FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2014'02.09 (Sun)

ただいま

雪の中、いろいろと出かけていました。

昨日、今日と、国試を受験中のお嬢さんの送迎をしました。
我が家に泊る、泊らない、送迎する、しないなど
いろいろさんざん紆余曲折があったのだけれど、
本当にブリザードのようになってきて
有無を言わさず送り届ける、ということにしたのです。
でも、私の友人(母親)とお姉さんはわざわざ会場まで出向いていました。
うまく会えないと困るし、心細いだろうから、と心配したのです。

そして今朝も、7時に彼女の家に行った時、二人は外に出ていました。

有難うございます。お世話をおかけしますが宜しくお願いします。
お姉さんは一生懸命挨拶してくれました。
妹にも、落ち着いてね。
と声をかけて、妹さんも、有難う。行ってきます。
と元気に答えていました。
お弁当はお姉さんが用意してくれたのだそうです。
お姉さんは、毎日家族3人分のお弁当をつくってくれるのだそうです。


長女のお弁当を持って診察している友。
そして同じ道を進もうとしている次女。
母親をしっかりと支えたいという気持ちにあふれたお嬢さんたちでした。
彼女が注いだたくさんの愛情。
友の苦労は報われる、私はそんなふうに思いました。

夫は、ちょっとだけ娘を持ったみたいな気分だった。
役に立てて、嬉しかった。と言いました。
しっかり者のお姉さん。姉妹っていいね。
とも言っていました。
このお姉さんは、私たちのラグビー観戦仲間でもあるのですが、
今回のことで家庭の中の彼女の一面を見たような気がしました。
少しだけ、お母さんや妹のために、と思いすぎないように。
自分が一番で良いのよ。と思いました。



さて、送迎が終わり、私は教会の礼拝に出発。
いろいろ考えて、登山靴にしました。
トレッキングポールも持って準備万端。
快適な朝のお散歩でした。
KIMG0904aa.jpg

山荘はどうなっているだろう?
雪の中を歩きたいなぁ。
スキーもしたいなぁ。
ふつふつとそんな気持ちが湧いてきました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

無事に試験が受けられたようでよかったですね。



土曜日はいつものように五時まで仕事で、いつも通りに患者さんは来ていました。



日曜日は天気が悪かったから投票に行く人は減ってしまったでしょうね。


安倍首相になって、メディアが統制されたり世の中の雰囲気がシナ事変の前に世の中の動きが似ていると母が言っていました。
国民は戦争が始まるとは思っていなかったし、始まったときはすぐに終わると思っていてどれもみんなの考えとは反対に日本は進んでしまったと言っていました。
子供達には戦争を残したくないといっていました。



母の友人の夫は六ケ所村の理事をしていましたが、数年前に白血病で亡くなりました。
病気になってから日記を書いていましたが、国を憂うることばかり書かれているそうです。
バッチ | 2014年02月10日(月) 11:51 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

国家試験、今日が3日め、最後ですね。本当に記録的な大雪で警報が出ましたから、心配しました。
無事に受験で来て、一安心です。私の友人は、自分の受験の時の方が呑気だったとしみじみ言っていました。
そんなものかもしれませんね。

選挙は、我が家は全員行きましたよ。誰に投票して良いかわからない、とか投票したい人がいない。
だから行かない、とか白紙を投じるとか聞きますが、そんな場合じゃないように思います。
パーフェクトな候補者が見当たらなかったとしても、その中で、有権者の声を聴いてくれひうな人、
重きを置く部分が一致しているならそこにかけるとか、とにかく投票しないことには始まらない、と思うのです。
立場や与えられた職責が、その人をその場にふさわしい人にする、ということもあります。
投票した以上は、正しく職責をまっとうできる知事になってもらうための、有権者は忍耐、育てる、
という行為も必要なのだと思います。声を上げ続け、仕事ぶりを見続ける。
政治家の貧しさは、有権者の貧しさでもあると思っています。

バッチのお母さまや、私の叔父などの世代(学徒出陣70年ですから、齢90です)はもう残り時間がありません。
叔父は9条の会などで活動していましたが、最後の力を振り絞って、今一度語って欲しい、と思っています。
バッチのお母さまにも。私たち世代がちゃんと伝えなければ、と感じています。
jtstj | 2014年02月10日(月) 14:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1092-7ca50ee7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |