FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019'06.27 (Thu)

Delete 消えること

パソコンやサーバーの中を整理しています。
結構膨大な量の写真やファイルがあるのです。

会社を創業したころは、パソコンなんて無かったのでした。
それからワープロを使い、そのうち見積もり単独の
パソコンを使い始めたのでした。MS-DOSだったなぁ。
データの保存先もフロッピーからCDR、USB
そしてサーバーからクラウドへ・・・あっという間の変化でした。

サーバーのアーカイブホルダーの写真。
社員の皆も、夫も私も、若々しくてピチピチと張り切っていました。
保存しておこうかな、とも思ったのですが
使い道は、と考えると、もはや
思い出以外の使い道なんてなさそうです。
潔く、いやちょっと躊躇しながらDeleteしました。

いろいろな写真にちょこちょこ映っていた息子たち。
小さくて、生意気で、可愛かったなぁ。
彼らも大人になって長男は親にもなりました。
時は巡る。
彼らも、彼らの時代の中で、喜び、悲しみを繰り返して
年を重ねていくのでしょう。(なんだか中島みゆきみたい・・)

さて、昨日の女性ゴルフの会には、1通のハガキが届いていました。
80代の女性からの退会願いでした。
10歳以上年上のご主人の介護のために
退会せざるを得ないのだと書かれていました。

皆さんと楽しくゴルフに励んでいたころや
四季折々の美しいコースのことなど思い出しています。
もう少しゴルフを続けたい、と購入した安全に配慮した車も
今は主人の介護に使うのみになりました。
・・・・老々介護で大変なこともありますが、これも自分に与えられた
最後の務めと思い、頑張ろう、と自分を励ましています・・・

私はお目にかかったことの無いメンバーの方ですが、
回覧されてきたハガキを読んで、切ない思いが溢れました。
あと20年くらい先の自身の姿を皆さん想像しながら
読んでいらしたように思いました。

Delete
会から消えてゆく。
人も記憶の中から消えてゆく。

私も夫もいつか消えてゆく身。
粛々と受け入れて、正しく消えていきたい。

祈るのみ。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









10:56  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.24 (Mon)

山岳部のOB総会

土曜日は、大学山岳部のOB総会でした。
総会の後は場所を移しての懇親会。
現役大学生も10人くらい参加してくれて、賑やか、和やかな会でした。

現役大学生の中には建築科も薬学部の人も、居ませんでした。
理学部の物理と化学の学生が多かったように感じました。
当然かもしれません。あちこちにキャンパスが広がって
まとまって活動しにくいのでしょう。
私の頃は、神楽坂に理学部も工学部も薬学部もあったのですから。
今は、それぞれのキャンパスで独自に活動しているのでしょうか?
・・・神楽坂の山岳部に金町の山岳部、なんてことになっているのか、
なんだか想像しにくいです。
そもそも、山岳部は不人気なのでは、と思っていましたが
今年は1年生が10人入部したそうで、びっくりです。
しかも女性部員も2名居るそうです。
卒業まで楽しく続けていってくれたら、と願っています。

先輩方は体調を崩された方もいらして、
いつもより寂しい気がしました。
夫や私たちの代から下は、仕事や家庭の事で忙しい盛りなのでしょう。
出席が少ないのは致し方ないのかもしれません。
息子たちを見ていても、海外駐在だ、長期出張だ、と
あちこち移動していて、お休みできる土日は貴重なのでしょう。
また勤務先が地方だったりすると、やはり出にくいのでしょう。
今回事務局をしてくれているY君は秋田から出席してくれました。
本当に有り難いことです。

こういう団体の会費徴収とか、幹事の人選とか
何より活動の活発化って、何か妙案はあるのでしょうか?

高齢化、先細り、なんて寂しい現実も予想されますが、
そんな中でも、分相応な、可愛らしい会の旗を制作することになりました。
これはなんだかちょいとウキウキしてきます。
届くのが楽しみです。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







17:26  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.21 (Fri)

新人二人

会社で事務の仕事をしている新人女性二人。
お昼は私とAさんも含めて4人で一緒にお弁当をいただいています。
自分のお弁当のついでにお味噌汁や果物を差し入れるのですが、
我が家の息子たちのような無言とは違い、
すいか嬉しい!! とか、
わぁ、メロン!!
なんて華やいだ声で言ってくれて
今日などは、何の変哲もないなめこのお味噌汁を
なめこ、自分で買わないから、と喜んでくれました。

若々しい彼女たち。
うまく仕事に馴染み、やりがいを見つけて
・・・そして幸せな人生を歩いて行って欲しいな、と願っています。
私にもあのくらいの年齢の娘が居ても良いのですよね。

個性の違う二人ではあるけれど、
きっと協力しながら仕事をしていってくれるはず。
そう思っています。


お昼休みには、お嫁さんが送ってくれる
孫の写真や動画を見るのも私の楽しみです。
電車が大好きで、電車のことをデンデンと言えるようになり、
ゴリラの真似をして胸を叩き、ゴ、と言えるようになりました。
長男と孫が映っている写真を見てしみじみ。
息子も親になったのだなぁ、と思います。

死ぬまで親であり続ける、とは言うけれど
夫も私も子育ての第一ラウンドは終了したようです。

君たちの人生は始まったばかり。
そして、夫と私の人生は、これからも続く。
Your life is just beginning!
 Life goes on!   

Take it easy!





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









16:49  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.20 (Thu)

若さの秘訣

先日、ミュージカルを見に行きました。
夫がサプライズでチケットを購入して誘ってくれたのです。
シアターオーブで上演中の「ピピン」でした。

見ごたえのある素晴らしい舞台でした。
特に拍手喝采だったのは、ピピンのお祖母さんでした。
私が見たお祖母さんのキャストは、前田美波里さん。
ダブルキャストでもう一人は中尾ミエさんなのですが、
お二人の若々しさに、本当にビックリしてしまいました。
長いドレスを脱ぎ捨てて、バニーガールのような衣装になりましたが、
71歳とは思えないプロポーションでした。
高いヒールの靴で歌ってパワフルに踊り、
圧巻は、空中ブランコでした。
片手でつかまり、グッとのけぞり、
腰を支えられて水平に手を広げて体を維持する。
体幹の強さ、筋力。鍛錬のたまものなのでしょう。
中尾ミエさんは73歳だそうで、本当に敬服です。
客席の中高年は大喝采。たいへん盛り上がりました。

お二人は別格なのかもしれませんが、
ご高齢でも体力を維持している方はたくさんいらっしゃいます。
ホームコースの女性ゴルフ会では、60歳なんてまだまだ若手です。
70、80、90歳に近い方もいらっしゃって、
皆さんラウンドレッスンを受けて上達を目指し、
エイジシュートを達成した方もいらっしゃるのです。

我が母は70代の初めころから、既に認知の症状が出ていました。
・・・この差は何なのか。考えさせられます。

学生時代の友人たちも、続々と退職する年齢になっています。
これから先の20年、もしかしたら30年、どんな時間が待っているのか。
できるものなら、元気に年をとっていきたいものです。

自分を甘やかさないで鍛錬する。
働いている、というのも元気の秘訣でしょうか。
前田美波里さんも、中尾ミエさんも、
現役で舞台に立っているのですから、仕事をしているのですものね。

夫とともに、すごいなぁ・・・と感嘆しながら帰ってきました。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




15:31  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.18 (Tue)

7月末のワクワク

私には今から楽しみにしている日曜日があります。
7月下旬の日曜日、大学時代の友人の家に
持ちよりで集まり、ランチをするのです。
その日は教会での礼拝はお休みします。

一昨年、その友人は脳出血で倒れ、
一命はとりとめたけれど高次脳機能障害と診断され
長い入院、リハビリの後、退院にこぎつけて、今に至るのです。
今年、彼女から手書きの年賀状が届いた時は
思いがけ無い喜びに、涙がこぼれそうでした。

遠くに外出はできないけれど、自宅でなら会えるよ。
と言ってくれた友。
よくぞ、ここまで回復できた、と感無量です。
仲の良かった3人でまた集まって、おしゃべりして
他愛無いことでたくさん笑いたい。
そう思っています。

命あればこそ。
今あることを感謝して、楽しく温かい時間を過ごしたい。
良く頑張ったね、と友をたくさん褒めてたたえたい。

ご主人も大学の同期です。久しぶりに彼に会えるのも楽しみです。
(でも、誰だかわからない、なんて事になったりして。ドキドキ)


Without friends no one would choose to live, though he had all other goods.
友が居なければ、他のあらゆるものが手に入っても、
人は生きることを選ばない。
アリストテレス


しみじみ、納得しています。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:28  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.17 (Mon)

自分と友達になる

新しい1週間が始まります。
週の初めに教会に行き、礼拝を守り、心静かに自分と向き合うのは
自分をリセットして、歩み始めるのに大切な時間だと思います。

昨日の説教は、ひときわ私の心に響きました。
詩篇がテキストでした。
困難のさなか、悲嘆に暮れるダビデ王が
神に向かい、なぜ私を見捨てているのですか。
私のこの声が聞こえないのですか。
と問いかけつつ、また自身に対して
私は何を恐れ、おじ惑っているのか、と自問しているのです。

なんでこんなひどい目に合うのか。
こんな人生は望んでいない。私の願いなど届かない。
産まれてこなければ良かった。早く死にたい。

そう思う時は、ありままの気持ちを祈りにぶつければよいのだ、
というお話がされました。
ダビデ王のみならず、聖書の中には、
悲惨な状況で、神に向かって怒り、慟哭している場面が
たくさん出てきているように思いました。

そしてそんなに時、少し視点を自分から離して
自分自身と対話してみては、とも話されました。
何を悲しんでいるの、自分。
何がそんなに困難なの? 私さん。

自分の声をよく聞き、共感して認め、褒め、慰めるのだそうです。
辛い状況で、本当に良く頑張ったよね。
私はなかなか良くやっているよ。と。

そして、次に、どうしていけば良いのか、
自分にアドバイスしてみるのだということでした。
その大前提は、
あなたに意地悪したり、困らせたり、
悲しませたりするようなことは、神はなさらない。
ということだと語られました。

大切なのは、辛いこの状況をどう受け止めるのかということ。
そうして、慟哭し、自分で自問し、励ましたり落胆したりしつつも
毎日を過ごしていけば、そんな時間の積み重ねから、
トンネルを抜けていることに、ふと気づくこともあるのだ。

そんなお話でした。

信仰、神という視座が無いままに
自分との対話を繰り返していけば
僻みを募らせ、世間に怒りが向かい、
自分だけの負のループに陥りかねない、
そんな風にも感じます。いびつな自分にはなりたくありません。

辛いのはあなただけではない。
誰の人生にも試練がある。ダビデ王だって
品行方正だったヨブにだって。

涙を流しながら歩く道だって、無駄、無意味なことは無い。
前を向きましょう。


励まされる思いがして、教会から帰ってきました。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









10:55  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.12 (Wed)

悠々自適の老後

先日、ゴルフ場へ行くクラブバスに乗っていたら
まだまだ現役世代の若い方たちのグループがいらして
その方たちの話が漏れ聞こえてきました。

お金の心配さえなければ、サッサとリタイアして
もっとゴルフしたり、旅行に行ったりしたいよなぁ。
物価の安い海外に移住したら良いんじゃないかな。
かみさんの実家に移住しても良いかも。
ゴルフ場は近いし、海が近いから魚も美味いしさ。

などと楽しそうに盛り上がっておりました。

年金だけでは不足だから、2000万円貯蓄しなさい、
なんてことが話題になっていますけれど、
多分、それは事実なのだろう、と私は思っています。
仮に、2000万円以上の貯蓄があったとしても、
サッサとリタイアには大前提があると思うのです。

心身共に健康であること。
そして子どもやその家族も含めて、どうにか身内としての
人間関係を保てていること。

私や夫が病気になるなんて、その診断を受けるまで
思いもよらない事だったのですから。
そして、病気を道連れに歩いて行くのに、
家族や身内の助けなしでは本当に厳しかったと実感するからです。

クラブバスの中で、
病気とうまく付き合いながらの老後も悪くはないよ。
諸々心配事は尽きなくても、リタイアの時はやってくる。
全て、こんなものさ、と受け入れて、まあまあだったね、
と思うのさ・・・なんて一人心の中で思っておりました。

2000万円貯めなさい、なんて言われているけれど、
老後に備えるだけじゃなく、若いうちに楽しいこともたくさん経験してね。
ゴルフも旅行も、美味しい物を食べるのも・・・
思い出は必ず老後を豊かに彩ってくれる、と私は思っています。
ガンバレ~~!!



さて、我が3バカトリオ。
アリなんだかキリギリスなんだかわからない暮らしぶりをしております。
長男が、
ミャンマーとかタイに行って、最後は托鉢しながら人生を終える。
どうにでもなると思う。
なんていうのを次男、三男とも、なるほど~~!
なんて感心しながら聞いておりました。

母・・・なんだかちょっとドッキリして、ゾクッと寒気がしたりして。

彼らが老後を迎えるころは、どうなっているのかな?









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









16:44  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.10 (Mon)

気鬱

週末土曜日は会社の総会があり、
日曜日は教会の礼拝とそれに続いての会議他。

週末の土日はそれなりにウイークデーとは別の用事があり、
どことなく仕事の時間の延長のような気もしています。


様々な会議の場で、自分がした発言を思い返し、
さらには、今までの仕事上での自分の発言、立ち位置を思い返してみて、
なんだかなぁ、とため息をついている自分がいます。
私はケンカ軍鶏か?

人からどう評価されようと、かまってられない。
自分の意見ははっきり言うぞ。
会社の中では今まで、社員の気持ちや意見を代弁してきたつもり。
社長である夫に強く主張してきた。
だって私じゃなきゃ言えないじゃん。

誰に対してもひるんでなどいられない。
言わなければならない、と思えばどんなに言いにくい事も言う。



でも、無言を貫いている人はどんな意見の持ち主なのか。
私に異を唱えるわけでもなく、
人によっては、はっきり言ってもらえて助かった、なんて言ってくる。
じゃあ自分で発言してよ。何も言わないでいてそう来るか?!

これを、私はどう考えれば良いのか。
ケンカ軍鶏であり続け、長い物にも巻かれないぞ、
と踏ん張り続けるのには、気力、体力、それに何よりも
強い当事者意識、確たる想いが必要なわけで・・・

それもこれも、少しシンドイ。
流れに身を任せて、貝のように口を閉ざし
私の気持ちや考えは、ご想像にお任せしておく・・・
それも有りではないか。
なんて思う今日この頃。
これが年とって丸くなる、ということか、
それとも、自分という人間が萎えているのか。
・・・梅雨のせいか、体調が今一つのせいか、抑うつ気味。


こんな時もあるよね。
そういう時はウダウダと時間をやり過ごそう。
もはや、執念を燃やしていた家のリフォームもどうでも良し。
このままでも、誰も困らないのだ。
騒いでいたのは私だけ。


・・・いつか、体も心も、元気になるのかな。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









15:47  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.07 (Fri)

群馬続きですが

夫は夕べお呼ばれで、群馬県立前橋高校京浜同窓会
というのに出席させていただきました。
夫の母校、高崎高校にも京浜同窓会というのがありますが、
地元での同窓会とは別に東京でも同窓会をしている、
というのが都立高校出身の私にはなんだか物珍しかったりしたものです。

前橋高校と高崎高校は、地元のライバル校で
定期戦とかいう、大運動会みたいな試合があるそうです。
自分たちの代は勝ち越したとか何とか、かなりエキサイトして
話してくれたのも思い出します。

前橋高校の同窓会に出席したのは初めての経験で、
講演も有意義で興味深い、おもしろい内容だったそうです。
時間が無い、というのに質問した面白い方の話とか
(結局最後は講師の方から、もうやめてくれ~~!と言われたそうです。
面白過ぎる)
校歌や応援歌の話などもしてくれました。
校歌や応援歌は高崎高校の方が良いけど、凱旋歌はすごく良いなぁ。
なんて言っていました。

ライバル校なので進学実績なども気になるところなのでしょうが
夫の場合は、運動系の成績の方が気になるようです。
前高は高校総体で連続優勝して、この前は3位だし、すごいなぁ。
とか山岳部の成績なども前橋高校が優勝していて、
高々は定期戦では勝っているのに・・・なんてぼやいておりました。
進学実績はあまり関心が無い様子。
(綱引きとか玉入れの定期戦で勝っていてもねぇ・・・なんてこっそり思っていたのは内緒です。)

お土産は、前橋のお店の焼きまんじゅうでした。
お味噌のたれをつけて香ばしく焼き上げるのです。
結婚してから焼きまんじゅうを初めて食べたと思うのですが
これは、寒~~い群馬の空っ風に吹かれて食べると
ひときわ美味しいような気がします。
私の中のベストワンは、スーパーの駐車場で販売していた焼きまんじゅうです。
寒いし、お腹が空いていたし、これから帰って食事の準備・・・
という時に、ちょっと食べよう、と買い求め
日暮れ時の駐車場のベンチで風に吹かれながらハフハフと食べたのです。
その美味しかったこと。
家に持ち帰っても、あんなに美味しかったことは無かった、と思います。

88F6FD2C-9CBA-435B-A895-A648DF32804Eaa.jpg

しばらくいただいていない焼きまんじゅう。
今夜、丁寧に焼いて、義父母のことでも話しながら頂きましょう。

有難うございました。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









15:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.06 (Thu)

上野村で

昨日、群馬に用事があり、用足しついでに上野村まで足を延ばしました。
山岳部の後輩0君のお父様が上野村で写真展を開かれているのです。
夫と共に写真をじっくり見てきました。

ネパールや中国、南米など山奥の秘境で撮影された写真でした。
山々の写真、棚田の写真、自然はどれも興味深く美しいのですが、
私はその地で生活している子供たちの写真に特に心が動かされました。
素朴でたくましい子供たちの笑顔。
キラキラと輝く瞳には、はにかみや嬉しさ、それにはじけるような
生命力があふれているように感じました。
小さな集落でも、子どもは何人も居て、皆で
子守をしたり、働いたり、遊んだりしている姿。
日本にも、ついこの前まで、こんな光景があったのではなかったか。
そんな風にも感じました。
夫が若かりし頃に出かけたペルーや南米の写真もあり、
アルパカや民族衣装の子どもが映っていました。
ウユニ塩湖の写真などなど、魅力的で、
いつか行ってみたいな、と思う場所もたくさんありました。
平日の昼間でしたし、誰も居なかったので貸し切り状態。
ゆっくりと堪能しました。

ギャラリーの隣には子どもの遊び場がありました。
ここも誰も遊んでいる人が居なくて勿体ない。
孫を連れてきたら喜ぶだろうな、なんて思いました。

60C9C462-FC1A-41FC-AF14-6813B5362089cc.jpg
木のボールプール

C8F5E445-0A2C-4FAC-8891-190B98A09A38bb.jpg
建物も木造。上野村の木がふんだんに使われていました。

その辺一帯が上野村の観光施設になっていて、
直売所で「イノブタ肉まん」を買いました。
コンビニ肉まんの倍以上の価格でしたが
生姜がピリッと効いていて、肉の臭みは感じませんでした。
3CA787B1-2D26-4C97-B657-929659958D89aa.jpg
イノブタ君のマーク

帰る道々、恐竜館や鍾乳洞のそばを通り、
下久保ダムやそこに至る渓流も、眼下に眺めることが出来ました。

孫とキャンプしたら楽しいだろうな。
夏の水遊びにちょうど良さそう。息子たちは一緒に来た事覚えているかしら。
などなどと、孫との夏休みを想像したりしておりました。
多分、夫も同じ。
すっかりジジババになったなぁ。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:16  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'06.03 (Mon)

眼科

土曜日に友人の眼科に行きました。
うまく表現できないけれど、とにかく見え難く、
不快感が一杯で、眼鏡の度があっていないのかもしれない、
と思い、診察してもらったのです。

いろいろと詳しく説明を受けました。
結論は、仕事が本当に一段落したら手術することを勧められました。
私も説明を聞いて、これからの生活の質を考えたら
その方が良いな、と思いました。

それまでのつなぎに、遠近両用サングラスの処方をしてもらい、
いつもの眼鏡屋さんでオーダー。
さらに、度の入っていないスポーツ用のサングラスも購入して
少しでも快適にゴルフや外出をしようと思っています。

高校同期の彼女、
風邪が治らなくて、ゴールデンウイークの他に休診もしちゃって
患者さんに迷惑かけてしまった。
と話していました。
昔と違って治りにくいし、あちこち不具合が出てくるね、
と二人で、年とっちゃったね、と少しぼやきました。

彼女は医師のお子さんが一人前になって戻ってきてくれるまで
もうしばらくは仕事の日々が続きます。
私の方が早く引退できそうです。
そしたら手術の事、宜しくね。
また食事しよう。ラグビー見に行こう。
そんな話もして帰ってきました。

あちこちと病院をめぐり、マッサージにも行き、と
体のメンテナンスに時間がかかるようになりました。


仕方ないね。元気出せ~~~!!






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









16:45  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |