2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014'03.18 (Tue)

信じられない出来事

鹿島建設が建てて、三菱地所レジデンスが販売の高級マンション、
瑕疵があり、建てなおすことになったという報道がありました。

スリーブが空いていないところが700個所
後で、孔をあける時に鉄筋を切ってしまったところがある
発覚したのは、ネットの書き込みだった

ビックリすると同時に、どうしてこんなことが起こるのか、
という疑問もぬぐえません。
施工主は鹿島建設、関電工が配管設備、どちらも超一流企業なのです。


我が社のささやかな現場でも、スリーブ入れだけだって
構造や意匠設計者が何日もかけてチェックしているし、
社内の監督も相当にチェックを重ねているのです。
施工図に落とし込む時にスリーブ記入のミスがあった、
と書いてある物もありましたが、施工図の承認は誰がしたのでしょうか?
一体、どんなふうな検査になっているのか??
設計や施工側の検査の他に、中間検査たってあるはずだし。

訳がわからず、朝、夫にこんなことは普通に起こるのか解説して、
と頼んだのですが、夫は あり得ない と言ったのみでした。

どうしてこういうことが起こったのか、
ネットで書き込みされるまで、気付かなかったのか、
納得できる説明が是非ほしいと思います。

原因は共有して、今後に生かしたい。
何か理由があるはずなのですから。

たくさんのチェックの段階で、誰もが他人任せで
自分の仕事をきちんとしない、責任を果たさない
そんなことの積み重ねの結果ではないことを願うのみ。
姉歯事件の時のように、まじめに仕事をしている建築に関わる人全体が
うさんくさい目で見られてしまうのは、なんだか悲しいです。

それにしても、購入されていた方は本当にお気の毒です。
もうすぐ新居に入れるはずだったのに。

私たちの仕事の責任。
改めて、社員全員と共に、襟を正して向き合いたい。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:08  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

大きなところだから安心ということはないのですね。
最後は人間ですよね。



注意深くやる人か、きちんとマニュアル通り慎重にチェックする人が仕事しているかなのですね。




私も大きい病院の処方箋を受けていて、こんなミスをするのかというものがあります。
数回経験したり、その対応によって患者さんにはその病院は紹介する気になれません。
バッチ | 2014年03月19日(水) 10:27 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

最後は人。本当に。信頼した人に託す、決してネームバリューなどでは無いはずですよね。
検査機関も何をしていたのだろうか、と思うのです。
検査、保証、保険などなど。書類の数は増えて、手続きは煩雑になっても、ちゃんと機能しているのか、
こういうことがあると、はなはだ疑わしいのでは??
と感じてしまいます。

でも、とにかく、日本を代表するような建設会社なのですから、自分たちの立場と
その責任を重~~く受け止めてもらいたいと思います。
どうしてこんなことが起こったのか、原因を開示することも義務だと思うのだけれど。
jtstj | 2014年03月19日(水) 18:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1116-bce701da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |