2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'10.24 (Thu)

夫と二人・食卓の会話

このところ、夫と二人の夕食が多い我が家です。
私たちの仕事の都合で、夜遅くなっているのが一因。
それに、息子たちもそれぞれにアルバイトや、サークルなどと、
夜まで予定があるわけだから、全員揃わない、というのは
ある意味、当たり前かもしれません。
その割に、私がつくった食事を食べている率はかなり高いと思います。
朝とお弁当は必ず。夜だって遅くなっても
自宅で食べることが多いのですから。

まあそれはさておき、夕べも夫と二人の夕食でした。
仕事で遅くなり、次男は既に済ませて自室へ。

献立を見て、夫は赤のワインを開けました。

このワインは美味しい、とか
谷川岳のレスキュー訓練は台風でどうなるだろうか、とか
山荘の冬支度に行けるだろうか、とか
そんな話題なら良いのですが、
仕事の業務連絡みたいになったり、ごくまれに、
夫がこぼしたり、愚痴をいったりすることもあるのです。

昨晩は、ちょっと愚痴と怒りの話題がありました。
私も一日同じ仕事をしているのです。
頭も心もパッツンパッツン。仕事の話しはしたくない!
と言いだしたかったのですが、ちょっとこらえました。

ほとんど、弱音を吐かない人なので、よっぽどなのだろう、と思ったのです。
事実、私も当事者なのです、よ~くわかるのです。
で、夕べは、一緒になって、あきれ果てたよね! とか
信じられない展開だね。なんて言いあいました。
吐き出し合い、慰め合ったり、励まし合ったりいろいろ。

そのうち、驚天動地、前代未聞、天変地異、叱咤激励、艱難辛苦・・・などと
4文字熟語の競い合いになり、なんだか二人で笑って
仕事の話は終わりになりました。

先日またオレオレ詐欺の電話があり、長男の話題へと移り、
その場で息子に電話してみたら、留守電でした。
きっと元気にしているよ、と二人で納得したところで
夕食終了。ワインはまだ残っていました。
夫はコルクで栓をしながら、
適量終了。偉いなぁ。
と自画自賛しておりました。


子どもたちが居れば、笑ったり、叱ったり、
ワサワサしながらの食事で否応なく、仕事のことは消え去って
リラックスできていたのかもしれません。


これからは二人が多くなるのですよね。

みなさんは、どんなことを話しながら食事をされているのでしょうか?




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:39  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

専務は夫婦仲がいいですね。


うちは食事中の楽しい会話はダンナとはもてないので、私は食事を味わうことに集中しています。




昨夜、夫がタオルを腰に巻いて
「ちょっと来てみろよ」
というのでねずみでも出たのかなと思っていお風呂場に行くと、シャワーの口から水がポタポタ垂れているというのです。
私には見えなかったのですが・・・
最近何回か言われ気を付けているのですが・・・
ダンナは思い切り強く締めるのでパッキンが弾力がなくなっていて交換時期だと思うのです。
きっと、今晩も言ってくると思います。




うちの息子の携帯電話はいつも留守電です。
すぐに留守電になる設定にしてあるみたいで、話したいときはメールをいれてから電話をしています。
バッチ | 2013年10月29日(火) 10:53 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

夫と仲が良いのか悪いのか、よくわかりません。
でも、仕事は一緒にしなければならず、喧嘩などしている場合じゃありませんし、
趣味もリンクしていると、一緒に行動することが多くなりますよね。

楽しい会話は、ゴルフやラグビー、登山の話や、旅行のことなどが話題の時です。
私は単純で、おいしいワインなどを開けてくれると、それだけでごきげんになれます。
それでけっこう話も弾みます。e-12
jtstj | 2013年10月30日(水) 14:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1034-c2791971

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |