2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015'02.04 (Wed)

憎悪と暴力の連鎖から生まれるもの

邦人が殺害されたニュースのあと、
自衛隊による邦人救出が話題になっている。
在外邦人の安全を守り、救出するため、と言う。
ケースは違うかもしれないけれど、私は思いだすことが有る。

ルバング島から1974年に救出、帰国した小野田寛郎さんのことだ。
1975年から厚生事務次官だった、高木玄さんという方の手記を読んだことがあるのだが、鈴木紀夫さんという日本人青年が、ルバング島で小野田さんを発見してから、無事に帰還をとげるまでのことも詳しく書かれていたのだ。
ルバング島のジャングルで探し出して、日本に帰還を遂げさせる。
そのために、高木さんは、自衛隊を海外に出すことは、しなかった。
確か、警察庁の機動隊を出したのではなかったかと思う。
どのようにしたら良いか、自衛隊意外の方法を模索している苦渋の心中が、詳しく綴られていて、私はずいぶん前に読んだのだが、とても印象に残っている。

戦後70年。
過去の自民党政権も、行政機関も、憲法の精神を遵守してきた。
苦渋の選択、ギリギリの交渉、そんなことをずっと地道に繰り返し、
ようやく、今の日本の地歩を築いて来たのではなかろうか。

その努力の年月と積み重ねを、いとも簡単に安倍政権は踏みにじっている、
と私は感じてしまう。
丁寧に議論を重ねていく、という姿勢も、皆無に思えてしまう。

イスラム国の狂気と、戦前国民を特攻という自爆へ導いて行った日本。
アウシュビッツのガス室、ナチスをうんだドイツ。
私たちは過去から学び、選択していく義務を負う。

1月の末にヴァイツゼッカーが亡くなった。
今の日本、世界に、どんな言葉を発するのか、聞いてみたかった。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

傭兵の集まりのイスラム国は日本人の感覚とは全く違い、残酷ですね。


人間は本来残酷な部分を持っているようで、日本も昔は残酷なことをしてきました。


石川五右衛門の釜茹での刑とか戦国時代は首をとって禄をもらったり・・・



報道の使命とはいえ危険すぎますね。
バッチ | 2015年02月10日(火) 10:59 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

法政大学の総長、田中優子さんの、この件に関するメッセージが素晴らしかったです。

なぜこのようなことが起きたのか、本当の意味での解決とは何か、
知性と学問の真価が問われているのだ、と言っていました。

憎悪や暴力がエスカレートしないように、祈ります。
どんな理由をつけたところで、暴力や憎悪の行きつく先に繁栄は無いと思います。
jtstj | 2015年02月10日(火) 16:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1312-88428aba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |