FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2014'01.14 (Tue)

年末の木造4階建ての現場

木造4階建ての現場は、工事が進んでいます。

まずは杭工事です。
DSCN4016a.jpg
現場に搬入された杭の長さや厚みなどを打設の前に検査します。
構造設計事務所の人です。
DSCN4018.jpg

検査が終わると、打設が始まります。
DSCN4010c.jpg
DSCN4025b.jpg
DSCN4027.jpg
看板を掲げて、工事写真の撮影。これはいつもと同じです。
この現場は地盤が悪く、水位も低いため、湧水があり、
監督はたいへんだったようです。
DSCN4138.jpg

杭の次は、根伐り(穴ほりです)
DSCN4043d.jpg
重機を使って掘り進めます見えているのは、杭の頭の部分です。
DSCN4041.jpg

次に捨てコンクリートを打ちます。
湿気予防のビニールを敷きます。
DSCN4108f.jpg
地鎮祭でいただいた鎮め物をこの段階で、中に入れます。
DSCN4111g.jpg
DSCN4113.jpg

打設が終わりました。
DSCN4119.jpg
ここまで進んでお正月休みになりました。

昨年中に、フューチャーウッドシステムのパネルを製作する
ミサワホームさんの松本の工場で試験組も行われました。

あいにくの雪でしたが、決行。
DSCN4075j.jpg
DSCN4085l.jpg
DSCN4059k.jpg

現場での建て方に先だって問題点を洗い出し、改善をするのだそうです。

みなさんの協力、力を結集して、現場は進みます。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

15:45  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>地鎮祭でいただいた鎮め物をこの段階で、中に入れます



ほーこんなことをするんだね。




こうやって建てていくんだね。
よくわかるわー。

杭の検査、杭打ちと下準備は大事だよね。



問題がおきたら解決しながら前に進んでいく。
完成するまでワクワクするね。
バッチ | 2014年01月16日(木) 21:32 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

鎮め物と言うのだそうです。基礎の中に埋め込むのです。

建築は、工場生産とは違うので、天気や自然条件にも左右されるし、
その現場、現場でいろいろなことが起こります。
ひとつひとつ、クリアして進んでいくのです。
監督は予算や後期、品質、安全のことなどを管理するのですが、
その時々の職人さんや、設計者などたくさんの人がかかわります。
協力なくしては、良い建物ってできないのだなぁ、と実に沁みて思っています。

jtstj | 2014年01月17日(金) 11:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1076-2b6022ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |