FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019'05.30 (Thu)

写真

登戸の殺人事件。
容疑者の写真をたまたまテレビで見たのだけれど、
50代のその男の写真は・・・どう見ても、中学時代の物のように思われた。

12歳から15歳までの3年間。
そのどこかで撮られた写真が、最後の物だったのだろうか。

人はどんな時に写真を撮るのだろうか、と考えた。
何かの記念。楽しい事や嬉しい事の、その刹那を
切り取り、留めるために、写真を撮るのではないだろうか。
また、証明書や免許証、パスポート等々、社会とつながり
自分自身を明らかにし、様々な手続きをするためにも、
撮影するのかもしれない。

中学時代の写真しか無いのだとしたら・・・
いったいどんな人生だったのだろうか。

社会の格差、分断、いや、そういうものではなくて
無きがごとき、存在そのものを無視されてしまう。
そんな人生だったのだろうか。
家宅捜索からは、パソコンも携帯電話、スマホの類はみつからなかった
とも報道されていた。

人間は社会的な動物だ というアリストテレスの言葉。
犯人を生みだしたのは、この社会でもあるのだ。
殺人は許されるものではないけれど、
社会的に抹殺されてしまったかのような犯人に対して、
痛ましい! という気持ちもしてしまうのだ。
私も、この社会の一員なのだから。


写真。
私に、一緒に撮ろうよ!! と声を掛けてくれる人たち。
恥ずかしがったり、遠慮したりしないで、有り難く
そんな人が周りに居てくれることを感謝して、映していただこう。

そういえば、父は一人で写真館に行き、写真を撮ってもらってきた。
あれは、自分の遺影のつもりだったのだろうな。

自殺した犯人の遺影は・・・

死して彼はどくへ行くのだろうか。











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

13:53  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.30 (Thu)

今すること。

日曜日の午後、教会の皆さんと、お散歩遠足がありました。
去年、私は術後1か月とちょっとだったのですが参加しました。
今年も参加して楽しい1日を過ごせました。
歩きながら、昨年のことを思い出し、1年過ぎたのだな、
とちょっとしみじみ。

病気をして、今という時の重みを感じています。
今しなければならない事、今やりたいこと、
それを先延ばしにする理由はありません
去年1年間は、いろいろとずいぶん動いたものだ、
と改めて感じました。

会社の引継ぎだって、いろいろな人から
よく、思い切りましたね。
と言われましたが、やはり病気したことが
大きな引き金になっていることは間違いないのです。
イスラエルへの旅行も、今なら行ける、と思ったのです。
これも病気しなければ先延ばしにしたかもしれません。

どんな出来事も必然。
それが今につながっている。
病気も嬉しい出来事ではなかったけれど、
私には必要なことだったのだ、と思います。

今を感謝して、楽しみたい。
欲張りに、やっていこう。
そんな思いを強くしたお散歩遠足でした。
8DA590D7-bb.jpg
見学した博物館にあったネパールの太鼓。我が家にも1つあります。遠い昔の夫のお土産です。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









09:10  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.27 (Mon)

新人のドキドキ



組合を退会して、その処理も終わりになります。
本日その連絡電話がありました。
還付金があるので振り込みます。
永らく理事をしていたので、夫に最後の総会に出席して欲しい、
というような内容でした。

一通りの用事が済んで電話を切ったら、
新人事務員のSさん
還付金ってまずくないですか? 還付金詐欺って言うじゃないですか。
と言ってくれました。

組合とのやり取りだから大丈夫、と言ったら、笑っていました。

私は昔、近所の信金での出来事を思い出しました。
キャッシュコーナーで操作を始めたタイミングで
会社から電話があり、電話でやり取りしながら操作していたのですが、
小さな女の子が
大変だ! 携帯電話しながらやってる。
と職員の方を呼んできたのです。

勇気ある、賢い女の子でしたが、私は皆に大爆笑されました。

あれから既に何年も経過しています。
還付金詐欺。オレオレ詐欺。
自分だけは大丈夫、なんて思わない事ですね。

心配してくれてありがとう。











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.24 (Fri)

結婚記念日

ようやく、株式会社スリーエフ、最後の決算が確定しそうです。
事業を引き渡す、引継ぎをする、などという経験をしたことが無いので
なかなか難産でありました。
税理士さんと共に、漸くホッとしています。

4月からの新しい1年を、皆で協力して進んでいってもらいたい、
そう願っています。



今日は結婚38年目の記念日です。
昨日、一日早く夫に誘われて食事に出かけたのです。

ホテルの新料理長に就任した方の記念メニューなのだそうで、
シャンペンもワインもお料理もとても美味しかったです。


夫の知り合いの方がホテルにいらして、ご挨拶に来て下さいました。
それに可愛らしいケーキのサービスもいただいて、恐縮しながら、
でもとても嬉しかったです。

IMG_1189aa.jpg

FullSizeRenderbbb.jpg

IMG_1194cc.jpg


夫と私の今年度の目標は、正しいタイミングで
完全フェイドアウトすることだね、などと話しました。

明日の事はわからない、とは言うけれど、
40年めも一緒にお祝いできますように。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:02  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.17 (Fri)

なんやかんや

長男は、連休明けから、今までと同じ多忙っぷりで
我が家に長逗留しておりましたが、昨日の朝、出社際に
今夜からまたミャンマー出張だから。
4,5,6日? かな。
なんて言って出かけていきました。ビックリ。
家族のところに帰らなくて良いのかしら、
なんていう心配をしなくて済むし、食べる物も気にならないし、
出張ならやれやれ、なんて思う反面・・・少し寂しかったりする。
帰ってくるまでに、寝具の洗濯をして、布団干しをしておこう。


親友のAさんに二人目のお孫ちゃんが産まれました。
早速写真を送ってくれて、赤ちゃんとやさしそうに微笑む彼女の姿に感激。
そこに居るだけで、赤ちゃんは幸せを運んでくれますね。
あのいたずらそうなサッカー少年が親になった。
高校生だったAさんと私もおばあさんになる。
時の流れを感じて、なんだかウルッとしていたら続けてメール
赤ちゃんはお嫁さん似のガッツ石松、と息子は言っています。
だって。 ガッツ石松!! 笑いました。


独立起業している知人が久しぶりに訪ねてくれました。
経営コンサルタントである彼。
話を聞いているととても良い仕事をしているのだと思いました。
入社して欲しい、とスカウトされている、というのですから。
でも、コンサルタントとしての仕事を頑張りたい彼。
経営コンサルタントだとて、自営業の厳しさは皆同じ。
中小、零細企業の社長は、みんな厳しい局面で踏ん張っているのだと思います。
まずは話をしっかりと聞き、その気持ちに共感すること。
痛み、苦しさをわかった上で励まし、勇気づけ、一緒に前を向いて歩きましょうよ、
と言えるのだと思うのです。経営プランはその先にあるのだと思います。
顧問先が増えると良いね。
必ず、今の経験が相談者のお話を聞く時の糧になるはずです。
成功をお祈りします。


週末です。
夫は内藤廣さん(建築家です)が登壇するセミナーに出かけていきました。
朝から、楽しみだ、とルンルンしておりました。
誘ってくださったのは、赤羽のティンバーハウスの時に
ご一緒させていただいたミサワの方です。


私は・・・チビチビ飲みながらゆっくり本を読むか、断捨離するか。
夫のお勧めは、岩波新書 マーティン・ルーサー・キング
今朝、机に置いてありました。夫、感動したそうです。
私は、本の山の前で迷ってみるのも楽しい・・・なんて言ってないで
処分しなくちゃね。
などと妄想は巡ります。

皆さま、良い週末をお過ごしください。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




18:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.16 (Thu)

楽しく美味しい食事会

昨日は設計事務所ビービーアールの
蜂屋さんご夫婦と川村さん、それにわが社のA君、私たち夫婦の
合計6人での食事会でした。

先日お引き渡しをしたM邸のご苦労様会ですが
スイスでも仕事をしている蜂屋さんから、以前お土産でいただいた
赤白のワインを皆で頂く会でもありました。

お店はいつものしゅくりあ。
美味しい!! と喜んでいただけて、お店を決めた私も嬉しかったです。
ワインも、お料理も美味しくて大満足。
そして皆さんとの話も楽しく、幸せな時間でした。
37A63AA4-F564-499B-A2A8-E8238D20FC22aa.jpg

36D381BC-F653-414F-A719-1277ADEEBF5Eee.jpg

6D0F439B-CD04-40AA-A75A-1927E93E8815cc.jpg

6E3A91EA-91F6-472E-9E67-02D1089F37B9dd.jpg

6BC53B2B-536D-457E-80AB-1543000DEF23bb.jpg

c_20190516180608e78.jpg
いただいた物の一部です。食べすぎと思いつつ、全部いただきました。


施工会社にスリーエフが決まると、
これでもう大丈夫、と私たちがとても安心できた。

そう言っていただけたのが、私は心に残りました。
有難く、嬉しい言葉、評価です。

新しい体制になっても、この評価が変わらないように。
そして益々、皆さんから信頼していただけるように。
陰ながら私たちも応援しよう。
夫とそんな話をしながら帰りました。

みんなガンバレ。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







18:08  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.15 (Wed)

責任はあるけれど、権限は無し

昨日は税理士さんが来社していました。
スリーエフとしての最後の決算を纏めるためなのですが・・・
引継ぎをした新会社との整合性など、そう簡単にはいかず、
来週また仕切り直しとなりました。
あと少し。頑張ります。


会社の統合や、この度のリフォーム工事などを経験してみて、
小さなことから大きなことまで、命令系統がしっかりしている事と、
ある程度の権限を付与されている人が必要で、
その上で物事は決まり、動いていくのだな、と改めて感じています。

全員が横並び、全員納得、全会一致は理想としてはわかるけれど、
それを求められても時間的にも、現実的にも大変な困難が伴うし、
不可能ではないか、とも思います。



責任者、リーダーという立場が与えられてはいるけれど、権限は無い。
極力、多くの合意を最短で取り付ける。そして計画を実現する。
そんな仕事をしなければならないとしたら、さぞ苦しいだろうし、
何か秘訣はあるのだろうか、と心配にもなる。
でも、やらなければならない・・・

私が思いつくのはただ一つ。
極力、すべてをオープンに開示していくこと。
言わなくてもわかる事なんていうことも、言葉にして記録に残し、
暗黙の了解なんてことはしないで、了解も拒絶もはっきり示すこと。
そして、そこに至る過程も含めてガラス張りにして、
かかわる人全員に意見表明の場を与えること。
(意見表明をするかしないかは、各々の問題なので)
公式の場以外での発言は玩として聞き入れない。
場外乱闘には加わらない。話を聞くのも公式の場、を貫く。
それしかないのではないか、と思っています。

非現実的だろうか。
でも、そうでもしないと、ゴールにはたどり着けない気がしています。

まっすぐに目的を見据えて、自分に与えられ、求められている役割を
遂行することだけを考える。

あとは、人から何と言われようが、どう思われようが
全て受け入れるのみ。

人間力が試されるのだと思います。

ガ ン バ レ !!
祈りましょう。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





15:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.13 (Mon)

神楽坂で食事

週末土曜日、三男の中高時代のママ友さんと3人で食事をしました。

同じバスケット部で6年間一緒に活動していた息子たち。
合宿の度に、食事の手伝いに通ったり、試合の応援に行ったりと
母親どうしも自然に親しくなったのです。
クラスが一緒になったこともありました。
学園祭も一緒に見学に行って、中の一人の女装が
美しいのにビックリしたりしたのも、懐かしい思い出です。


IMG_1165aa.jpg

IMG_1166bb.jpg

IMG_1167cc.jpg
いただいたものの一部です。

食事をしたのは神楽坂のイタリアン。
とても美味しいお店でした。
一人、還暦を迎えた人が居て、記念の同窓会には、
何か赤い物を身に着けていく、というルールなのだそうです。
神楽坂をプラプラ歩きながら、赤い物を探しました。
バッグはどうか、アクセサリーは? ハンカチ、靴下、ウォレットは?
などと楽しく話しながらそぞろ歩きました。
赤城神社では、売店に何か赤い物が見えたので早速見に行く友人。
でも、購入せずに戻ってきました。
安産のお守りだった。
全員大爆笑して、また探しながら歩きました。

学生時代に過ごした神楽坂は、料亭があり、三味線の音が聞こえていて、
足袋とか三味線のお店、草履や下駄屋さん、などがありました。
写真館のショーウィンドウには学長の写真。
今のようにオシャレな街ではありませんでした。
学生に縁があったのは五十番。
前日のシュウマイや肉まんを格安で売っていたのです。
五十番はビルになっていて良く通った喫茶店も無くなっていました。

今は昔。学生時代は遠くなりました。

全員息子たちが就職して、やれやれだけれど、
親の介護や仕事の区切りなど、
私たちの世代なりの責任は、やはりついて回ります。
それに自分たちの健康もいろいろと気にかかります。
ほがらかに、乗り越えていきましょう。
1年に1回は会いましょうね、と約束して別れました。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





16:25  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.10 (Fri)

国宝の建物に入る

ゴールデンウイークに一人でツアーに参加したのは
久能山東照宮の一夜限りの特別拝観があったからです。
夜、国宝の久能山東照宮御社殿の中に入り、
特別拝観をして、写真撮影も許される、という企画でした。
建物の中に入れる、というの、魅力的ではないですか。


大工棟梁が中井大和守正清という方だそうで、
1616年(元和2年)5月着工、翌1617年12月に完成したのだそうです。
1年7か月という短期間に造営されたということになります。
解説によると、当時最高の建築技術・芸術が結集され、
権現造、総漆塗、極彩色の御社殿は江戸初期の代表的建造物として
国宝に指定されている、ということです。

権現造、ということで、本殿と拝殿の間に一段低い石の間がありました。
私たちは、その拝殿の2列目から後ろの畳の上に座り、
建物を見たり、解説を聞いたりすることができました。
ちなみに2列目から前は神職しか立ち入れないのだそうです。

IMG_1116a.jpg

柱も漆黒のうるし塗。
天井の装飾も極彩色で、日光の東照宮に似た風情でした。
きらびやかなだけでなく、相当に手の込んだ技巧。
職人の技と気迫のこもる建物だと感じました。

たった1年7か月で完成させた、その原動力は何だったのか。
そんなことを考えながらしばしそこに座っておりました。

生憎の雨だったのですが、ライトアップされた建物も
しっとりと落ち着いた美しさでした。

余韻を味わいながら、雨のロープーウェイで戻りました。

濃密な時間でした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









16:34  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.09 (Thu)

リボーン

会社のリフォームもだいぶ進み、今日は全部の窓に
ブラインドが取り付けられました。
机の配置も変わり、大量の書類も思い切りよく処分して、
すっかり新しいオフィスになりました。
後は、ごちゃごちゃのネットワークや電話などの配線をやり直し
その後、床のタイルカーペットを張替えれば、完了なのだと思います。
刷新されたピカピカの事務所。
皆もフレッシュな気持ちなのだと思います。

建物は、リフォーム工事をすれば見違えるように生まれ変わります。
でも、私たち人間はリフォームのように劇的に
ガラッと変わるのは困難なのかもしれません。

より良い自分になるために自分を見つめなおそう、
と言っても、今の自分の能力、見識、教養、などなど、自分の限界を
飛び越えて、物事をそして自分自身の事だって、
理解するのは困難なのです。
同じ経験、学びの場があっても到達できる境涯には差が生じる。
所詮は、自分なりにしか、物事の理解はできないのですから。
良心とか、判断の基準になる軸足もまた限りなく自分に甘い、
ということははっきりしています。
意識しているか否かにかかわらず、人は自分に甘いし保身にも走る。
そういう習性を無意識に発揮しながら、
日々を自分なりのその時々の倫理観で生きているのかもしれません。

生きてきたようにしか死ねない。
どんな人たちと、どんなふうに生きていたいのか。
それもまた、自分の力量次第。

残り時間の方が確実に少ないのだから
よりよく終わりを迎えるためには、時間をムダにはしていられません。
しがらみ、責任、いろいろな物を断ち切って
学びを深め、真摯に求道の道を歩みたい。

信仰の道が守られ、導かれますように。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




15:46  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.07 (Tue)

こどもの日・こいのぼり

長いな、と思っていたゴールデンウイーク。
10日間のお休みもあっという間に過ぎていきました。
皆さまは、どんな休日を過ごされたのでしょうか。

去年のゴールデンウイーク、私は手術を終えて退院したばかり。
お天気が良かったので、六義園や光が丘公園などを
夫と共にゆっくりと歩いて、散策していたのでした。
あれから1年。めまぐるしかったなぁ、そして元気になれたなぁ、
というのが実感でした。

寮から帰ってきた三男とも今回は話す時間がありました。
夫と私でやっていた会社の運営について問題点を指摘して、
会社から退いたのは、良い判断だ、と褒められ
あまり長々、顧問なんて言って居座らないことだよ。
なぁんていう助言までいただいちゃいました。

・・・私、笑いはしませんでしたが、たった1年の社会人生活で
ずいぶん変わったものだ、という感想を持ちました。
そういえば、入社して1年くらいたったころ、
長男も同じようなこと、自分の会社はだからダメなんだ、
みたいな発言をしていたのを思い出します。
天下国家を睥睨するような大真面目な言い草。
ガンバレ、青二才、です。

息子たちは成長します。
これから本当の意味で自分の人生を歩いていくのです。
孫も、ヨチヨチと歩き、バーとかデンデンと言葉も出るようになりました。
元気にほがらかに歩いて欲しい、と願った子供の日でした。
大昔の子供、我が夫も、第二の人生を元気にほがらかに歩きましょう。

甍(いらか)の波と雲の波
重なる波の中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる朝風に
高く泳ぐや、鯉のぼり

開ける広き其(そ)の口に
舟をも呑(の)まん様(さま)見えて
ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には
物に動ぜぬ姿あり

百瀬(ももせ)の滝を登りなば
忽(たちま)ち竜になりぬべき
わが身に似よや男子(おのこご)と
空に躍るや鯉のぼり






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:09  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |