2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'02.10 (Tue)

次男のこと

昨日は、研究室の発表会があるとかで、
次男は朝早く、スーツ姿で学校へ出かけて行きました。
昨日、今日とものすごく寒い東京。
さすがにコートが無くてはこごえてしまいます。
スーツに着れるようなコートを持っていないので、
父親のコートの中から合いそうなのを借りて着て行ったのですが
まったく違和感も無く、サイズもピッタリで、びっくりしました。
次男、大きくなったのですね。

もう大学を卒業するのだから当たり前ですが、
なんだかしみじみ、大きくなったなぁ、と感じてしまいました。
卒業式の案内も届き、いよいよ、新しい一歩を踏み出す時なのだ、
と感じます。

いつの間にか、大人。
嬉しくお目出度いことなのでしょうけれど、
ちょっと淋しいような気もしたのは・・・内諸です。

激しくユニークな上と下に挟まれて、
ちょっとシャイで繊細。そして自意識のかたまり。
でも、ごく普通の男の子、青年で、一番大人しくて、
優しい息子だと感じています。

一度だけ、夫から思いきってチャレンジしないでどうするんだ、
とけしかけられて、スキー場で上級コースへのリフトに1人で乗って
しまった事がありました。保育園児の時でした。
ころびながら、どうにか途中までは降りて来たけれど、
最後の斜面はどうにもならず、下で見ていた夫が救出に行きました。
合流して、夫と二人で降りて来た次男。
歯をくいしばって泣かなかったな、と思いだしました。
いざとなったら、そのくらいの勇気、やる気、意地を出すのかもしれません。
これも次男の一面でした。

4月から大学院での生活。
豊かな時間になりますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




18:05  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★おめでとうございます

ご次男、この春ご卒業&ご進学なのですね。
おめでとうございます!

昨日は本当に寒かったですものね。
お父さまのコートを着て、それがぴったり合っていて…という姿を
想像し、その姿を見ていらっしゃるjtstjさんのご様子を想像して、
何だか胸が熱くなりました。
毎日顔を合わせていると気がつきませんけれど、
知らない間にちゃんと大きくなっているのですよね。
優しい息子さんに育てられたのは、jtstjさん。
いい親子関係を保っていらっしゃるのだろうと思います。

実は、我が家の次男も同学年みたいです。
こちらはまだ院試を控えていて落ち着ませんけれど。
そして、昨日の長男はjtstjさんのご次男と同じく、
修士論文の審査会があると言ってスーツ姿で出かけました。
同じく夫のコートを借りて…。

4月からの新生活に幸あれ!と祈っております。
カモミール | 2015年02月10日(火) 18:53 | URL | コメント編集

★Re: カモミールさんへ

コメント有難うございます。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

カモミールさんの記事を読ませていただいて、我が家と似ているな、
と感じることが多くて、勝手に親しみを感じておりました。
たくさんの餃子とか、豚バラ大根とか、唐揚げとか、
そして今回も。お父さんのコートなのですね。
次男どうし同学年、というのもなんだか嬉しいです。
息子は、そのまま、推薦と面接で母校の大学院に決まってしまったので、
院試らしい院試は、受けていないのです。
希望通りの進学先に、合格できますように、蔭ながらお祈りしております。

学費がもうしばらく続くのも、仲間ですよね。
頑張りましょうね。宜しくお願いいたします。
jtstj | 2015年02月12日(木) 15:04 | URL | コメント編集

次男君大学院進学おめでとう!


そして、大学卒業もうすぐですね。

ユニークな上下に挟まれて冷静に自分の歩く道を決めている次男君。
頼もしいね。



それにしても、保育園時代にスキーの上級者コースに行ってしまうなんてすごい度胸だね。
上級コースの難しさもわからずに父親の言った言葉を素直に受け止めて行動に移したのですね。
泣かずに降りてきたなんて根性あるね。
バッチ | 2015年02月12日(木) 22:39 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

次男は、上下の二人に比べれば、大人しい息子でした。
心配させられたり、困らされたりしたこともあったけれど、上と下に比べれば
可愛いもの、と思えるレベルだったのです。

でも、時々思いもかけないような度胸というか、行動をすることもありました。
このスキーは良く覚えています。
降りて来た時は泣かなかったけれど、一番下まで降りて、お休みする・・と言いました。
私とレストハウスまで降りて、ココアを飲んだの。そしたら寝てしまいました。
可愛かったな。
jtstj | 2015年02月13日(金) 09:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1316-4447490f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |