FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019'05.10 (Fri)

国宝の建物に入る

ゴールデンウイークに一人でツアーに参加したのは
久能山東照宮の一夜限りの特別拝観があったからです。
夜、国宝の久能山東照宮御社殿の中に入り、
特別拝観をして、写真撮影も許される、という企画でした。
建物の中に入れる、というの、魅力的ではないですか。


大工棟梁が中井大和守正清という方だそうで、
1616年(元和2年)5月着工、翌1617年12月に完成したのだそうです。
1年7か月という短期間に造営されたということになります。
解説によると、当時最高の建築技術・芸術が結集され、
権現造、総漆塗、極彩色の御社殿は江戸初期の代表的建造物として
国宝に指定されている、ということです。

権現造、ということで、本殿と拝殿の間に一段低い石の間がありました。
私たちは、その拝殿の2列目から後ろの畳の上に座り、
建物を見たり、解説を聞いたりすることができました。
ちなみに2列目から前は神職しか立ち入れないのだそうです。

IMG_1116a.jpg

柱も漆黒のうるし塗。
天井の装飾も極彩色で、日光の東照宮に似た風情でした。
きらびやかなだけでなく、相当に手の込んだ技巧。
職人の技と気迫のこもる建物だと感じました。

たった1年7か月で完成させた、その原動力は何だったのか。
そんなことを考えながらしばしそこに座っておりました。

生憎の雨だったのですが、ライトアップされた建物も
しっとりと落ち着いた美しさでした。

余韻を味わいながら、雨のロープーウェイで戻りました。

濃密な時間でした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









16:34  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |