもつきまとっているものだ、と思うのです。
一瞬先は、わからない。
ただ、病気だと、死がより近くに感じられるのかもしれません。
私は怯えたくありません。
今ある、この時を楽しみたいし、役に立てる限りは
何かの仕事もしていきたい、そう思っています。

床屋さんが、心安らかに過ごせるように、
そして前向きに希望を持って治療を受けられますように。
心から祈ります。

私は旅行に行ける今の状況に感謝して、
精一杯楽しみ、感じてこようと思っています。

行先はイスラエル。キリストの足跡を辿ります。
何を感じるのか。

では、行ってきます。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









18:17  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.14 (Wed)

ホームページ

昨日、病院から帰ったら、会社では社長が
ホームページの業者さんと打ち合わせをしていました。
社長が変わり、新しい体制になるのですから、
ホームページも刷新していくのです。
これで更にお客様が増えてくれたら嬉しいのですが、
なかなか簡単なことではありませんね。

ネットによる集客、ホームページというのは
今は避けては通れないことですが、
ホームページやネットからの情報が正しくて、しかも正確に伝わるか
ということに関しては、私個人はずいぶんと懐疑的です。
サイトのデザインから受けるイメージが先行するような気がしますし、
書かれている事の受け取り方も人によって様々。
通販のように、販売する物が存在するわけではなく、
注文に応じて建物を建てていく仕事なので、
伝えたい内容の中心になるのは、物づくりに対するポリシーや
大小さまざまなわが社の仕事そのものなのかもしれません。
でも、それをホームページから伝えるというのは、至難の業。
そもそも、伝わるのかな、とさえ思ってしまうのです。

でも、だからと言って、今のままで良いはずはありません。
まず、関心、興味を持った人はホームページにアクセスして、
どんな感じの会社なのだろうか、とあたりを付けるのですから。

いずれにしても、私がホームページビルダーで
なんとか更新していた、(しかも長い間放置したまま)
つたない物とはわけが違います。
若いセンスのプロの方が作成するのです。
きっと伝えたい事が正確に伝わる、カッコ良い
ホームページになるのだろうな、と期待しています。
宜しくお願いいたします。

社内では、掲載する建物の写真など選んでいるのですが
昔の仕事をした当時を思い出して、懐かしかったりします。
30年の蓄積。選ぶのも一苦労ですが、事務方女子3人組で
知恵を絞って楽しみながらやろうと思います。


病院は、変わりなしで、次の予約は来年の4月。
術後1年の念入り検査になりました。
12月、1月は乳腺外科の念入り検査ですし、
来年の予定は、病院ばかり決まってきましたが・・・

何か楽しい予定も入りますように。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



14:36  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.12 (Mon)

1年ぶりのゴルフコンペ

昨日は会社のゴルフコンペでした。

最初に挨拶した夫。
早いもので、もう何回目になるか忘れましたが・・・
という言葉で始まりました。
なんとなくみんなクスッと笑ったような気がします。
(意図しての挨拶ならグッドユーモアですが)

去年の秋のコンペはまさにティーオフ、という時に電話が鳴り
子供が産まれそうだから、これから帰国する、と長男から連絡があったのでした。
あれからもう1年。孫はヨチヨチと歩くようになりました。
今年の春のコンペは手術したばかりで私は欠席でしたから、
今回、また皆さんとゴルフができたことは本当に幸せなことだと思いました。
スコアもまずまず。
久しぶりに私はドラコンを1本頂きました。
キャロウェイのローグだもん。良いなぁ。
なんて言われましたが、その通り。
クラブのおかげ大ですね。大切に使います。

日常のあたりまえの事が平々凡々と続いていく、
それがどんなに有り難く幸せなことか。

同組でプレイした方は初めて参加して下さった76歳、最高齢の方でした。
今も仕事をされていて、そこの会社からの参加でした。
膝が痛むそうで、カップインしたボールを拾うのが辛そうでした。
私が少しだけ手助けしたのですが、それさえクリアできれば
まだまだゴルフを楽しめそうでした。
また参加して下さいね、とお誘いしたら、
奥様もお元気で、と言って下さいました。
本当に。元気でまたゴルフを楽しみましょう。

もうじき孫のお誕生日。
バースデープレゼントを買いに行くのも楽しみです。
健やかな成長を感謝です。

今年は2度目の手術とか、予期せぬことも多かったけれど
毎日を感謝しながら過ごしていきたいです。

明日は、また病院の日。
ちょっとドキドキするのですが、行ってきます。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





16:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.09 (Fri)

渋谷で映画

水曜日に、渋谷で映画を見てきました。
「パウロ」です。

ローマの牢にとらわれているパウロを
ルカが訪ね、パウロの言葉を書き写す。
それが新約聖書の使徒行伝になったのだそうです。

ローマのネロの弾圧に暴力で対抗しようとする若者に
解決の唯一の方法は愛である、と説いていました。
争いからは解決はみちびかれない。
そこでコリント前書の愛の教えが語られました。

また、弾圧されて疲弊し、苦しむキリスト教徒たちの祈り
我らの日用の糧を今日も与えたまえ、
我らを試みに合わせず、悪より救いだしたまえ・・・
という主の祈り。
そのシーンも感動的でした。
毎日の食べ物をお与え下さい、という祈りは本当に切実なものです。

また、ルカが書いたパウロの言葉を、信徒たちが書き写すシーンもありました。
あのようにして、聖書が出来て、広まったのだ、と思うと
今、私たちが簡単に入手できることに改めて、有り難いことだ、
という思いを抱きました。
 
牢にとらわれ八方ふさがり、自由の無い中で行われた
使徒行伝の執筆。

映画の最後に 今、困難の中にある、すべての人に贈ります。
というテロップが流れました。

迫害の中でも絶望しない。
前を向き続ける。
パウロの信仰の強さを感じました。

宗教色の強い映画ですが、クリスチャンでなくても
見ごたえがあると思います。
渋谷のヒューマントラストシネマ。おすすめです。

(水曜日は割引になる、と思って出かけたのですが、
シニアは水曜じゃなくても割引でした。
予想に反してずいぶん人が入っていて驚きました)







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





18:02  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.08 (Thu)

歯医者さんと諸々

今年の春、手術のために定期健診を先延ばしにしていたのですが、
秋口から、歯科医院に通っています。
月に1回か2回のペースで本日は仮歯をしっかり固定。
来月、旅行から帰って改めて型を取り、作り直して固定するのだそうです。
年内には終わりになるようです。

彼女のところに通うのは、ちょっと楽しみなことでもあるのです。
親戚なので、実家のみんなの様子が聞けたり、
彼女には小学生になる女の子がいるのですが、
その成長の様子などがわかるのが、なんとも楽しく癒されるのです。
小学生女子にはボーイフレンドができたらしく、
家に連れてきて、紹介してくれたのよ、なんて話してくれました。
治療しながら、小学生の時に好きだった人の話などして
口を開けたまま、笑いました。
そういえば、彼女の両親(父親は我が家から大学に通っていたのですが)
は、小学校の同級生どうしだなぁ、なんて思い出しました。
あっという間に楽しい時間、いや治療の時間は終わり、
来月の支払いにカードが使えることを確認して帰ってきました。

帰り道は、銀行に寄ったり、買い物したり、いろいろな用足しをして
お昼はデパートのイートインでいただきました。
一人でも入りやすいのですが、カウンター席なので、
お隣の方たちの話が全部聞こえてしまいました。

入院中のおばあ様に、生後6か月になる赤ちゃんの顔を見せたい、
と息子さんに頼んだのに、お嫁さんから、
病院には連れて行きたくない、退院したら、
と言われたことが、話題になっていました。
もう退院できないから頼んでいるのにね!
息子がガツンと言えないから、とか
女性3人で話は盛り上がり、そのうちお嫁さんから息子に矛先が変わり
最後は、子供なんて冷たいものね。とか、頼りにならないわね。
とか、子供のことはあきらめるしかないのよ。
なんてため息と共に話していました。
子供は他人よりも冷たいわよ、なんていう深刻そうな話し声に、
席を立つとき、その女性の方たちをチラッと見たのですが・・・
どういうこと?
なんだか生き生きとして、楽しそうな風情も見えました。

つまりは、そんなにシリアスな話じゃないってことなのね。
食事中、どうしても聞こえてしまうし、なんだかなぁ・・・

それで私の本日の学習。
一人で食事をするときには、男性サラリーマンの多いお店にしてみよう。
でした。
(あんまり外で一人、ということは無いのですが)








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









18:35  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.07 (Wed)

インタビュー

会社のバトンタッチをするにあたり、
私たちはM&Aの専門会社にお願いしました。
契約させていただいたのが年明け早々(だったような気がします)
そして6か月後の7月にはすべての手続きが完了していたので、
とてもスピーディー、スムーズに進行した案件だったようです。
で、昨日、そのM&Aの会社が発行している広報誌に掲載したい、
ということで夫と共にインタビューを受けました。

中小零細企業にとってはM&Aというのは馴染みが無く、
ハードルが高いと思われがちだけれども、実際に体験してみて、
そのきっかけとか、実際の進行について、また現在はどう感じているのか、
などをざっくばらんに話してください、という主旨でした。
インタビュアーの方から問われるままに、
思ったことを、夫と私それぞれの立場からお話しました。


こういう時、ほぼ必ず、創業時からの経緯を話すことになるのですが、
私にとっては、あんまり思い出したくない話題なのです。
以前にも書きましたが、3人の息子たちの子育てと、
会社での仕事の年月がリンクしていて、当時の自分のことを思い出すのです。
毎日が修羅場みたいに忙しくて、てんてこまいで、本当に必死だったのです。
自分のことなのだけれど、当時の自分が可哀そうに思えてしまい、
胸がいっぱいになってしまうのです。

過ぎてきた過去なのだし、今更可哀そうに、などと思っても
何にもならないのはわかっているのに、
泣きそうな気持ちになってしまう自分。
マルタとマリアの話ではないけれど、大切なことを見失い、
歯を食いしばっていた自分の姿が・・・我ながら痛ましいのです。




経営者の奥様に何か一言を。と言われて
会社をまったく手伝わない。
と言って笑ったのですが、あながち冗談ではないのです。
でも、そうはいかない場合も多々あるわけで、
一緒に仕事をするならば、
無理なことは無理と伝えて、自分ひとりで頑張らない、
ということだと思います。

経営者夫婦ではなくても、フルタイムで共働きをしているご夫婦など、
今も女性の負担が大きいのではないでしょうか。
ほんの少しでも余裕を持って女性が生きていける社会を望んでいます。
あんな思いは、誰にもしてほしくはありません。


さて、雑誌は年内に原稿が出来てきて、読ませていただき添削をするそうです。
どんなふうになるのかな。
ちょっと楽しみだったりします。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







15:09  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.05 (Mon)

諸般の準備

例年、この連休には、山荘に冬支度に行くのが常でした。
雪深いところなので、雪除けを家の周囲に取り付け、
また室内は保温のために、窓にビニールを取り付けるのです。
これだけで、ずいぶん寒さが違うのです。
そして灯油やプロパンガスの点検をします。
冬支度の後は温泉や美味しいお蕎麦を楽しみました。
息子たちや後輩の大学生、先輩方も加わっての宴会も
楽しく懐かしい思い出です。
鹿島槍の登り口、西俣の方まで歩いていくと、
黄金色のススキや見事な紅葉も楽しめました。
今年の紅葉はどんなでしょうか。
今年、後輩のS君が冬支度に入ってくれたようです。
三男も会えたかな?
・・・お世話様でした。有難う。

私と夫は下旬の旅行の準備をしていました。
足りない物を買い物に行き、スーツケースを出してみました。
まずは変圧器とかコンセントのプラグを買い、
携帯やタブレットの充電に必要な物や予備のバッテリー等々、
充電に関係する物をいろいろ揃えました。
昔の海外旅行とは準備する物も違ってきたな、というのが実感です。
カメラは持参しないで全部アイホンで済ませます。
携帯電話様々です。
そして、夫婦の常備薬。
これも昔はさして気にならない事でした。
出発直前に病院に行き、30日分処方してもらおう、と夫。
忘れたり、途中で紛失したらたいへんです。
年取ったな、と思いながらの準備でした。

本日、会社では年越しのための準備第一弾をしています。
カレンダーの発送やお歳暮の手配。
そしてゴミの処分。大掃除までに、古いカタログなどの整理を終えたいです。
昨日の礼拝後には、ハレルヤコーラスとクリスマスメドレーの練習もしました。

滞りなく、準備をして、今年を締めくくりたいものです。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:02  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.03 (Sat)

連休のわが家族

1年があっという間なら、1週間が過ぎるのも早い。
1日24時間だから結構な時間のはずなのに・・・

長男は10月初めからの約1か月の出張から
先週初めに帰国してきました。とたんに社宅に帰れず、我が家に1泊。
相変わらず、忙しそうです。
孫は息子の出張中に靴を履かせてもらって、伝い歩き。
赤ちゃんの成長は早い!! すぐに浦島太郎状態になっちゃうよ。
・・・成長といえば、息子もまた一回り巨大化したように見えました。

今朝ラインが来たのは三男で、
山荘のカギについての問い合わせでした。
友達と二人で宿泊したいそうです。
爺ガ岳スキー場で、バイクのモトクロスのレースがあるのかもしれません。
詳しい事情は知らせてこないけれど、見に行くのかな?と思っています。
山荘は、彼が2歳のころから通っていた、第二の故郷のような場所です。
これからの季節は、爺ガ岳、サンアルピナ、ヤナバ、白馬47とか五竜、
八方尾根とかさんざん家族でスキーをしたのも懐かしいです。
三男は大学時代、爺ガ岳でモトクロスに出場してあちこちケガしていたけれど
まさかもう出場はしていないよね。
山荘、有意義に使ってくれれば嬉しいな。

謎の男、次男はお休みなのかリモートワークなのか
よくわからない生活ぶりですが、今日は休みのような気がします。
朝、起こさないで、というのがひとつの合図かな。
お昼は一緒にいただきました。
部屋にエアロバイクを置いていて、規則正しくトレーニング。
外で、お日様浴びようよ。
今度、ゴルフをけしかけてみようかな、と目論見中です。

三者三様の連休。
夫と私は下旬のお休みのために、仕事とその準備です。

皆様、良いお休みを。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








15:19  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.01 (Thu)

今後の夢・希望

仕事は今まで通りにしているけれど、一応一区切りの
夫と私の今後の夢や希望は何だろう、とちょいと考えてみる。

夫はともかく、私の夢、希望はけっこう明確だ。
それは、退屈してみたい、ということなのだけれど、
おかしいだろうか?

昨日、社労士さんや社長と話しをしている時に、
そう口に出してみたのだが、全員から、間髪を入れずに
ムリ。ムリ。ムリ。絶対に無い。
と言われてしまった。
別の方からも、同じように言われていたので、
私には、そんなに不向きな将来像なのだろうか?

でも、やっぱり、私は退屈してみたい。

仕事が無くても、今は常に家での雑用が頭から離れない。
母の遺品処分、家の片づけ、念入りな掃除、写真や本の整理、
着物や衣類、寝具類の始末などなど、ありとあらゆることが
そのまんま放置状態だから、それを気が済むように片付けて、
まずは懸案事項をゼロにしてみたい。
本だって、いつか読もうと購入していたものは全部読む。
思い出の写真や品物の整理も、時間を気にせずやってみたい。
納戸の中で、出てきた書類やらあれこれに気を取られ
読みふけったりして、時間を無駄に使っても気にしない。
たっぷり時間をかけて、片付けるのだ。

そうして、めでたくそれが完了した暁には、
朝起きて、日々の家事仕事をこなしたら、
もう、やることが何にも無い!! 退屈だ!!
とニンマリするのだ。
リビングのソファーに寝っ転がって、朝からうたた寝をする。
なんてステキなんだろう。

私の退屈生活のイメージなのだ。
残念ながら、私は勤勉でも努力家でも無い。
自分らしい将来の夢だと思うのだけれど・・・

目指せ、人間版なまけもの生活。
ダメかな?













にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






10:42  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |