2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014'08.18 (Mon)

川内原発・パブリックコメント

8月15日が締め切りの「川内原発審査書案へのパブリックコメント」
先輩のOさんから、提出したので、と本日メールが送られてきました。

読んでみると、本当にもっともな内容なのです。
許可をいただき、一部抜粋して掲載してみます。

私は学生時代、放射の部屋だったけれど、原発の再稼働には反対です。
経済性、クリーンエネルギー、いろいろなことを言いますけれど
安全性を度外視しているような判断基準は、そもそも問題外だと思うのです。
何故、安全性が度外視されているのか、O先輩からのメールはとても良く理解できるのです。

読んでみていただければ、そして考えるきっかけにしていただければ
と思います。

*****

意見 
原子力規制委員会が新規制基準を作成し、
本件申請の審査を行うのは間違っている。
依って、審査書案は全面的に認める事は出来ない。

理由
1.福島第一原発事故の原因調査が未だなされていない。
事故原因が明らかでないのに「新規制基準」を作り、審査するのは
『原子力規制委員会の基本観念』が間違っている。

品質管理では、大原則の「Plan」「Do」「See」「Action」の“管理の輪”
が完成しないと品質の保証は出来ないとされている。
事故原因の究明、すなわち「See」が欠落していては
“管理の輪”が完成していないのは明らかである。
このような「See」の欠落した状態では原子力の品質は保証されない。
こんな基本原則が解らない原子力規制委員会は全員”勉強不足”である。

2.耐震設計における基準地震動の値を変えて、
構造物の耐震性を評価し直して「新基準地震動」に耐えうるとしているが、
原子炉新設時の旧基準地振動に耐えるとした
原子炉主要部の材質、構造、寸法は変えようがない。
同じ設計基準で原発の主要構造が設計されているとして、
基準地振動だけを大きくすると、同じ耐力の材料を使っているから安全率を下げざるを得ない。
依って、「新規制基準」に合格と判断するのは、素人を欺く”まやかし”である。
原子炉を新基準地震動で新規に設計製作し直さないかぎり
従来の安全率を確保出来ないのは自明の事である。
安全率を下げると云う事は「安全性を下げる」ことであり、
これは認められない。
構造は違うが東電福島の原子炉格納容器が地震によって損傷したことは、
メルトダウンした燃料を冷却する海水が原子炉建屋に漏れ出している事からも明らかである。
このような設計基準で作られた原子炉は安全でない。

以上

*****

いろいろな資料を散見しただけでも、見切り発車なのがよくわかり、恐ろしくなります。
火山の爆発に対処できるのか、10キロ圏だけの避難計画で良いのか。などなど。

政府は新規制基準を「世界で最も厳しい水準」として、
合格原発は再稼働を進める方針なのです。
川内原発は、現在のルールにのっとって、国民からの意見公募、
その後の地元の同意、そして再稼働となってしまうのでしょうか。

福島の原発事故後以前には、無理だと思わされてきた
「原発ゼロ」のまま、日本は社会を維持してきているのです。

無理なんかじゃない!!と声を大にして、言いたいです。
:原発NO!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:47  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

そうだね。
今年の夏も乗り切れそうですね。



エアコンはかなり進化して、昔のように電気を沢山使わずに効率よく室内を冷やせるようになっているそうです。



うちの薬局のエアコンは昨年新しものに変えましたが、効率よく冷え、電気代は安くなっています。
以前のエアコンは古すぎましたが・・・




太陽光を利用したソーラーパネルは普及しつつあるように思いますが・・・
中東の政情が不安定なので石油に代わるものを開発していかなければならないですものね。



電気代単価は上がっているようですが、安全はお金で買っていかなければなりませんよね。
バッチ | 2014年08月19日(火) 12:21 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

安全にかかる費用を負担する、という発想が必要ではないか、と思います。

期限切れの鶏肉の件の時にも思ったのですが、安いということは、ベストでは無い、
と思うのです。安全を担保するのに必要な費用は負担する。
その姿勢が求められているように思います。

どんな情報を信用して、どこにお金を使うのか。
社会全体がcheaper is best の考えから
そろそろ脱却する時なのでは、と思います。
jtstj | 2014年08月19日(火) 16:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1210-029a9296

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |