2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'11.12 (Tue)

婦人の友・カリスマ主婦の家族に落ち込んだ頃

以前、婦人の友という雑誌をとっていました。
家計管理や家事のコツ、子育てのヒントなど、実に合理的で、
新米主婦だった私はずいぶん真面目に読んで、
実践しようとしていたものでした。


でも、ある時に止めてしまいました。

息子3人が小学校の中学年から中学、高校へと成長していく過程で、
あの雑誌を読むことがいたたまれなくなってしまったのでした。


家事分担をきちんとこなしている子どもたち(しかも思春期)
被服費を任せて、その中でやりくりし、手作りもしている女の子
夕食に間に合うように、息せききって帰って来るという息子や娘たち・・・
なんだか別世界の家庭のような気がして、
読むと滅入るようになってしまっていたのでした。

お手伝いはほとんどしない息子たち。
お年玉をはたいて豪勢に洋服を買って来ては
すぐにあきてしまう息子たち。
もしくは、ずっと同じ物を着続ける。
高校時代から夕食に間に合わないことが多くなり
大学の現在は、食事を食べるか否かの連絡すらもままならない。
激しい反抗の嵐にさらされていたような時間が続いていたのです。

私の何がいけなかったのだろう。
自分を責めては落ち込む、
または息子たちを言葉で説き伏せようと試みる、
そんなことに必死になっていた私でした。

堂々巡りのスパイラルにすっかり呑み込まれ、
雑誌を手に取ることもありませんでした。

あれから何年たったでしょう。
今年久々に手に取って見ました。
やはり登場している家庭は理想的に見えるお宅です。
主婦が出社する前の台所はシンクもピカピカ。
家事分担表に従って、家事を分担している子ども。
台所仕事を手伝っている写真が掲載されていました。

こうあって欲しい、と願っていた息子たちの姿。
こうありたい、と願った家庭のありよう。
それとはかけ離れているかもしれないけれど、
今の私は、滅入ったり、自分を責めたりする気持ちにはなりませんでした。

私は私なりに精いっぱいだったのですから。
それに、息子たちは私の料理を食べて、
とにかく家で大きな顔してのうのうとしている。
外でいろんなことにもチャレンジしている。

それで良いのだ。私が弱り切って何もできなくなれば、
自分でどうにかやって行ける力もあるでしょう。

ちょっとだけ冷静に読むことができました。
それに、どんな家庭でも、どんな子育てにも、悩みはつきもの。
そんなふうにも思えるのです。
たとえ記事の中にその片鱗をみつけられなくても、そう思えます。

社会的な視点も持ち合わせているとても良い雑誌を
読めなかった自分から脱却。
1年間の購読を申し込みました。


今朝のお弁当。
002a_20131112172709d16.jpg
息子たちにも必ず何かが伝わっている、と思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:27  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あー、私もカリスマ主婦とはほど遠い存在です。
育児書も婦人の友も読んだことがありませんでした。


私は昔も今もほとんど読書をしていません。
自慢はできないのですが・・・



息子さんたち、みんなのびのびと育っていいことですよ。
家庭はわがまま言ったりくつろいだりするところ。




うちは小学生のころは毎日のようにきょうだいげんかをしていました。
平和な家庭がほしい!と思っていました。
今はそれぞれのきょうだいのホンネがだいたいわかるので、仲良くなりました。


今年初めて読み終わった本は
 「医療防衛」  今村 聡・海堂 尊 共著
です。
日本医師会の行っていること、役割がよくわかりました。
医師会は開業医のための組織だと思っていましたが、国民全体の健康を守るための組織であり、開業医、勤務医を問わず会員になっていることがわかりました。
誤解を受けていることが色々あるそうです。
バッチ | 2013年11月14日(木) 09:04 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

婦人の友、友の会は目白の明日館での講演会などに誘われて行ったり、
自由学園の学園祭を見に行って、一時は息子たちの進学先としてどうだろうか、
と真剣に考えたりもしました。
真面目にやろうとしすぎて、つまずいて、私は距離を置いてみよう、と思ったのです。

考え方とか、家事や家計のとらえ方など、勉強になったことは多々ありまとした。
今は自分なりの方法で、参考になることは取り入れよう、そういう気持ちです。

私は、聖書をきちんと読みたいな、と思っています。
年齢によって、ひとつの聖書の言葉から、受けとるものが全く違ってきますから。

jtstj | 2013年11月14日(木) 15:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1043-a3cc55f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |