2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015'04.21 (Tue)

傷ついたまま、泣きながら

教会でいただいたプリントに、
カール・ヒルティの言葉が印刷されていました。

「若い時代に苦労して運の悪かったような人は・・・
恵まれた成功した中年時代をもつことになるものだが、
さて晩年に雲がかからぬかといえば、これはなかなかむつかしい」

人生論という著作に出ている言葉だそうです。
プリントには、人生、生きるということは単純にいかない、
ということだけれど、これはマイナスを意味しない、とも書かれていました。
複雑な人生の事情、どうしてなの、と思うような厳しい現実に直面しても、
それを受け止める者の態度、行動次第で、人生は変わってくる、というのです。


今、返事が書けずにいるメールがあります。

こんなことがあって良いのか、というような理不尽な苦労を
婚家先でさんざん重ねて居た友が、永年言えなかった言葉、
ありがとう、を婚家先に伝えられてほっとした、という内容のメールでした。

なんで有難うなのよ!! と私は憤りを感じたのです。
友の気持ちを推し量ることができず、返す言葉がみつからなかったのです。

そのプリントには、こんな言葉も書かれていました。

大きな課題は傷ついて<考え続ける>ことではなく、それをそのまま<生きる>ことである。
悩んでいるより泣く方が良い。・・・傷はみな子どもだと考えることだ。
傷・子どもがわめきちらして仕返しをしようと考えている限り、傷は次々に増える。
けれど傷・子どもが親にやさしく抱きしめてもらえば痛みにも耐えて・・・

ヘンリ・ナウエンという方の本からの引用だそうです。

理不尽さをわめきちらして仕返しを考えたり、
どこかで威張って存在価値をみせつけようとしたりは、
防衛本能なのだろうし、そうしなければ生きていけないような、
悲しいところを持っているのが人間の現実だけれど、
悲しみ、苦しみはそのまま受け取って、
泣きながらそのまま生きるという選択。
どちらも自分で選べるのですね。

友は、悲しいよ。苦しいよ。
と泣きながら、神に祈り、泣きながら生きてきたのかもしれません。
何故、と考えず、ひがみもせず、誰をも恨まず、
ただ、辛いです、と泣きながらそのままを生きる生き方。
その長い時間の果ての境地なのかもしれない、とふと思いました。

あの結婚が無ければ、子どもたちに巡り会う事は無く、
働き続けるという選択も、現在の彼女の境涯も、無かったのかもしれません。

ありがとう、という言葉の重み。
婚家先の人たちに、もたらされた一滴は、
どんな波紋をひろげていくのでしょうか。
おだやかな、まんまるい波紋が広がりますように。
それがやさしく広がってくれますように。

あとで、返事を書いてみようと思っています。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

10:28  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。
はじめまして。
理不尽な事がまだ解決出来ない状態にあります。
相手がどう思うかなんて考えず自分がどう思っているかに集中できれば
傷を抱きしめる事が出来るかもな〜と思いました、が
そう簡単には出来ません。
未熟ですね。
私もよく考えてみようと思いました。
ありがとうございます。
また伺います。
ミーム | 2015年04月21日(火) 14:42 | URL | コメント編集

★Re: ミームさんへ

誰にとっても、簡単なことではないと思います。理不尽、不条理と思えることが、あって当たり前なのが生きて、生活していく、ということなのかもしれません。自分で自分の傷を慰めて、泣きながらでも、時をいなすというか、やり過ごす、そんな時もあっていいのだと思っています。それは正しい身の処し方、知恵なのだ、とも思えるようになったのは、ごくごく最近のことです。そしてそうは言っても、私は運が悪い、とか誰それのせいだ、とか誰もわかってくれない、とかひがみまくってしまう情けなさです。でも、そんな私も許されている、と思えるのが深い安らぎ、安心の源なのかもしれません。未熟、なんてご自分を責めないで下さいね。人はみ~~んな、未熟者、と思います。
jtstj | 2015年04月21日(火) 15:36 | URL | コメント編集

いろいろな人生、いろいろな考え方があるのですね。
バッチ | 2015年04月22日(水) 09:49 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

平坦で、一直線の人生は無い。
これだけは共通ですね。
どんな人のどんな人生にも、必ず山もあれば谷もある。
どんな心で歩き通すかですよね。
jtstj | 2015年04月22日(水) 13:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1357-ee3ba092

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |