FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2014'02.13 (Thu)

鍵付の拍手コメント、お返事に代えて

私には、三人の息子を育て上げた、という気持ちはありません。
未だ、その途中。そんな気がしています。
幼児期、少年期、思春期、それから現在、さらには
彼らが夫や父親になったとしても、やはり親子は親子、
その時々の局面で、新しい関係を結んでいき、
多分一生、親としての心配や気持ちを持ち続けて、
親の心子知らずだ!! なんて言っているのではないか、
とそんなふうに思っています。

長男が中学入学から始まった、3バカトリオの思春期。
親はしょっちゅう学校に呼ばれ、停学処分を受けて、交通事故にあい
深夜になっても帰宅しないことも多々あり、家出もしてくれて、
眠れない夜を過ごしたことも数知れず。
とにかく、ここに書けないようなことを
3人ともたくさんたくさんしてくれました。
何で母の気持ちが通じないの、と泣き
自分の育て方が悪かったのだ、と自分を責め
あれこれ我慢に我慢を重ね、遂には鬱病になったりもしました。

でも、今があります。
転機は、自分がどうにかしよう、と思わなくなったこと。
どうにもできないのだ、と悟ったのです。
そして、息子たちを変えるのは不可能なら、自分が変わろう、
と思ったことでした。
共依存、という言葉を知りました。
息子たちは荒れる感情を親のせいだ、と片づける。
私は、自分が悪いからだ、と歯を食いしばって、耐える、ふんばる。
でも、その結果、お互いにそこから抜け出ることができないで
依存しあい、穴の中でもがいているだけ。
息子たちにとっても良いことは無かったのです。

そんなに親や家に不満があるなら、一人で生活しなさい。
長男にそう言って、実行したことが転換点だったように思います。
今だって、いろいろなことがあるのですが、
以前の嵐のような辛い時間ではなくなりました。

息子たちの、生きて行く力、そこを信じられる、信じよう、
そう思っているのです。


長男、出て行け宣言をした時の支えになった言葉です。

変えられないものを受け入れる
心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける
英知をお与えください


生涯かかって、親になりたいと思います。
頑張りましょう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2014年02月13日(木) 19:52 |  | コメント編集

★ありがとうございます

私に宛てていただいたお返事かな…と思っています。
半年ほど前、jtstjさまのブログに初めて出会ってから、
更新を楽しみにさせていただいておりました。

jtstjさまは母親としての確固たる立ち位置を保ち、
凛としていらっしゃるように感じられ、
それぞれのお子さまに合った距離感を
きちんと把握していらっしゃる方だなぁと、
いろいろと考えさせられていたのです。
私自身が母としての在り方に迷っていたからかもしれません。

今日の記事も、何度もうなずきながら読ませていただきました。
悩み、迷い、眠れぬ夜を過ごすのは、
自分を見つめなおす機会にもなるのかもしれません。
生涯かかって親になるということ、
私も心して向き合っていこうと思いました。

長々と失礼いたしました。
ありがとうございました。
カモミール | 2014年02月13日(木) 22:54 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2014年02月14日(金) 08:37 |  | コメント編集

そうだね。

人間を育てるのは大仕事だね。
バッチ | 2014年02月15日(土) 16:42 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

人を育てる。

育つ力を信じて、手助けすることぐらいしか、できないし、
それだっておぼつかないと感じることが多々あります。

教師という職業、本当の教師。
これもたいへんな聖職だと思います。
jtstj | 2014年02月17日(月) 17:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1095-78464c26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |