2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014'09.05 (Fri)

異和感

最近テレビを見ていて、異和感を感じたことが二つある。

一つ目は、バラエティー番組。
世界各国に嫁いだ日本人女性の暮らしぶりを紹介しながら、
いろいろな国の文化や習慣の違いを浮き彫りにする、
というような内容の番組で、スタジオでも、
各国の方たちがコメンテーターとしていろいろな意見を自由に発言するのだ。
で、それを見ていた時、ある国の人たちが口々に、
「交通事故でも、どろぼうでも、事故に遭う人が悪いし、盗まれる人が悪い。
だから絶対に謝罪しない、認めたことになっちゃうから。」
というようなことを言っていたのだ。
それを受けて、出演していた○○夫人が、
「それが当たり前で、それが世界標準なのよ。」と発言。
別の芸能人の方も、
「世界に出て行くには、そのくらいじゃないと。
日本はだからダメ」みたいに言っていました。

悪いことをしても、やられる方が悪い。
謝罪したら認めたことになるから、絶対にあやまらない。
それが世界標準・・・なんてあり得ない。

自分の意見、意思をはっきり主張することと、
悪を善と言い切ることとは、違うのだ。
さも、日本の常識が世界の中では異端のように言い切っている。
子どもたちが視聴する時間のテレビで放送すること自体、
許し難い気がするのだけれど・・・
非常に不快だった。

もうひとつは、全国学力テストのこと。
知事の一存で、平均点以上を獲得した学校の校長先生の氏名などを
公表してしまった、というニュースだ。
公表の是非を語ることはしないけれど、公表する権限の無い人が、
一存でルールを飛び越えて実行してしまうことに、恐ろしさを感じる。
日本は法治国家ではないか。
公表すべき、という信念があるのなら、ルールの改正に力を尽くし、
その上で実行すべきことだ、と強く思うのだ。
ルールがなくても、知事という立場で強行してしまう。
ゴリ押しではないか。
こんなことが許されて良いはずが無い。
知事のこのような行動を見て、
子どもたちは正しい民主主義のルールを学べるのだろうか・・・

とここまで書いて思う。
この国は、首相が憲法にまつわる重要な事を、民意を問わないで、
解釈変更で押し通そうとしている・・・法律に込められている思想をくみ取り、
尊重するという姿勢が皆無ではないか。


どこへ行く? 日本。
大人たち、シッカリしようよ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
15:22  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>「交通事故でも、どろぼうでも、事故に遭う人が悪いし、>盗まれる人が悪い。
>だから絶対に謝罪しない、認めたことになっちゃうか
>ら。





これがすべて正とは思いませんが、少し当たっているところはあると思います。



夜、自転車で無灯火で携帯電話をみながら自転車に乗っていたり、四つ角をスピードを落とさず自転車で曲がったり、車がよけてくれると思って横に広がって道を歩いていたり、スマホのメールを見ながら歩いたり・・・


危機感がない日本人はわりといるとおもいます。
車の運転だって老人も運転するし、運転が上手な人ばかりではないし・・・


自分が気を付けて避けられる事故とそうでない事故とあると思います。




30年ぐらい前の話ですが、アメリカに住んでいた時、日本人の年配の奥さんが車で人をはねてしまいました。


警察官に、何マイルで走っていたか、歩行者はどこをあるいていたかと聞かれ、ありのままを答えると、
「あなたは法定速度以内で走っていて、歩行者は横断歩道があるのに横断歩道でないところを渡ったのでこの事故は歩行者が悪い。」
と言われたそうです。



その時日本はどんな時でも車が悪いことになって日本とは違うんだなと思いました。




交通事故を起こすのは悪いことで、どろぼうも悪いことですが、自己防衛も必要だと思います。


番組では短時間で言わなければならないし、日本語を十分に話せるわけではないので説明不足で誤解を生じることもあるのでしょうね。



私はその外国人と同じ考えというわけではないけれど、日本人は時にはもう少し危機感を持ったほうがいいのではないかと思う時はあります。


けれどそんな日本の文化だから、日本人は親切で礼儀正しく、いい人が多いと評判はいいですよ。
バッチ | 2014年09月06日(土) 10:12 | URL | コメント編集

★Re: バツチさんへ

日本人が危機感を持って海外へ出て行くことは、本当に必要だと感じます。
世界のどこを探しても、日本のように落とし物のお金が出て来る、などという国は
少ない、というかみつからないかもしれないですものね。

でも、あのテレビ番組の切り口はあきらかに、そういう次元の話ではなかったと感じました。
バッチさんが経験したアメリカでの交通事故の対処なら、私だって納得できるのだけれど・・・
そうじゃない場面の印象が大きかったです。自己防衛はもちろん必要だけれど、
黒いものを白と言い切れ!!とけしかけているふうに聞こえてイヤだったのです。



jtstj | 2014年09月06日(土) 17:13 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1222-93bb6842

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |