FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008'12.28 (Sun)

チーフリーダーとサブリーダー

登山のパーティーには必ずチーフリーダーと、サブリーダーが居る。
失踪してしまったSは去年のチーフリーダー。
そしてサブリーダーは同期のI。

今日、夫や部員、若手のOBが今年最後のSの捜索に出発した。
これまでの捜索で抜けている樹海内のエリアを捜索するのだ。
そうすれば、可能性のあるほぼすべてのエリアを捜索したことになる。

全員の宿泊先、現地連絡先は甲府に単身赴任中のAさん。
大学時代、夫がチーフリーダー、Aさんがサブリーダーだったのだ。

Sのご家族も上京された。
この季節、樹海に入るということは、遺体収容ということだ。

Iは精神的に穏やかではない。
絶対に生きているのだから、樹海になんか行きたくない。
Sが樹海に居るなんて認めたくないのだ。
そう思う反面、
自分の手で捜索して、みつけてやりたい、
そんな気持ちもあるのかもしれない。

行く、行かない。
ぎりぎりまで悩んでいたけれど、結局参加することになり、我が家にやってきた。

お父様はどんな気持ちなのだろう。
樹海には居ないということを確認したい。
それなら春、雪の心配の無い時に。
けれど一刻も早く、できることならはっきりさせたい。

P1010410_edited1.jpg

いろんな想いを乗せて、出発していきました。


夫とサブリーダーのAさんにも、命にかかわるとっても大きな出来事があったのです。
夫とAさんが大学4年の時の冬山合宿です。
白馬の山頂から雪庇を踏み抜いて転落してしまったAさん。
でもその日、夫は救出することはできず。
それから4日間、Aさんは一人雪洞でビバーク。
夫たちも、結局悪天候で一歩も動けなかったのです。

天候が一瞬回復した時に、奇跡のようにAさんを救出することができ、
けれど下山はできずにまた足止め。
結局全員が下山できたのはさらに3日たってからでした。

絶対絶命の状況で、夫はAさんが死んでしまう、とは全く考えなかったと言っています。
客観的に見れば、生存の可能性は五分五分。
でもあの時は全くそうは思えなかったと言います。

夫はAさんと生きて再会を果たしました。
死なんて考えたくない。認めない。そういう姿勢で断固冬山に居続けたのです。

状況は違うけれどIも同じ。Sが死を選ぶなんて認めない。
絶対に奴は生きている。自分にだけは知らせてほしい。
今も下宿に通いつづけていたI。

一緒に山に居る時の二人の姿を知っているので、私にはIの姿がとても痛ましい。
何も打ち明けず、相談もせず、忽然と樹海の森に消えてしまったS。

P1010411_edited2.jpg

夫とAさんには、まだいろいろなストーリーがあります。
そして二人は今もとても信頼しあっている仲間。

SとIもそんな二人だったのに・・・。

東京で、電話連絡を待つのが私の仕事。
どんな結末でも、受け入れようと思う。

クローバー



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:13  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私もSさんは樹海にはいないと思います。

大学時代は迷いがあったり、悩みがあったり色々ありますが、Sさんは死を選ばないと思います。

私も大学時代にバドミントン部の同期の人が胃穿孔になり、緊急手術ということで同じ血液型の人が輸血のため献血をしたことがありました。
生死が危ぶまれていましたが、その後回復して今も元気にしているようです。

みんなの思いは通じることを願っています。

私にもサンタさんは来る予定でしたが遅れています。

ブーツを買おうと思っていたのですが、履き心地第一、デザイン第二にしてもなかなかいいのが見つからなくて・・・
最近は時に本当にこれが気に入っているのか、買う価値があるのかとても考えてしまいます。

夫選びの方が軽かったりして・・・へへ
バッチ | 2008年12月29日(月) 11:41 | URL | コメント編集

★バッチ #さんへ

捜索は、本日29日は晴天で、きっとすごい勢いでやっていると思います。
私は、仕事をしながら・・・連絡を待ちます。
ご家族や、みんなの気持ちがSに通じて、ひょっこりと
帰ってくる・・そんな結末を祈るしかありませんね。
耐えて、待ちます。

*****
夫選びねぇ。
ハタでちらちらと見ていましたが、決して軽かったようには見えなかったよ~~~!

でも、うらやましいな。
私には遅れても、サンタはきっと来ないと思います。
シューン。
jtstj | 2008年12月29日(月) 13:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/133-3e4ab857

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |