2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015'02.02 (Mon)

お嫁さんのプレゼントに夫、ヤラレタ!

日曜日、お嫁さんから、ミャンマーのお土産を受け取りました。
そして、お土産話しもたくさん聞く事ができました。

決めて来た家は、家具付で広いのだそうです。
オーナーさんは日本に10年以上も滞在経験があり、
日本語が話せて、日本人の好みを良く知っていて、
安心だ、と話して居ました。

仕事中の長男に変わって、半日ほど会社がドライバーを付けて下さって、観光したそうです。
イケ面の好青年だったそうですが、日本語も英語もアウト。
ご褒美なのか、バツゲームなのか、微妙な体験だったと、
アッケラカンと笑っていました。

ロンジーという民族衣装(巻きスカートみたいなものだそうです)
にもチャレンジしたけれど、仕立てるのだということを知らず、
ただの布を腰に巻き付けて、とてもズルズルしたこと。
そして、あらまぁ、と笑われてしまった、と、
本人も笑いながら言っていました。
どうにか住めると思います。と宣言しておりました。

2月の中旬に、一瞬息子は帰国するのだそうです。
帰国して、翌日出国。
なんと、社長のお供をしてミャンマーへ行くための帰国なのだそうです。
何故に息子が帰国してまでも、と不思議な気がします。
ちゃんとできるのだろうか? と私は不安にもなります。
ああいう規模の会社だと、社長さんというのは、入社式か何かの式典で、
遠~~くから見る人、という印象なので・・・なんだか考えるとドキドキします。
もうやめます。考えません。

短期間でもお嫁さんは、ミャンマーをエンジョイしてきたのが良くわかりました。
今は、出社前に英語の勉強をしているそうで、
ミャンマーで仕事をみつけたい、と話していました。
ガンバレ。

さて、これがミャンマーのお土産。
KIMG0646b.jpg
とても美味しいナッツの入ったクッキーでした。

そしてもうひとつ。
少し早いのですが、お父様へ。バレンタインのチョコレートです。
とこちらもいただきました。
KIMG0645a.jpg

夫・・・かつて見たことも無いような嬉しそうな顔で
ほほ笑む、というか、ニカ~~~ッと笑っておりました。
良かったね。

本当に、その日が来て、ミャンマーに行ってしまったら、淋しいだろうな、
と想像しただけでも、ちょっと悲しそうな夫でありました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

15:09  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

努力家で気配りがよくできるお嫁さんで本当によかったね。
そして、おおらかだから気持ちが休まるよね。




私は今日とても悲しい手紙を受け取りました。
知らない人からの航空便でした。
手紙を開けて、友達の名前が出てきたので彼女の身に何かあったことはすぐに想像できました。
友達の姉から彼女の死を知らせる手紙でした。
私と同じ年で、初めてアメリカで生活したときの英語の先生でした。
クリスマスカードだけのお付き合いでしたが地味だけれど誠実な人でお互いに信頼し合っている気持ちは伝わっていました。
彼女は忍耐強く、自分なりのささやかな楽しみで幸せを感じられる人でした。
夫の暴力の後離婚をして、一人娘を育て上げ(私の上の子と同じぐらいの歳)一人で暮らしていました。
数年前に入院したとありましたが、自宅で自分のお気に入りの椅子の上で座ったまま亡くなっているのを見つけられたそうです。
突然の悲報でショックでした。
彼女の冥福をお祈りしようと思います。
バッチ | 2015年02月02日(月) 22:38 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

娘がいないので、ニッコリ笑いながら話をする姿だけでも、
殺風景な我が家が華やかになったように感じます。
さらに、お父様、なんて言われてプレゼントまでいただければ
本当に幸せ、嬉しいのだと思います。
有難う・・・と言う声まで幸せそうでしたもの。

最初の時の英語の先生だったのですね。
神様のもとに帰られたのですね。
バッチさん、そしてご遺族の方の悲しさや淋しさがいやされますように。
jtstj | 2015年02月03日(火) 09:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1310-3114865a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |