2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014'07.07 (Mon)

週末は大忙し

このところ、週末の予定がてんこ盛り状態です。
いつもの食事会などの予定に長男のことが加わっているのです。

土曜日は、いつもの皆さんとの食事会でした。
私は息子のことでモヤモヤしていたのですが、
皆さんに話を聞いてもらい、心が少し軽くなりました。
さらに、的確なアドバイスもいただけて、心に沁みました。
KIMG0259a.jpg
KIMG0260b.jpg
KIMG0261c.jpg
KIMG0262d.jpg
KIMG0263e.jpg
KIMG0265f.jpg

2本目のワインが空く頃には、元気復活。
南アフリカのワイン、なかなか美味しかったです。
友達は有難いものです。


日曜日は、長男と夫と私、三人でじっくり話ました。
本当は我が家に来るはずだったのが、
仕事が終わらず行けない、と連絡が有ったのです。
仕事場まで来てもらえれば、時間を取ります、ということだったので、
息子の仕事場の最寄り駅まで出向きました。
ウガンダだかどこだかの税制が変わってどうのこうの。
終電までには帰りたい、と息子は言っていました。
(アフリカの税制も大切かもしれないけれど、
君の結婚も大切なのに・・・母はこの言葉をのみこみました)

息子と話してみて、危惧していたよりも、息子の意思や、
考え方がはっきりしている、ということがわかりました。
さしたる考えも無く、流されているだけではなかったようです。
そしてもう一つ、私たち年代のイメージする結婚や家族の形態とは
全く別の考え方も出てきているのだ、ということを実感させられました。
夫婦で生活し、やがて子どもが生まれ、家族になる。
それをステレオタイプと言うならば全くその通り。
それだけが幸せなのか、と言われれば、
そんなことは無いかもしれないけれど・・・でも・・・

親として、夫婦とは、家族とは、究極 何なのか、
突き付けられたような気がしました。


それでも、私は息子と話してみて、良かったと思っています。
伝えたかったことは、みんな話ました。
息子は学生時代とは大違いで、真摯で礼儀正しかったです。
自分の考えを冷静に話し、親の意見も無視したり、
シニカルにあしらう風でもなく、ちゃんと耳を傾けていました。
私たちの言いたかったことは、充分、理解してくれた、もしかしたら、
話に行く前からわかっていたのかもしれない、とも思いました。

世の中は変わる。
家族の形も、夫婦のありようも、変わって行くのかな。

会社に戻る息子と別れ、空いている地下鉄で揺られながら
そんなことを考えつつ、池袋まで戻りました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:47  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ボリューム満点のコースだね。



そして、食器が素敵だね。
貴族のようなリッチな気分を味わえるね。



長男君は社会人になり、そこで人間性も磨いてもらいおとなになっていたのですね。



世の中も人の様も変化していくものなのですね。
その速度は速いですね。




私が高校のころ「親子の断絶」とか「##の断絶」という言葉がはやっていた時期があったように記憶しています。


世の中の流れに乗る人とそうでない人と色々ですよね。
バッチ | 2014年07月09日(水) 09:33 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

世の中の変化につれて、人の価値観もかわるのでしょう。
親子、夫婦のありようも、変わってくるのかもしれません。
でも、反対に、絶対に変わらないものもあるわけで、
その変わらぬ価値が変わらずに輝き続けている所以は何なのか、
若い人にも考えてもらいたい、と思わなくもありません。
・・・それとも、年をとるまで生きてみなければ、わからないことなのかもしれませんね。
jtstj | 2014年07月09日(水) 13:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1182-1acb084d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |