FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019'12.26 (Thu)

クリスマスプレゼント

夫からクリスマスブレゼントをもらいました。

ゴルフのラウンドで使える便利グッズです。

095544FE-91DA-41A5-90FF-719B59D3EE2A (002)aa

ボールからピンまでの距離がわかり
高低差を考慮して、何ヤードくらい打てば良いのか、
というアドバイスまでしてくれるそうです。
さらにハザードまでの距離とか、グリーンの形状とか
使いこなせれば、とてもたくさんの情報を伝えてくれる
キャディーさんのような機械、道具のようです。
ゴルフ場で電源を入れるとそこのデータが表示されるようですが
昨晩はGPSモードではなく、手動モードで
ホームコースと2月に行く予定のコースをお気に入りに登録してみました。
夕べはそこまで。

ちゃんと使いこなせれば、どうプレイしたのか
全部記録することもできるみたいです。
飛距離、使用クラブ、パーオン率やパット数等々。
早速、使ってみたくなりました。

とは言え、使いこなせるかどうか。
頑張らなくちゃ。

そして、使いこなせた暁には、夫のキャディーさんの役回りも
やってやろうじゃないの。(と殊勝な妻は思うのでした)
でも、夫は腕時計のような、同様の機械を持っています。

先の長い老後の時間、二人でヘッポコゴルフ
楽しみましょうね。

プレゼント、有難う。

おまけ
私はプレゼントしなかったのですが、夫は自主的に
ゴルフ用の冬の帽子を買って自分へのプレゼントにしていました。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






11:16  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.24 (Tue)

病院の日・・・乳腺外科

今月に入ってからいろいろと行っていた検査。
本日はその結果を聞きに病院に行きました。

乳癌の手術をしてから5年が経ったのです。
結果は異状なしでした。内服薬も終了で、次の検査は1年後になりました。
私の場合、子宮癌は術後1年なので、そちらの方での検査は続きます。
だから、乳腺外科としては1年に1回で良いでしょう、
ということになりました。
5年で一応一区切り。良かったですね。
という言葉をいただいて診察室を後にしました。

5年前、暮れの27日に入院して、28日が手術。
年内最後の手術日でしたが、会社を休むのは年末の2日だけでしたから、
なかなか素晴らしい日程だったのです。

結婚したばかりの長男夫婦がお見舞いに来てくれたなぁ、
なんて思い出しました。

今日の結果は、たいへん有り難いクリスマスプレゼントでした。
今夜は教会でキャンドルライトサービスがあります。
回復を祈ってくださった方にも嬉しい報告ができます。
一緒にクリスマスをお祝いして、クワイヤの合唱、頑張りましょう。

4C099231-A9E6-40A0-AE2D-874586DD7651 (002)a


たくさんの愛と恵みがあなたにありますように。
そして隣人に、心を開き、神様の愛を伝えられますように。

メリー クリスマス!!









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








15:49  |  病気  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.20 (Fri)

共犯者 私

長い時間をかけて夫婦の関係ができあがってくるのだけれど、
今、この状態に至るのには、望むと望まざるとにかかわらず
自分自身の対応の仕方も当然ながら投影されているのだな、
とだいぶん遅ればせながらしみじみと身につまされたりしている。

誰に強いられて結婚したわけでもなく、全ては自分の意思に基づいた事。
2人の関係だって、一方的に連れ合いが悪い、とか私が悪いとかでは
片付けられない。
いやな事も、理不尽だと思うことも、私が正攻法で意思表示をせずに
夫婦喧嘩、とか機嫌の悪い時期だ、とかそんなお茶を濁すような対応で
やり過ごしてきてしまったのも原因なのだ。
(と思うようになった。)

乳癌の手術の後、麻酔から醒めた私に
年賀状を書かないで入院した、云々と言った夫だけれど
そういう言葉をあの状況でも私には言っても良いのだ、
と思わさしめてきてしまった私にも責任はあったのだ。
長い年月で、連れ合いはああいう言葉を私に言える夫になった。
悪気などないのだろうな。当然のことだったのだろう。
休みの日の時間の使い方も、個人的な予定の入れ方も
一方的に連れ合いがひどいわけじゃなく、許してきてしまった
私自身の責任もあるのだ。

この一件以来、私は手を引くことを意識してやってきた。
山岳部の会計も、部報の編集、校正もやらない。
会社から手を引けば、おのずと仕事にまつわるあれやこれやも
私の手からは離れていくのだろうから、夫は自力でやれば良い。
子育てももう完全に一段落したのだから、
息子たち家族や親戚付き合いも夫が中心でこなせばよい。
私は都合の良い、よろず引き受け係はもうやめるのだ。

やるせない気持ちになる原因の一端は、私にある。
こういう夫と妻にしてしまった共犯者。
それは自分自身。
でもね、もう、そのポジションに居続けることはきっぱりと終わりにする。

私は私。
孤独(loneliness)と一人でいること(solitude)

私は孤独ではない。
一人でいる時にこそ私の内に神様を見出すことができるのだから。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:15  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.19 (Thu)

ゴルフレッスン

昨日はホームコースで所属プロとラウンドレッスンだった。
アップダウンのある、難しいコースなので
まともにプレイしたければ、コースレッスンは必須、
と言われ、激しく納得して、申し込みをしていたのだ。
年末でも、平日でも、予約が取れただけラッキー。
夫と共にもう一人V5の中でゴルフ歴が一番長いTさんが
参加して3バッグでのレッスンだった。

私は以前のスウィングが気を抜くと出てきてしまう。
そうならないためにはどうするか。
私にピンとくる、腑に落ちる言葉を探して伝えてくれる。
そして実際に体感できるスウィングができるまで
待っていてくれて、時間をかけて付き合ってもらえる。
最後の何ホールかは、自分でも嬉しくなるようなショットが出た。
最終18番のロングホールはパー。
なかなか女性ではパーが取れないから花丸です。
なんて言われて、子供みたいに嬉しかった。

Tさんは長いゴルフ歴で今までレッスンを受けよう、
と思うことも無かったようだった。
今回は購入クラブの相談をするのが主な目的だったようだけれど
ラウンドの後半になってくるとスウィングが変わってきたのも、
飛距離も方向性も変わってきたのも、はた目にも良くわかった。
快音を響かせて力強い球。Tさんも嬉しそうだった。

来年の3月と4月の空いている日に、とにかく予約を入れてきた。
Tさんからは休みが取れたらまたレッスンに出たい、という連絡。

結果がわかる、というのが人をやる気にさせる大きな理由。
予約が取れないほどの大人気も納得できる。

今良くても、また逆戻りしてしまうのがゴルフ。
右肩上がり、一直線には上達しません。
でも、上達するための筋道はあります。

という言葉と共に、各自にその日一日の講評と、
今後のレッスンの課題を示していただき終了だった。
充実した、何よりも楽しいレッスンだった。

退職して、夫婦二人の生活ってどうなるのかな?
なんてふと思ったりするけれど、二人で習い事も良いかもしれない。
ホームコースでのラウンドレッスン、お料理。提案してみよう。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




11:13  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.16 (Mon)

病院の日他諸々

乳腺外科の病院の日でした。
術後5年目で、いつもよりたくさんの検査でした。
結果は24日です。これで無罪放免になれば、
通院回数も減り、薬も終わりになると思います。
不思議なもので、まったく結果については気にならないのです。
心配しても無意味。
・・・それで気にしないでいられる自分に驚いたりしています。
図太い神経の持ち主のようです。

週末に長男は帰国して、1泊だけは社宅に帰れたようですが、
なんと日曜日の昨晩、我が家に帰ってきました。
曜日とか時間帯とか、海外と仕事していると、
どうも日本の常識が通用しないような気がします。
でも、元気そうでした。
柿とみかんとりんごをガッツリ食べていました。
ミャンマーには無い果物なのですね。きっと。

ホームコースからビジター特別割引のメールが届いていました。
12月23日、24日、25日。
う~ん。世の中のクリスマスですね。
息子たちが家に居た小さい頃は、プレゼントを用意したり
クリスマスケーキや御馳走を用意して、
それなりにイベント感が満載の楽しいシーズンでした。
でも、今はそんなことも無くなりました。
孫のプレゼントをあれこれ考えるのがささやかな楽しみかしら。
こんなお得なお知らせがゴルフ場から届くなら、来年からは
これを楽しみにクリスマスを過ごそう! (なんちゃって)
息子君たち~、夫さ~ん、クーポン券とか割引券じゃなくて
母にプレゼントして、喜ばせてくれても良いのだよ~~~!!!!

24日、病院の帰りにケーキを買って、
会社の事務の女性たちと一緒にいただこうと思っています。
ささやかなクリスマスプレゼント。
私のお祝い(もう結果を決めてるみたいだけれど)
One for All, All for one purpose
1人はみんなのために、みんなは一つの目的のために
会社の仕事は個人の幸せに直結しているのですから。
心をつなげますように。


今年を最後まで元気に走り切れますように。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:01  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.13 (Fri)

富士登山と想う事

さっき、夫は富士山へ出かけていきました。
後輩の山岳部員が雪上訓練をしているので、
それに合流して、技術指導をするのだそうです。

私も山岳部員だったので、大昔は冬の富士山合宿に参加していました。
夜明け前に富士吉田の駅から歩いて馬返しに行き、
そこから全部歩いて登るのです。
途中には廃業した山小屋があり、そこで休憩しながら登ります。
そのうち夜が明けて、佐藤小屋の周辺がテントサイトでした。
連日7合とか8合5尺くらいまで登って雪訓でした。
合宿の最後は雪訓の仕上げに登頂してお鉢廻り。
青い空の中にクッキリと白い測候所のドームが見えて
とても感動したのを覚えています。
当時は11月に富士山合宿をしていたのですから、
雪が少なくなって、気候がかわってきているのですね。

夫は、今夜は馬返しでビバークして、明日現役に合流の予定です。

雪をまとったあの美しい富士山に、今でも登れる
というのはすごいというか、羨ましいというか・・・
ガイド目指して日々鍛錬している成果なのですね。
(でも、若くはないのだから、あんまり寒い思いをすると
心筋梗塞や脳卒中の危険があるのだよ・・・)

富士は学生時代の思い出が詰まった山でもありますが、
哀しい思い出の山にもなってしまいました。
もう10年以上も前になりますが、山岳部の後輩が
樹海で自死してしまったのです。
捜索の度に見た富士。
そして遺体がみつかり富士吉田に行った時に見た富士。
哀しいぐらいの青い空に、雪をまとった富士がキラキラ光っていて
そして私たちの周りは桜が満開だったのです。
あれ以来、私にとって富士山は胸うずく山でもあるのです。

S君、後輩は富士山で雪訓しているよ。
コーチのK君と夫は今も山岳部員と一緒に登山をしているよ。


安らかに。

2008年12月
2009年4月






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




18:12  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.12 (Thu)

師走のゴルフ

昨日は今年最後のすみれ会の日でした。
(ホームコースの女性ゴルフ会で月1のコンペがあります。)
昨日は、メンバーの7、8人の方たちが海外ゴルフに出かけていて
いつもより少ないとは言え4組、15名の参加でした。
お天気が良くて暖かかったせいか、師走の平日でも、
賑やかで混雑していたゴルフ場でした。

カートに乗って、紅葉した木々の間を移動すると、
葉っぱがキラキラ輝いて本当に黄金色でした。
サザンカも綺麗な花を楽しませてくれて、
慌ただしい12月なのだということも、
仕事のことや自宅の大掃除なんてことも
すっかり忘れてしまいそうな、美しいコースでのコンペでした。

この時期の平日にゴルフをするなんて、少し前までは考えられない事でした。
会社の仕事は責任が軽くなり、息子たちは大人になったのです。
母は旅立って、今は自分の事に時間を割けるようになった。
病気はしたけれど、ゴルフができるだけの健康状態で居られる。
全ては有り難く、幸せなことなのです。

この日常に感謝できる自分でありたいです。
先回りして自分で心配事を作り出してしまう、
些細な事にこだわって腹を立てる私。
どんな事も心静かに受け入れて、朗らかでいたい、
という望む姿とは大違いの自分です
それでも、神様はバチなんて当てないけれど、
私の姿を良しとは思われないでしょう。

同組の大先輩の方は
飛距離が落ちてもクラブを振れるだけで幸せ。
さらにレッスンを受けられるのも嬉しい。
欲張ってはダメよ。とお風呂の中では鼻歌交じり。
本当に皆さんと話も弾み楽しそうでした。

経済的な余裕と人間的な余裕。
人生にも余裕しゃくしゃくに見えました。
そしてゴルフのプレイも余裕。


せめてゴルフだけでもあやかりたいなぁ、と思い帰ってきました。


精進あるのみ。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:14  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.10 (Tue)

仕事上がりのマイブーム

一緒に仕事をしている事務の女性から教えてもらったお酒
ヨーグルト酒です。
yogurutoaaa.jpg

ジャージー乳のヨーグルトの味が濃厚でとても美味しいのです。
すっきりした甘みで、しかもお酒なので飲み終わると、
フーッと頭がほぐれてきます。
yogurutoabbb.jpg

これを仕事が終わって、夕食の支度をする前に
ちょいと頂くのがマイブーム。楽しみなのです。

これ、要冷蔵で、そんなに日持ちしません。
大切に飲もうと置いておくと発酵が進んでしまい、
うっかり開栓すると、ヨーグルトが飛び散るハメに。
(教えてくれた彼女は経験者だそうです)

大丈夫。
私はあっという間になくなりそうです。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








17:27  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.09 (Mon)

12月第一週終了

今月初めにミャンマー出張から帰国予定だった長男は
今現在、帰国の予定も立っていないようです。
駐在ではないけれど、ずいぶんと長期の出張です。
それでもアフリカ出張よりは良いのかもしれないけれど、
こうなると年内に帰国できるのだろうか、とちょいと不安になったりもします。

そんな中、知り合いの設計士さんのフェイスブックに
ミャンマーのシュエダゴンバゴダの写真がありました。
赤羽の木造4階建てビルで仕事をさせていただいた内海彩さんです。
ミャンマーで住宅建築の仕事をなさるようでした。
日本が関係するいろいろなプロジェクトが動いているのですね。
ミャンマーは混沌とした中にエネルギーを感じる国でした。
いつかチャンスがあったら内海さんに
息子たちのしている仕事のことも話してみたいな、と思いました。
とにかく、皆さんが元気で仕事を全うして帰国されますように。

土日と、夫はガイドの研修で谷川岳に行っていました。
天神平のスキー場開きでしたから、雪上訓練をしたようです。
還暦を過ぎて増々やんちゃになっていないか? とちと思う。
デナリ(マッキンリー)に登山に出かけたいのだそうです。
本当に行くのだろうか? 謎過ぎます。

私は打ちっぱなしでゴルフの練習をして
いつもの友人と食事会。今年最初の忘年会でした。
V5aa.jpg

日曜日は教会へ行き、リコーダーやクワイヤーの練習もしてきました。
やはり慌ただしい師走ですけれど、
礼拝の時間は静かに自分と向き合う貴重な時間でした。
帰宅したら、ちょうどゴルフをやっていて、
しびれるような優勝争いを最後までテレビ観戦しました。
石川遼選手の優勝。タフになったなぁ、と感じました。

PANbb.jpg
そして今朝はパンを焼いて、いつもの1週間が始まりました。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村











17:20  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.06 (Fri)

家族の予定

年末年始の予定を立てるのに
息子たちの予定を確認していましたが・・・
なかなか彼らも予定が立たないのか、返事が来ません。
それで作戦を変更しました。

来年は1月2日に家族新年会をします。
群馬の実家には3日に行きます・・・
と大まかに夫と私、我が家の予定をメールして、
それに合わせて集まれる人だけ集まる、と割り切るしか仕方ありません。

考えてみると、子供と一つ屋根の下に暮らす時間というのは
そんなに長くはないのですね。
高校卒業の時点で家を離れる人も居るわけで、
そう考えればたったの18年です。
夫はまさに18歳から東京で生活しているのですから、
誰よりも私と暮らした年月が長くなったのです。

夫の兄弟は、年に何回かは会おう、と決めて
予定を調整して集まっています。
子供や孫まで集まる賑やかな時もあるし、
姉、弟と私たち夫婦だけの時もありました。
でも、何かルールを決めて集まるようにしないと
顔を合わせることがだんだん少なくなってしまいますね。

家族を風船だと思ってみます。
風船の紐を夫と私でしっかり握っていましょう。
そうすれば、紐がどんなに長くなって遠くまで漂って行っても
いざとなれば手繰り寄せられるのですから。
紐を握りしめて、パンクしてしまわないようにと祈るのみ。
要がしっかりしていることが、
集まる、集まらないより大切なのかもしれません。

アフガニスタンで亡くなられた中西医師のことを思います。
ご家族とはどのくらい顔を合わせて食事を共にし、
話しをし、生活を共にされたのでしょうか。

いろいろな家族の形がありますね。

私は・・・なんのかんのと言っても
やはり息子たち全員の顔を見て、ワイワイ食事をしたいのです。
集まれなかったら、ちょいと寂しいな。

さあ、メールしましょう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:42  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.05 (Thu)

お誕生日会

孫のお誕生日、息子は出張中で帰国できませんでした。
でも、お嫁さんのご実家で、彼女のお姉様のところと一緒に
お誕生日会をしたようでした。
お姉様のところには孫より二つ年上のお兄ちゃんが居て、
お誕生日も二日違いなのです。

送られてきた写真や動画に、2年間の成長が感じられ胸が一杯になりました。
お嫁さんが手作りした、生年月日と2という数字の入った
王冠をかぶっている孫。ニコニと嬉しそうです。
壁にも手作りのHAPPY BIRTHDAYの旗や飾りが掲げられていました。
ケーキや御馳走の並んだ食卓に二人並んで
蝋燭をフーッと吹き消している動画。
それを撮影するご両親の声も弾んでいるように感じました。

子ども時代の思い出。
特に誕生日に関しては、私は楽しい思い出が無いので
こんな家族の愛情に包まれた誕生日を過ごせて
孫は幸せだな、としみじみ胸が熱くなりました。

私は「天皇陛下じゃあるまいし、あなたが産まれて何がめでたいの!」
なんて母親に言われていた子どもだったので、
Happy birthday to you~の歌と蝋燭フゥーッ、家族で祝う誕生日には
並々ならぬ思い入れがありました。
そのせいか、息子たちが嫌がるような年齢になっても
強制的にお誕生日のお祝いを続けていたのですが・・・
年頃の息子たちには、気恥ずかしかったかもしれませんね。
そして、私の誕生日は、自宅でケーキフーッをしてみたかったのですが
母が存命中はやはりとても機嫌が悪くなるので、
夫が外に食事に連れて行ってくれることがほとんどでした。
母の心理状態というのは一体何だったのか・・・
今となっては知る由もありませんが、
思い出すと悲しくなってしまったり、
怒りが湧いてきたりしてしまう誕生日はあまりにも残念です。

孫君、君はみんなに愛されて産まれてきたのです。
家族の大切な宝物。
これからも健やかに成長してくれますように。
この幸せ、恵みを感謝できる人になってくれますように。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:31  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.03 (Tue)

病院の日

12月は病院が忙しい月です。

本日は第一陣。婦人科の方の病院です。
いつものように先生の診察を受けて・・・異状なし。
次は来年の4月です。
2018年の4月に手術したので、来年でちょうど2年。
4月には念入り検査をするのです。
朝ごはんは食べないで来てください。まずあれしてこれして、
それから何時までにあそこに行って、合間にこれしてetc
説明を聞き、当日提出する同意書などをもらって帰ってきました。

乳癌の5年目検査は中旬から始まります。
こちらは年内に結果がわかるはずです。

病気になるまで、人生の長さを5年ごとに区切る、
などということは考えたこともありませんでした。
結構、早かったな・・・たかが5年、でも、されど5年。

会社のバトンタッチも病気になった事が後押ししてくれたのです。
悪かったことばかりではありませんでした。
孫の顔を見ることができたのは、二つ目の癌にはなったけれど、
どうにか元気で居られたからこそ。
これは本当にありがたい事です。
・・・婦人科の癌も5年を目指そう、と思って帰ってきました。

実は今日は孫の2回目の誕生日なのです。
息子はまだ出張先から帰国できず、お祝いは延期のようですが
生後間もない頃の写真をしみじみ眺めて、改めて
幸せな事だな、と感じました。
命は続く。

神様がお呼びになるその時まで、しっかりと暮らしましょう。

obentoa.jpg
今朝のお弁当は二つ。夫と次男。私は病院の帰りに外食でした。
今日は病院の食堂には行きませんでした。お蕎麦を食べました。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村










17:51  |  病気  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.02 (Mon)

スマホを忘れる

先週末、泊りがけで出かける用事がありました。
準備と言うほどの事も無く、
毎日服用する薬だけは忘れないように、
念のためにモバイルバッテリーも持っていこう、
などとそれなりにチャチャッと支度して出かけて小一時間経った頃、
スマホを忘れてきたのに気が付きました。

何度バッグをひっくり返しても、
出てくるのはモバイルバッテリー(笑うしかない)
のど飴、リップクリームとか手帳とか。スマホはありませんでした。
家の中のどこかに置き忘れてきたようでした。

孫の動画や写真が見れない。
綺麗な紅葉を写真に撮れない。
女子ゴルフの順位が気になる。
誰かから連絡が入っているかもしれない。
など、気になることはありましたが、
連絡がつかない、というのも気楽なものでした。
もう、仕方ないもんね。
諦めるしかありません。

しかし、
道案内してもらうのも、何かを調べて情報を得るのも、
写真や動画の撮影をするのも、みんな出来ないのが不便でちょっと不安。
スマホで本も読めるし家計簿もつけられてなんだったらお財布代わりにもなるし、
と考えるとスマホを忘れる、ということは
お財布を持たずに外出してしまうのと同じくらい
大変な事なのかもしれない、とも思いました。

家族に帰宅予定の連絡も入れられませんでした。
昔は心配する親が決めた門限なんていうのがあったなぁ、
と思い出したりしました。

教訓
スマホとお財布、薬は忘れるべからず。

音信不通でご迷惑をお掛けした皆さま、申し訳ありませんでした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村










15:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |