FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2013'09.04 (Wed)

大学の保護者会Part2

息子が三人いても、大学の保護者会に出席したのは今回が初めて。
でも、今月末に開かれる、次男の大学の保護者会にも、
行ってみることにしています。

私学では、そんな会もあるらしいと、うすうす聞いてはいたのですが、
長男は都内の国立大学で、そこでも保護者の集まりがある、
と聞いた時には、ビックリ仰天でした。
親が集まって何をするの? バカバカしい。
と無視しておりました。
聞けば、全国各地から出席された親御さんもいらしたそうです。


なぜに気が変わったか。

私たち夫婦にとっては、大学4年で失踪し、
自死してしまった後輩の存在が大きいのです。

卒業研究も大詰めで、院への進学も決まっていた後輩が、
大学生活の何に絶望してしまったのか。
ご両親やご兄弟、おじい様、おばあ様の慟哭が甦ります。
そして樹海を探し回った山岳部の後輩やOBの姿。
悔いと共に、何故?という気持ちは、今でも心の奥底でくすぶっています。

上京されたお父様は、
便りが無いのは元気な証拠だし、私たちも子離れしなければ、と
下宿にも訪ねて行かないし、電話もかけないようにしていました。
でも、こうなってしまって息子がどんなところで勉強し、
どんな毎日を生活していたのか、できれば見たかった。
とおっしゃったのです。

同じ学部、学科で山岳部でも同期だったI君がお父様に
学内を案内してくれました。
研究室、学食、生協や談話室、部室・・・
本人が元気で案内できたならどんなに良かったか・・・

あのできごとが転換点になりました。

学生として生きる時間を保証したのだから、
そこをとやかく言うつもりは全く無いけれど、
どんな空気感の中で生活しているのか、それだけは
体感しておきたいな、それくらいは自分に許す、
と気が変わったのです。

その観点で保護者会には出席しました。
次男の時もそうするつもりです。

就職、成績、進路etcのことは、親より本人。
何だか妙だな、過保護だな、
という気がしているのは正直なところです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:54  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちはv-22

入学式と 文化祭に一度いっただけで^^;
来年は 部活で 息子がでるので
行く予定ですが・・
それくらいです。

学校は 成績表を送ってくるくらいで
後はHP見てくださいって感じです。
とにかく 成績不良で危ないですという通知か
留年です 進級です しかこないようです^^;

就職も 先輩に話聞いて 後は
自力で頑張ってくれ・・^^;
コネもないし 主人の会社は
国立しかとらないし無理・・。

どうなるんだか・・。
とにかく 怒涛の追試が終わり
留年かどうか 来週発表です・・。
胃が痛くなりそうです・・。
800びくに | 2013年09月04日(水) 15:28 | URL | コメント編集

★Re: 800びくにさんへ

保護者への説明会、やらない大学もあるのでしょうね。
そちらの方がまっとう、という気がしてしまう私は、
保護者会に行ってみて、ちょっとズレてるかも、とも感じました。

でも、そもそも大学は義務教育ではないのだし、息子たちの成績のことで
一喜一憂はしないことにしています。身がもちません。
自己責任、と突っぱねています。留年した分の学費は、今のところ、バイトして自分で支払わせるつもりです。本人も納得しています。
就職も厳しいのでしょうが、親はどうにもできないし、自分の仕事で手いっぱい。放置しています。
大人として、信じて見守るのみ、と言えばカッコいいですけれど
黙って見守るしんどさを感じることが多いです。
親は辛いですね。親になってみてしみじみわかりました。
jtstj | 2013年09月04日(水) 16:20 | URL | コメント編集

>自死してしまった後輩の存在が大きいのです




そうでしたね。
心が傷む大事件でしたね。




私たちの時代と違うけれど、大学は今の学生に合わせ必要性を感じて保護者会をもうけたのでしょうね。




もう少しで社会に出るという子供を亡くすのは、親にとって本当につらいことですね。



今回のカッパドキアでの女子学生殺害事件も痛ましい事件です。
バッチ | 2013年09月11日(水) 10:01 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

海外で、事故に巻き込まれたりするニュースを耳にするたび、
私は他人ごとではない、と感じています。

人気の観光地なのにね。
ご冥福をお祈りします。
jtstj | 2013年09月11日(水) 17:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1003-9d44e62f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |