FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019'06.17 (Mon)

自分と友達になる

新しい1週間が始まります。
週の初めに教会に行き、礼拝を守り、心静かに自分と向き合うのは
自分をリセットして、歩み始めるのに大切な時間だと思います。

昨日の説教は、ひときわ私の心に響きました。
詩篇がテキストでした。
困難のさなか、悲嘆に暮れるダビデ王が
神に向かい、なぜ私を見捨てているのですか。
私のこの声が聞こえないのですか。
と問いかけつつ、また自身に対して
私は何を恐れ、おじ惑っているのか、と自問しているのです。

なんでこんなひどい目に合うのか。
こんな人生は望んでいない。私の願いなど届かない。
産まれてこなければ良かった。早く死にたい。

そう思う時は、ありままの気持ちを祈りにぶつければよいのだ、
というお話がされました。
ダビデ王のみならず、聖書の中には、
悲惨な状況で、神に向かって怒り、慟哭している場面が
たくさん出てきているように思いました。

そしてそんなに時、少し視点を自分から離して
自分自身と対話してみては、とも話されました。
何を悲しんでいるの、自分。
何がそんなに困難なの? 私さん。

自分の声をよく聞き、共感して認め、褒め、慰めるのだそうです。
辛い状況で、本当に良く頑張ったよね。
私はなかなか良くやっているよ。と。

そして、次に、どうしていけば良いのか、
自分にアドバイスしてみるのだということでした。
その大前提は、
あなたに意地悪したり、困らせたり、
悲しませたりするようなことは、神はなさらない。
ということだと語られました。

大切なのは、辛いこの状況をどう受け止めるのかということ。
そうして、慟哭し、自分で自問し、励ましたり落胆したりしつつも
毎日を過ごしていけば、そんな時間の積み重ねから、
トンネルを抜けていることに、ふと気づくこともあるのだ。

そんなお話でした。

信仰、神という視座が無いままに
自分との対話を繰り返していけば
僻みを募らせ、世間に怒りが向かい、
自分だけの負のループに陥りかねない、
そんな風にも感じます。いびつな自分にはなりたくありません。

辛いのはあなただけではない。
誰の人生にも試練がある。ダビデ王だって
品行方正だったヨブにだって。

涙を流しながら歩く道だって、無駄、無意味なことは無い。
前を向きましょう。


励まされる思いがして、教会から帰ってきました。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









10:55  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |