2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'08.17 (Sun)

ゴルフコースの洗礼

お休み中のゴルフは強烈な体験でした。
グランディ那須白河ゴルフクラブ。
7月31日から、男子プロトーナメント 
ダンロップ・スリクソン福島オープンが開催されていたそうです。
それだけで、行く前からドキドキでしたが、
本当にタフなコースでした。

キャディーさんが言うには、
グリーンは遅くしてあります。あのまんまだと、
往ったり来たりしているだけで、ずっと終わらないから、進行上困るので。
ラフは、営業が立て込んでいて、ほんの少ししか刈れてません。
ということでした。果たして・・・

そもそも、フェアウェイがベント芝ということで、
今まで経験したゴルフ場と全く感じが違うのです。
フッカフカのフッワフワ。歩いていると沈むような感じがします。

アイアンショットでは、プロのテレビ中継で見るように
ターフが取れて舞い上がるので、ちょっと良い気分。
でも・・・ランが出ないのです。
ドライバーショットもフェアウェイに球がめり込んで埋まってしまうのです。

キャディーさん
ランが出るのは、グリーンだけですから。フェアウェイは止まります。
その通りでした。
めり込んだら、無罰で掘り出してボールは拭けますよ。
とタマを綺麗にしてリプレイスしてくれました。

しかし・・・ウッドやユーティリティーでも、ターフが取れてしまうのです。
私の好きなクラブで、普段なら、ソールが滑って抜ける、という感じなのに。
正確なショットができないと、距離も稼げませんでした。
ファーストカットにボールがある時が、一番打ちやすかったかも。


そして、ラフ。密集していて、見た目浮いているようでも、
脱出はとても難しかったです。沈んでいる時は、
サンドを使ってバンカーショットみたいに打ちました。涙。

グリーンは、あれでも遅くした、というのでしょうか。
オンしても止まりません。ランがでるのはグリーンだけ、というのは本当でした。
すごいアンジュレーションで、あり得ない方向を向いてパターをすると、
大きく蛇行しながら寄って行く、という経験をしました。
キャディーさんがいなかったら、無理。
セルフのお客さんは、ツーオンファイブパットも居ますよ。
と言っていましたが、納得です。

ショートホールだけが、バーディーとパーでした。
ミドルでスリーオンしても、止まらずにロングパットになります。
キャディーさんの指示通りで、ワンパットで入ったホールがひとつ。
まともなのはそれだけでした。

キャディーさんも、面白い方でした。
グリーンに載せる時は、
あのドテ方向です。そしたら転がって寄ります。
それ以外は、止まりません。というような指示。
夫がロブショットならどうなのですか?
と尋ねたら、できるならやって下さい。
と言われて、苦笑いしていました。


お風呂の中で、女性が怒りながら話していました。

メンテが悪すぎよ。何よ、あのラフ。
それに狭いし、ウネウネしすぎていて、設計ミスよね。
本当! こんなスコア10年ぶりだわ。欠陥よ!!
などなど。

私は湯船につかりながら、コースの設計ミスって言い放つのが、
すごいなぁ、と思って聞いておりました。
建築の場合の設計ミスって、例えば、ドアの開口が小さくて、
予定していたドアが取り付けられない、とかそういうことですから。


夫も弟も、練習してリベンジに来たい、と言っていました。
キャディーさんによると、こんなはずじゃなかった。
接客業なのに、こんなにイヤな気分にさせてどうする、
と怒ってしまって、もう来てくれないお客さんも居ます。
ということでした。

ユルユルのゴルフをしていたな、と思い知りました。
基本を忠実に練習して、私はリベンジにまた来たいです。
ハーフだけでワンラウンドしたくらい疲れたゴルフでしたが、
面白かったです。

明日から仕事。
頑張ってゴルフも仕事も精進いたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:35  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

とても難しいコースだったのですね。



怒ってしまうお客さんは、とても悔しくて負け惜しみを言わなければ気がすまなかったのですね。


流石にプロのトーナメントコースに使うだけのことはあるのですね。




私は壁塗りは終わりました。
旅行から帰ってきたダンナが見て、ムラニなっているところがありひどい塗り方だと言っていましたが、私は気にならない程度のデキです。
1日目は、無理な格好をしたり、必要以上に手に力を入れたりかなり筋肉痛になりました。
姉にマッサージをしてもらいました。



ダンナは9日~16日まで一人でタイに旅行に行ってきました。
バックパッカー旅行ができる昔の体力があるか試してみたいと。
航空運賃のほかに使ったお金は約4万円。
初日は20年前に泊まったホテルに日本から予約していきました。
安く安全に泊まれるのは寝台列車ということでバンコクから列車・船を乗り継いでサムイ島の対岸にあるパン何とか等に行ったそうです。

南方系の姿をしているダンナは欧米人に道を聞かれることが何回かあったそうです。
サンダル履きにうすいぶかぶかズボン、オレンジ色のウインドブレーカー、無精ひげ、日本で見たら間違いなくホームレスのような恰好をしていたそうです。
そんな人が片言の英語でホテルに行き今夜泊まりたいというと一番安い部屋を紹介してくれたそうです。



結婚後初めて一人旅をして、旅行の目的を悟ったそうです。
自分が旅行に行く目的は私にいろいろなものを見せるためだと。


友のいない夫でも一人旅はもうつまらないようでした。
バッチ | 2014年08月18日(月) 12:41 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

難し~~~~いコースでした。
でも、あと一歩練習すれば、もう少し何とかなる、というような
希望的楽観もして帰って来ました。

怒ってしまう人、というのは、キャディーさんが言うには、腕に覚えあり、
というか自信を持っていた人たちのようです。

それぞれに、充実した夏休みを楽しんだのですね。

バッチさんにいろいろな物を見せるための旅行か・・・
たいへんご馳走さまでございました。
jtstj | 2014年08月18日(月) 13:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1209-c5cd8653

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |