2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'02.03 (Mon)

金曜日の夜は

高校時代の同級生3人に我が夫、計4名で
金曜日の夜は東京芸術劇場でコンサートでした。
豊島区の広報誌に会社の広告を掲載している関係で
年に何回か、ご招待いただけるのです。

二十歳の青年のピアノ演奏からスタート。
ぎこちなく舞台へ登場してきた彼は、
客席三方向へ向けて最敬礼のおじぎをしていました。
息子と同じような年格好。
やせっぽちでひょろっとしていて、なんとも初々しい。
可愛い~~~い!!
おばさんの心、わしづかみであります。
曲目はチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番。
演奏が始まると、それまでの姿から一変、
力強く、堂々とした演奏でした。

演奏後は、拍手が鳴りやまず、青年はおずおずと
出たり入ったり、最敬礼をしたり、を繰り返しておりました。
そして、アンコールに応えるように、もう1曲、
かなり技巧的なアップテンポで激しい曲調の楽曲を演奏しました。
(曲目、わかりません)
あれだけの演奏を終えて、すぐにまたあの演奏ができる。
彼のピアノが会場中の空気を席巻していました。
あふれる才能、みなぎる若さ。
未来へと続く道が、輝いて見えた気がしました。
どんなピアニストになっていくのか、楽しみです。
今回の曲目は彼にあっていたと思うけれど、
ショパンやリストを弾いたとしたら、どんな演奏だったろう?
そして、年を重ねたら、今日の曲もどんなふうに奏でてくれるだろう?
そんなこともちょっと想像させられました。
高橋優介というピアニストを聞き続けて見たい、と思いました。

もう一人、プリマドンナの幸田浩子さんと東京交響楽団の演奏は、
安心して聴いていられ、心地よいものでした。


濃密な時間を堪能して、

可愛いわねぇ。
おばさんにあの弾き方は無理ね。
若いってスバラシイわぁ。
私たちなら腱鞘炎になって、どこかのスジがつりそう・・・
などなど、話しをしながら帰って来ました。

若さと才能に圧倒された夜でした。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:37  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

専務も以前はピアノを弾いていたのですか?



ピアノを弾くということは、かなり高度なことだと思います。



速く弾くには暗譜をしていなければならないし、弾いている先の音符をすでに読んでいるし、和音は一度に八音位の音と指の形を覚え、♯や♭の音を覚え(転調があるから途中で変わることがある)、強弱を覚えなおかつ左右別の音を弾く。


ピアノを弾くことは認知症の予防にもなると思います
バッチ | 2014年02月08日(土) 10:58 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

ピアノは弾けません。聴くだけです。
幼稚園の時、親せきの女の子たちが習い、一緒に何回か行ってはみたものの
練習などがイヤになり、すぐにやめました。
親も、私は身体を動かすことの方が向いている、と感じたようで、
それから日本舞踊を習っていました。

その時、ピアノを一緒に習った従姉妹の一人は、音大のピアノ科に進学しました。
彼女と比較されるのも、イヤになった理由かな、と思います。
それでも、仲良しだったので泊りに行っては、彼女の延々続くピアノのレッスンに付き合い、
発表会にも行き、ずいぶんたくさんのピアノ演奏を聴かせてもらいました。

聴く分には好きな楽器です。でも、過酷で地道な練習が必要なのですよね。
彼女のピアノ漬けの生活を見ていて、そう思いました。

ボケ防止にピアノとは、考えたこともありませんでした。
jtstj | 2014年02月08日(土) 15:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1087-ff429fcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |