FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2013'12.06 (Fri)

渋谷ヒカリエ、シアターオーブ

昨晩お友達に誘われて、渋谷ヒカリエ、シアターオーブで
ミュージカルを見て来ました。
Mama, I want to sing です。

ゴスペルの力強いサウンド
圧倒的な声量
素晴らしかったです。

KIMG0781a.jpg


歌詞の内容も胸に迫りました。
箴言とか、伝道の書、エレミア書などが歌詞に出て来るのです。
生きる上での示唆にあふれていました。

Mama, I want to sing のタイトルにもなっているのは
歌手になろうとする娘がそれに反対する母親に
自分の心情を訴える歌でした。
実話がベースなのだそうです。
親に内緒でアポロシアターのオーディションを受けて優勝し、
契約書を握りしめて午前3時に帰宅する娘。
家では、娘に何か間違いがあったのではなかろうか。
事故にあったのではないだろうか、と心配し、
お守り下さい、早く帰して下さいと、必死に神に祈り続ける母親の姿。

我が3バカトリオの行状とダブり、母の姿、祈りの歌声は
涙なくしては見ることができませんでした。
いずこも同じ・・・
そして未来永劫、親と子のこんな構図は変わらない。

けれど、彼女は旅立ちます。母は祈りつつ見送ります。
最後は立派な歌い手になるのですが、
誘惑の多いショービジネスの世界で自分を保たせたものが
親の深い愛情と、信仰だったのだと思いました。

人の物差しは、自分に都合よく変わります。
どんな時代であろうとも、自分がどんな立場になろうとも、
普遍のスタンダードたるもの、それが信仰。
全身で高らかにJesus と歌い、語りかける歌声がそれを教えてくれました。

クリスマスソングはなかったけれど、
神様から、素敵なクリスマスプレゼントをいただいた、と思いました。

KIMG0785c.jpg

KIMG0787.jpg

誘って下さってありがとうございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:40  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

光が作り出す雰囲気はとても素敵ですね。




ミュージカルは本当に素晴らしい。
心が幸せな気持ちで満たされますね。




>いずこも同じ・・・
>そして未来永劫、親と子のこんな構図は変わらない。




国が違っても、習慣が違ってもわかりあえる感情ですね。



先日、オードリー・ヘプバーンの「尼僧物語」をTVで見ました。
高校か大学のころに見てヘプバーンの身も心も清純で美しくある姿に感動しました。
今見ても素敵な映画でした。
何かに奉仕する心にも惹かれました。
でも、私も主人公と同じように修道院にはいることはできないだろうなと思いました。



讃美歌の歌詞は心の安らぎ、勇気を与えられるので好きです。



お正月に今年も劇団四季のミュージカルを見に行こうと思いましたが
「リトルマーメイド」のチケットは3月まで売り切れでした。
残念!

バッチ | 2013年12月08日(日) 17:51 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

四季は人気があるのですね。
今年、私はオペラ座の怪人を見ました。
友の会?のようなのに入っている方と行ったので、
とても良い席でした。早めに予約して買えると良いね。

劇場は、音の響き方とかそういう面も大切なのでしょうけれど、
ロビーとかエントランスなどは、これから始まるよ~!という
ワクワク感、気持ちの高まりを演出してくれるような建物が良いな、
と思います。劇場と音楽ホールとまた違うのでしょうが、
ホールを見るのも、私にとっては楽しみです。
(親切なお抱え解説者も居ますので・・・)
jtstj | 2013年12月09日(月) 10:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1056-694148a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |