FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013'10.11 (Fri)

50女の重荷

ぼつりぼつりと近況などをメールで報告しあう友人の日常。
また、目の当たりにする近しい友人たちの日常。
彼女たちの近況から、50女が背負わされている
荷物の重さにため息が出る思いがするのだ。


年老いた親の介護は、いくら介護保険が利用できるとは言え、
肉体、精神ともにすり減らすような日々の連続だ。
いつ終わりが来るともわからず、ますます負担が増えてくるのは
自分の経験からしても明白なのだ。

子どもたちは当てになるのだろうか。
心癒されるようなやりとりが、子どもたちと取り結べているのだろうか。

そろそろ定年を迎える夫たち。
その生活の全てを裏方として支えてきた労苦を
どれほどの物として理解してくれているのだろうか。

子どもたちの結婚話し、孫の誕生、親族との付き合い
冠婚葬祭全般を一手に取り仕切るその心配り、気苦労は
いかばかりだろう。

平凡な日常が繰り返せるのは当たり前のことじゃない。
主婦の並々ならぬ努力と忍耐の賜物なのだ。



友人との食事や旅行、ちょっとした外出が楽しいのは
いつも二の次、三の次の自分たちを、
普通に配慮しあい、気遣いあえるからなのだ。



時間をつくろう。
手をかけたお料理、心配りをしてもらえるお店に出向き、
何かおいしい物でも、食べてこよう。
日常からちょっと抜け出して、優しく互いを労わり合いたい。

そしてまた日常に戻って行く。
良いではないか。
50女の置かれている家庭もまた、
仕事の場に負けず劣らず、厳しいものに間違いないのだから。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:42  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

jtstjさま まだ50代は体力が有るから良いのですよ。60代に
成っても物事は解決しておらず、自分の体力は衰えても引き続き
問題は次々に起きて・・・それでもやるきゃないから先ず動く。

何とか身体も動くものですね。どうせやるなら楽しみながら・・・。
気分転換の息抜きで、また元気になれますものね。

「女三界に家無し」なんて昔の話。妻は縁の下の力持ちですよね。
幾つになっても楽しみながら頑張りましょうね。
fumi | 2013年10月11日(金) 18:58 | URL | コメント編集

★Re: fumi様へ

60代になっても問題は解決しておらず、やるっきゃない。

重い言葉として受け止めます。
生活していくって、そういうことなのですよね。
でも、fumi様のブログなど拝見していると、余裕を感じます。
縁の下の力持ち。とびっきりの力もちになってやろうじゃないの!!(なんて)
私も楽しみながら日々を乗り切れるように頑張りたいと思います。

有難うございます。
jtstj | 2013年10月11日(金) 19:16 | URL | コメント編集

そうですね。
主婦は家庭のですね。



主婦が頑張っているから、家族の人たちが外で活躍できるのです。



私たち、まだまだ頑張りましょう。
そして、いたわりあいましょう。



うちにきている87歳の女性の患者さんが、85歳を過ぎたら自分で努力しないと健康は保てないといって、疲れてもなるべく毎日歩くようにしているそうです。
85歳を過ぎた人でなければ言えない言葉です。




どんなに口が悪くても、親が元気に過ごしていてくれることが一番助かります。
バッチ | 2013年10月13日(日) 18:23 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

肉体的にも精神的にも健康でありたいな、と思います。
頑張りましょうね。

元気で子どもになるべく負担にならないお婆さんを目指したいです。
どんなに口が悪くても、ってバッチさんもなかなか辛口です。
jtstj | 2013年10月13日(日) 18:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1027-c2f24897

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |