FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019'07.29 (Mon)

友に会いに

脳出血後一命をとりとめ、リハビリを頑張り抜き、
自宅で生活できるようになった友人。
日曜日、彼女の家に大学時代の仲良しが集まって、
持ち寄りランチ会をしました。

彼女のご主人も大学の同級生。
本棚に懐かしいグリフィン有機化学の本をみつけて
なんだか学生時代が蘇りました。(まだ教科書、持っていたんだ)
それぞれの境遇はかわっても、雰囲気はあの頃のまま。
すぐに打ち解けて、話も弾みました。


高次脳機能障害。
ゆっくりではあっても日常生活をご主人と二人でこなしていました。
彼女と共に生活するために、完全に仕事を辞めたご主人は、
本当に穏やかに、やさしく彼女に寄り添っていました。

家事全般について、彼女を促して、一緒に作業をしている
というのが短時間の滞在でも良くわかりました。
朝起きて、一緒に朝食をつくり、二人で食事をする。
後片付けも一緒。お洗濯や掃除も二人でこなして、
お献立を考えて、二人で昼食にする。
お昼寝をして、それから読書したり、買い物がてら散歩したり。
6時には毎日夕食を終えるのだそうです。

優しく、彼女に次の行動を促すご主人。
子どものようになっちゃったから、夫婦というのが理解できないみたい。
私のことは夫じゃなくて、親切なパートナーらしい。
そう言って静かに笑った彼の心中はいかばかりだろうか。

学生時代は体育会の運動部で活動していた彼女。
結婚後もずっと企業の学術で仕事をし、ご主人が長く単身赴任だったから、
子育ても一人で相当頑張っていた根性の人。

でも今は、そういうスーパーウーマンみたいな一面は影を潜めていました。
私たちの事は、覚えていてくれて、とても喜んでくれたので、
私はそれだけでも本当に有難いなぁ、と感じました。

もう少し経ったら、レストランの食事にも連れて行きたい。
車で送迎するから、誘ってください。と言ってくれたご主人。

ご主人の深い愛情に甘えて暮らそうね、Yちゃん。
あなたのおだやかな毎日がきっとご主人の幸せでもあるのだと思います。

そして、なんだか変かもしれないけれど、ご主人に
どうぞ宜しくお願いします。・・・なんて挨拶して、みんなで帰ってきました。


二人の毎日に、ご加護がありますように、
ご主人を心身共に支えて下さい、と祈りました。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



14:34  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.26 (Fri)

ゴルフと精神状態

昨日の記事の続きです。

コースプロのラウンドレッスンでは、
たとえレッスンでも、精神的な影響をとても受けるスポーツなので、
否定的な言葉とか、自信を無くすような言葉がけは、皆無でした。

言われた通り、イメージ通りに、すぐにできるはずは無いのですから、
失敗しても、 力みが抜けてのびのびしてきましたよ。
とか、しなりを意識していますね。大丈夫。
なんて言って下さると、次の一打に前向きになれました。
大失敗の時も、バンカーと浅いOBが怖かったんですね。
というその一言で、我に返り、向きもスウィングも乱れていたのだな、
と自分で理解するのですが、理由を示していただけるので
失敗しても前向きで居られました。

受け取る側の気の持ち方もあるのでしょうけれど、
どっち向いてるの? 膝がまた落ちてる。
とダメ出しだけされると、ダメージが大きかったのだ、とも感じます。
やってるつもりなんだけど、またうまくできないかも、
などと自信を持てずドキドキしながらスウィンクするのと、
今度はハザードが無いから思い切りよくやってみよう。
と思うのでは、結果も大違いなのだと感じました。

何年も指導を受けていて、この先の進歩に懐疑的な私でしたが、
すみれ会の女性の皆さんが、80歳を越えても前向きで、
レッスン好きな理由もわかったような気がしました。

欠点ばかりに囚われないで、1点に絞って前向きにやってみる。
大らかに、今の1打を受け入れて、引きずらないで次に向かう。
失敗も含めて、その日のゴルフを楽しもう。
ありのままのゴルフに自信をもとう。(そう思えなかったなぁ)
などと思うようになった私です。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








18:08  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.25 (Thu)

目から鱗のゴルフレッスン

ホームコースの女子ゴルフ会は、8月はお休みなので、
昨日が今年度最後の会でした。新年度は9月スタート。
生憎のお天気で、お給料日前の忙しい時だったせいなのか、
昨日は参加者が少なかったです。
でも、思いがけない良い事こともあり、
いろいろ今後のゴルフについて考えるところがありました。


コースプロのラウンドレッスンは最低9ホール。前半か後半です。
何ホールか帯同して移動するやり方だと、
いたずらにプレッシャーをかけるだけで
まともなレッスンにはならないのだそうです。
プロが居ると緊張して、居なくなるとホットする
(経験アリアリなのでとても納得でした。)

プロは練習場でのスウィングを見ていて、各自に一つだけ
今日のラウンドでの注意点が話されます。
とにかく、そこにだけ注意する。(1点だけならできそうな気になります。)
私の場合は、手に力を入れて突っ張らない、ということでした。
これには異論があり、質問したのですが、
目土の入った袋を持ってきて、手に力を入れたまま
まっすぐ伸ばして振り回す、というのをやらされました。
次は、ダラッと腕を下に伸ばして肘も曲がっていても良いので
自分の楽なポジションから振り回す。
どちらが遠心力を感じて振れるか、は明白でした。
最下点を通過する時は、手は伸びている。
力を入れると体の柔軟な動きにストッパーがかかる、という説明でした。
ティーイングエリアで、
お尻を上げて、うつ向かない。背筋伸ばして、
手を目いっぱい伸ばして、腹筋に力入れて、ゴー
という掛け声が恒例になっていたので、静かに見ているだけのレッスンは
とても新鮮でした。自分なりに考えて、注意して打って、その結果に一言。
うまくできましたね。とか、
失敗した時も、意識しているのかがわかりましたよ。等々。
力を抜いて、力まない、がうまくできず、手を突っ張る私には
途中で、アドレスに入る前にジャンプしてみたら。と具体的でした。

パターも、スタート前の練習グリーンで言われたことは一つだけ。
そこに注意が払われているのかどうかを見ていたのだと思います。
グリーン上で、ラインの後ろに立って、何センチ引いて、とか
細かな指示をしたり、ということはありません。
失敗した時にはタマに質問がありました。
下りに読んだ、と話したら全体は登り。
カップ前のコブからカップまでが下りだから、そう見えてしまう、
など、アンジュレーションから来る錯覚の説明もありました。

一人一人、体の特徴によりタイプ別に解説があり、
フォロースルーが出ない、なんていう質問にも、
ああしなさい、こうしなさい、だけではなく
なぜそうなっているのか、という説明と共に、(これが納得できたのは大きい)
具体的に気を付けるポイント、手の使い方などの説明と、実演もありました。

プロと一緒でも緊張感、威圧感が無くて
とてもリラックスしてプレイできました。
さらに、立て続けに言われ続けているのではないので、
自分なりに言われていた一つのポイントに絞って集中できた気がします。

ラウンド後には講評があり、一人ずつに、これから練習する時の
課題、復習ドリルの説明などがありました。
何年も練習していた私ですが、目から鱗でした。
ラウンドレッスンの申し込みをしたい、と言った人もいましたが
年内は1日も空きが無いそうです。

月例杯やクラブ対抗の選手の方などがこぞってレッスンを受けるのは
わかる気がしましたが、ご高齢のメンバーの方たちにも大人気。
体に負担の無いわかりやすい指導で、実際にこの年になっても
進歩が実感できるから楽しいのよ、というお話でした。
まったく進歩がなくなって、飛距離もスコアも悪くなるだけなら
ゴルフ自体、もうやりたくなくなるわよ。
というお話に、とても納得して帰ってきました。

今までと全く違う意識での昨日のゴルフ。
前半は大たたきして、五里霧中、という感じでしたが
後半、体も楽でのびのび振れている、という感覚を体感することがあり、
その時は飛距離も伸び、バーディーが2ホールとパーも2ホール。
これをどう考えるか。
とにかくいろいろな意味でたいへん新鮮、斬新なラウンドレッスンでした。

雨でも出席して、良かったな。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:58  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.23 (Tue)

食事会

ほぼ月に1回、食事会をしている友人が居るのですが
先日は別の会で久しぶりの食事会がありました。

それぞれが、日々いろいろな山坂を歩いて暮らしているのです。
せめて友と会い、食事を共にするときは
お互いに励ましあい、またその時間に感謝して過ごしたい。
お互いの思いやりにもしみじみと感謝したい。
そしてまた元気をもらって生活していく、
そんな時間にしたいと思い参加しているのです。

酔った上での発言とは言え、人を傷つけるようなことがあると
どんなに美味しいお料理でも
食事会そのものが悲しい会になってしまうのです。

FullSizeRendere.jpg

IMG_1254g.jpg

IMG_1255h.jpg


自覚があるのか無いのか、
確信犯的な物なのか、軽い気持ちの発言なのか
理解できない思いもつきまとうのです。

真意を問いただし、説明し、ちゃんと謝罪するべきだ
と伝えるのが良いのか、それとも
お酒のせいかもしれないし、はっきりさせない方が良いのか
これも決めかねています。


ひどく傷ついてしまったであろう、友の上に
本当になぐさめと癒しがありますように。
私も傷ついて、涙を流しています。
そして、言葉を発した友、彼女もまた自分の言葉を
深く考えてくれますように。

どう理解したら良いのかわからない迷子の私にも
答えが与えられますように。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






17:11  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.18 (Thu)

しみじみしちゃってる

このブログ、始めたのは2018年の1月でした。
もう11年以上続いているのに、我ながらビックリです。
たかが11年。されど私には意味ある11年でした。
平々凡々とした毎日の連続でも、この11年を思い返してみれば
それなりにいろいろなことがあったのです。

母を施設に入所させて、見送ったこと。
息子たちは3人ともそれぞれの進路を全うして社会人になり
長男は結婚して孫が出来ました。
夫も私も病気をして、そして会社の社長と専務を退きました。

サラッと思い返してみても、
人並みにいろいろな経験をさせてもらったのだ、としみじみ。
なんでしみじみしちゃっているか、
と言えば今月が私の誕生月だからなのです。
ブログを始めた時は50代の前半。
還暦を過ぎて、また一つ年を取る。
あちこち取り散らかっている自分の後始末を始める年齢なのです。
元気なうちに。体力気力のあるうちに。
そして、やってみたかったことなどにもトライしてみたい。
そんな風にも思うのです。


夫が工事で伺っているお宅の大奥様は、
お部屋に大きなパターマットがあって、
永らくゴルフを楽しんでいたそうですが、
体調を崩し、メンバーを退会されたのだそうです。

私にたくさんのティーやマーカー、ボールなど、
可愛らしい小物をプレゼントして下さいました。
ピンクのティーはボールを乗せるところがハート型。
マーカーもキュート。そしてキラキラ。
愛車は真っ赤な二人乗りのベンツなのだそうです。

なんて、かっこいい。それにステキ。
・・・でも、終わりの時がやってくる。

誕生月。まだギリで間に合うかもしれない。
私も免許を取って、自分の車でゴルフへ、なんて妄想もしてしまう。

でも・・・それは妄想だけにしておこう。
出来ること、したいことを、私らしくやってみる。
それだけでも十分すぎるくらいじゃないか。
なんてことも思う午後。

年とったのだ。
しみじみ。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





17:12  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.17 (Wed)

家族の姿

夏休みに長男が家族で山荘に行きたい、と言っていたので、
夫は張り切って、何して遊ぼうか、などと考えているようです。
白樺の木にハンモックを吊るして、そこに乗せてユラユラ。
河原のせせらぎで水遊び。
栂池のロープーウェイに乗せてみようかetc

お嫁さんが送ってくれる孫の動画や写真。
それを見るにつけ、彼の成長に驚かされています。
日々の成長を一瞬も見落としたくない、と私は思うのです。
・・・でも自分の息子たちの子育て中は、必死な思いが一杯で
その姿を目に焼き付けておきたい、
みたいな心境ではなかったように思うのです。

息子はもうウイークデーは自分の家、社宅には帰らないようです。
(時間的に帰れないのかもしれないけれど)
週末だけ、家族と過ごす。
それで良いのかな、と私は心配でもあり、
また息子の成長にかかわれないのを残念にも思うのです。

いくら費用がかからない、とは言え、家族との生活を犠牲にしてまで
社宅に住み続ける必要は無いのではないか、と私は思うのだけれど
息子たちはどう考えているのでしょうか。


彼らなりに考えてのことなのでしょうから、
ジジババの出る幕では無いのですが・・・
夏休みに会える、というだけでこんなに嬉しいのに
息子は毎日顔を見たくは無いのだろうか?
なんて不思議に思ったりもします。

ともあれジジババは夏休みに会えるのを楽しみにしていましょう。
彼らが幸せでありますように。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





17:24  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.16 (Tue)

休み中の我が家

連休の間も予定が満載でした。
土曜日も会社に工事の業者さんが入ってくださって、
とりあえず、床の貼り換えは完了しました。
会社全体が明るくなったような印象です。
あとは、配線の整理。これが終われば本当に終了です。
今月中に終わるはず。
楽しみです。

土曜日は次男も在宅で、家族3人でホットプレートを出し
焼肉をしてみました。3人。静かな物です。
用意する食材も息子たちが中高大の頃とは比べ物にならないくらい、
チョッピリになりました。
落ち着いて味わいながらいただきました。

でも、少しだけ、昔のワイワイガヤガヤが懐かしいな、
というような気もしました。

用意するお肉はキロ単位。野菜も山盛り。
麦茶をこぼした、とかお肉がこげちゃった、とか
私も母も大忙しでした。彼らが食べ終わるころには、母などは
もうお腹が一杯、なんて言っていました。
早食い競争みたいな風情。それも今は昔です。
ホットプレートも、もう一台ありました。
私にとって、仕事が忙しい時は、どれだけ助けられた調理器具だったことか。
焼きそば、お好み焼き、冷蔵庫のあまりものをみんな炒めてつくった
巨大スパニッシュオムレツ風・・・
わぁ! とか、まだかなぁ? とか言って
食卓のホットプレートを見つめていた息子たちも、
小さくて可愛らしかったです。
当時、私は本当に日々、必死だったけれど。


もっと小さい物に買い替えても良いのだけれど、
私の戦い?の歴史がしみついたホットプレート、
なかなか捨てがたいです。

三男は、爺が岳で開催されたモトクロスのバイクレースに参加したようです。
そして長男は、家族と過ごした連休。

夫と私は食事が終わったら
孫の動画なんて見ながらしみじみと時間の経過を感じておりました。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br /><br />カルガモ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:12  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.11 (Thu)

本日の我が家・会社

長男は出張から帰り、帰国した日はお休みをいただいたようです。
そしてすぐにいつもの終電暮らしに戻り、夕べも我が家に帰ってきました。
多分今日も池袋だと思う。と言って出社していきました。

帰国して、2週間ぶりくらいに息子に会ったのだとか。
オ カ エ リ・・・とたどたどしいながらも言ってくれたそうです。
オカエリの発声練習中の動画、私は見ていました。
お嫁さんが、お父さんのために特訓していたようです。
オ カ エ リ  
息子を待っている人が居る。
その責任、愛情が息子を強く、優しくしてくれるのだと思います。
良い人、良い親として息子も成長してくれますように。


北海道から、メロンやとうもろこし、アスパラなどを送りました。
食べごろはちょうど連休中。
孫が家族と一緒に食べられますように。
そう願っています。

会社の中は、本日床の張り替え工事中。

A530111F-6F1F-44A2-9820-D4D6DDE4EBC5.jpg

喧騒の中で集中が求められます。

こういうのも、若いころは平気だったなぁ・・・
集中力を持続させるのも体力、気力が必要。
ここでも、老化を感じています。

私なりにガンバレ~!






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br /><br />カルガモ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








15:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.10 (Wed)

ゴルフ合宿が終わって

ゴルフ合宿から帰ってきました。

北海道のあのコースでプレイするのは何回目でしょうか。

今回はコースの中で鹿、狐、狸、カルガモの親子を見ることが出来ました。
小鹿は池で水を飲んでいて、それから山の斜面に留まって
私たちのプレイを見ていました。
カルガモの親子はとても可愛らしくて、子鴨がお水を一生懸命掻いて
一列になって移動していました。後ろにデーンとお母さん鴨が居て、
皆を取り仕切りつつ、見張っているというような感じでした。
自然が豊かなコースで3日間ともお天気に恵まれました。

それに、こんな珍しい雲も見ることができました。
ハロ(日暈)というのだそうです。
8DB7E8B3-DBF1-4C8A-8FAC-204ACF832DA1 (002)

さらに、スループレーの北海道ならでは。
キャディーさんに頼んで、カートに出前を取ったりもしました。
お握りやピザが頼めるようです。今回はお握り。
注文したら、ラウンド中のカートまで届けてくれるのです。
とっても美味しい、梅と鮭のお握りでした。

あっという間に時間は過ぎてしまいました。
また元気に仕事に励みましょう。

体調を崩すことも無く、楽しめて自信にもなりました。

有難うございました。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br /><br />カルガモ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








15:42  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.05 (Fri)

ゴルフ合宿

週末です。
夫と私は日曜日からゴルフ合宿に行きます。
2度目の手術をする前に参加したのが最後ですから、
3年ぶりくらいでしょうか。

元気に行ってくるのが第一目標ですから、間違っても
体育会系のムダな根性は出さないようにと思っています。
でも、今はとても体調が良いので、コースを歩いたら
気持ちが良いだろうなぁ、なんて想像しています。
北海道はスループレー。
芝の種類もこちらとは違います。
昔の合宿のことを思い出しては、なつかしく、
またワクワクしたりしています。
美味しい物も食べてきたいな。


以前合宿に参加した時は、セガサミーカップに出場する選手が居て
出入りする選手を心の中でキャーキャー言いながら見ていたものでした。
藤田選手を見かけたこともありました。
去年旅立ってしまった友人、サッちゃんが藤田選手を応援していて
パーリーゲイツのウエアを着て、トーナメントの応援に行っているのだ、
と話してくれたことを思い出します。
ホームコースの選手としてクラブ対抗の試合にも出場していたサッちゃん。
遂に、一緒にプレイすることはできなかったね・・・

私は体調も良くなり、またゴルフを楽しんでいます。
前向きに、少しでも上達するように、練習に励もうと思います。
私らしく、真面目に楽しんでくるからね。



心おきなく出かけられることに感謝して、
行ってこようと思います。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




18:26  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.04 (Thu)

選挙とミャンマー、母の願い

長男はまたまた出張でミャンマーに行っています。
彼にとって、単なる仕事先以上の場所になっているのかもしれません。
ミャンマーが民主化へと舵を切ったからこそ、
息子たちも仕事ができるようになったのだと思います。

私と夫がミャンマーに行った時、ガイドをしてくれた女性は
インフラ整備に使うべきお金を、
軍事政権は軍人の私腹を肥やすのに使ってしまった。
全てはこれからです。
と、希望に満ちた表情で話してくれました。

民主的な選挙。
その結果で政治が行われ、国の姿が変わっていく。
私たちが当たり前に思っていることも、彼女たちにとっては
とても大変な事だったのだろうな、と想像したものです。

今年の夏の選挙。
日本の投票率はいかなることになるのでしょうか。
私たちの持つ、貴重な権利を行使しない、というのは
いったいどういう考えに根差しているのか。


息子たちの仕事は水、道路、電力、鉄道、港湾、空港など
基本的なインフラ整備にかかわるものです。
目先の利益ではない、息長いミャンマーの人たちの幸福につながるような
そんな仕事をしてきてもらいたい、と母は願っております。

日本の選挙も、一人一人が真剣に将来を考えて
投票率が上がりますように。


息子もきちんと仕事を全うして、早く帰国ができますように。

孫君はドンドン成長していきます。
息子が少しでもたくさんの時間、立ち会えますように。

母の七夕さまのお願い事です。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







17:23  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.03 (Wed)

有り難い事。そしてちょっとワクワク

古い友人の工事契約を会社でしました。
わざわざ訪ねてきてくれて、工事契約をしたい、
と言ってくれたことに、私はちょっと感激しました。
覚えていてくれて、訪ねてくれて、仕事をさせていただける。
有り難い事です。

思い返してみると、スリーエフの仕事は
監督をはじめ社員みんなの、お客様との信頼関係
人間関係から受注させていただいていたのだと感じます。

あなたに頼みたい、と言っていただける、
それがこれからも続いていくように、と願っています。

支店長になったMさんを紹介して、
彼がしっかりやってくれますよ。
とお伝えしました。
夫も私も、そう遠くない将来に、引退すると思う。
と話したら、彼女は考えている計画を話してくれました。

オリンピックが終わってからだけど、自宅の新築を頼みたいの。
その時は人を呼べる、カフェみたいなステキな空間をつくって
お友達とお菓子を焼いたり、食事会したり、手芸したりするの。
あなたはいつも仕事で忙しかったけど、仕事から手が離れたら
絶対に遊びに来てね。一緒にお茶したりしましょうよ。
と誘ってもいただきました。

そんな計画が実現したらステキなことです。
その時まで元気で居てね、とも言って下さいました。
昨日の病院の結果の事も気にしていてくれたのです。

本当に有難う。
まずは、ご期待に添えるような、
ステキな空間、新居をつくらなければね。

あっ、でもその前に
ご依頼いただけますように。















にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:04  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.02 (Tue)

乳腺外科の日でした。

乳腺外科の日でした。
今年の12月末で術後5年になります。
今回も、有り難いことに異常無し。
いつものお薬を処方していただいて帰ってきました。
こちらの方はあと少しで5年経つのですが、
昨年子宮癌になり、更に4年、ということになりました。
でも、物は考えようです。
頻繁にいろいろと検査していただいているのですから、
他の病気も早期発見につながる、というものです。
体調の良い時間を感謝して、有効に使っていきたい、
と思っています。

春先から体調が悪かったのですが、
それに比べると今はとても元気にしています。
こうなると、投げやりだった自宅のリフォームも
やってみようか、と思えてきます。
キッチン、トイレ、浴室、寝室やリビングなど
ほぼ全面的に改装する図面を夫が描いてくれました。
あれこれ迷いながら選んでいくのも、
体調が良いので楽しく感じます。

好きなようにすれば良い。
という夫に
あと何年キッチンに立てるかな? 次男が独立したら二人だけ。
もったいないし、ゴージャスな大きいキッチンではなくて
こじんまりした中くらいの物で良いかしら?
なんて思い、そう言ってみると
じゃあ、今のキッチンはドイツの頑丈な物だから
それをリユースしたら、と言われます。
それも何だかなぁ・・・
とまあ、決めきれずに思案の最中です。
ショールームに行き、見積もりをしてもらい、
自分のために思いっきり迷ってリフォームしたい、
と今は思っています。

どうか元気で実現できますように。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:58  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'07.01 (Mon)

訃報

若い知人女性が亡くなられた知らせがありました。

何年か前に、病気の事は伺っていたのですが、
その後元気になられ、工事のことなどでお目にかかったこともありました。
若く、はつらつとしていた彼女。
夫も私も、ショックです。

彼女のご実家に、夫は浪人時代下宿させていただき、
今もお心遣いをいただいているのです。
どんなに悲しまれているだろう・・・




死は誰にも訪れるし、順不同。
そうは言っても、若い人の旅立ちは辛い。


悔いの無いように生きて、その時を迎えたい、とは思っても、
悔いを残さない、とはどういうことなのか考えさせられる。

結局、今与えられている自身の健康状態、
置かれている立場、その中で今と言う時を一足一足
歩いて行くしかないのではないか、と思ったりする。

何を私は一番したいのか。
贅沢な船旅でも、食事でも何でもない。
愛する家族と喧嘩したり、泣いたり笑ったりしながら
平々凡々と日常を続けることではないか。
親しい友と互いを思いやり、語り合うことではないか。
改めてそう思う。



どうぞ安らかに。
そしてご家族の上に、慰めがありますように。

心から祈ります。

ああ、でも、悲しい!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






11:45  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |