2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014'09.10 (Wed)

地獄の沙汰も金次第?

経団連が政治献金を再開した、というニュース、
皆さんはどう聞いたのだろうか。

企業は選挙権を持っていない。
その企業が、献金することで政治を企業に有利に進めようとする。
かつては、成績評価のようなことまでしていたのだ。

企業献金の原資は、言うまでも無く、その企業に在籍している
一人一人の社員の労働の結晶なのだ。
自分の主義主張と異なる政党へ献金されるとしたら、
社員としてはどんな気持ちなのだろう?

企業から資金が流れて来るとなれば、
政治はその企業の意向に沿ったものになり、
そういう政策が掲げられるのではないか。

以前、堤未果さんの講演を聞いたことがあるのだけれど、
その時に映し出された星条旗には、青地に50の星ではなく
多国籍企業のロゴが描かれていたのだ。
マクドナルド、マイクロソフト、などなど、見慣れたロゴが見えたのだ。
企業のための政治。お金の力。
アメリカは、教育、福祉、農業・食、医療、保育、戦争までも
市場化してしまったように見えるけれど、日本もその後追いではないか。
そんな気がするのだ。

経団連がかつてのような集金力を復活させることはできない、とか
政治を金で買うのか、などと言っている場合ではない、とか
いろいろな意見、言い分が聞かれるけれど・・・
いただけないことだと私は感じるのだ。
時代に逆行しているようにも感じるけれど・・・
谷垣幹事長は経団連会長に謝意を表したって・・・
なんだかなぁ・・・

スッキリしないし、納得できない。
これで民主主義は正しく育っていくのだろうか・・・

結局、お金なわけ!! 怒。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
14:41  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

本当にそうですよね。



お金を渡して自分たちに都合よく政策を作ってもらう。
そして、政治家はよりよい生活にするために活動することより行動するよりお金に心も体も動かされて行動する人が多いように思います。




政治献金は本質的にはワイロとほぼ同じものだと考えています。
渡す方も下心がなければ渡さないお金ですから。




>アメリカは、教育、福祉、農業・食、医療、保育、戦争までも
>市場化してしまったように見えるけれど、日本もその後追いで>はないか


そうですよね。
アメリカは多くを市場化しすぎですよ。
日本医師会は医療の市場化を懸念しています。
アメリカの失敗を日本人は学ぶべきですよ。
バッチ | 2014年09月11日(木) 09:14 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

堤未果さんの本を勉強会で取り上げて、読んだのです。
貧困大国アメリカシリーズです。私は講演も聞きに行き、
事態はますますエスカレートしているのを感じました。
TPPだって、誰のためでしょう。政府は、それによって利益がもたらされる
企業の代弁者になってしまっているような気がします。

今の政権は、庶民のことなんてこれっぽっちも気にかけていないように感じてしまいます。
法人税の減税、などと言っても、日本の中小零細企業は、そもそも法人税を納めるような
黒字経営ができていないのです。恩恵を受けるのは大企業のみ。
アメリカのご要望にお応えします、というような政治にしか見えないのだけれど。

経済性を度外視して良いとは思わないけれど、
医療とか教育とか市場原理になじまないように感じます。

jtstj | 2014年09月11日(木) 10:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1226-7b23ced7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |