2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015'05.07 (Thu)

弟との時間

山荘で、みんなが登山に出かけた後、
弟と二人になる時間があった。

二人で食べる、のんびりとした朝食。
何年ぶりか? もしかしたら、初めてかもしれない。
この水は旨いなぁ。コーヒーの味が全然違う。
と弟はゆっくりと味わっていた。
朝は食べずに出る、と言っていたから、
なおさら、美味しく感じるのかもしれない。

二人でゴルフ練習場にも行った。
そこは、北アルプスの山々に向かってスウィングする、私のお気に入り。
弟も気持ちが良いなぁ、と言ってにっこり。

大町市内のしにせのお蕎麦屋さんにも行った。
蕎麦つゆはもう少し、辛い方が好みだ、とか
昨日のお蕎麦屋さんの方が良かったね、
などと、二人で蕎麦談義。
東京のお気に入りの蕎麦屋さんを何件か教えてくれて、
弟は、蕎麦が好きなのだ、と初めて知った気がした。


行き来の無かった時間の生活は、どんなものだったのだろう?
お互いに、あらためて問うことはしないでいるけれど、
言葉の端々から、それとなく想像を巡らせている。

辛い経験をしたからこその今。
また姉弟で交流できることを、幸せに思っているに違いない。
私はそう思う。

母親のこともちょっと話題にした。
マサコを改名して、マサカだよ。
と弟は笑いながら言っていた。
私は笑えない。
マサカのせいで、あなたは行き来が無かったのではないか。
でも、その言葉を呑みこんだ。
弟はもう、母とのあれこれを乗り越えたのだろうか? 


たっぷりと時間はあったけれど、核心には触れなかった。
これからの時間で取り戻せば良いのだから。
もう母は居ないのだ。
きっと時間が、癒してくれるだろう。
仲の良い姉弟になろう。
そう思った。

登山組が帰って来るまで、そんなことをつらつらと考えながら過ごし
一緒に夕食の用意をし、彼が差し入れてくれた、モルトをチビチビ呑んで
程よく酔いが廻った頃に、夫たちは帰還。

思いがけない弟との時間だった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:33  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>辛い経験をしたからこその今




闇があるから光がある


つらい時期があったから今一層仲良くなれるのだと思います。
お互い子供で未熟でもあったし。



私のきょうだいに関しては、子供のころよくけんかをして、言いたい放題、相手がなるべくショックを受けることを選んで罵倒していました。
今思うと未熟だったからだなと思います。



お互い自分の人生を作ることに夢中できょうだい同士でも交流があまりない時期がありました。
そんな時期もそれぞれ、自分流に生きてきたと思います。




専務の弟さんも自分流に人生を過ごしてきたと思いますよ。
ブログを読むと弟さんはなかなかの美食家で食を楽しむ方なのかなと想像します。
バッチ | 2015年05月12日(火) 22:39 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

辛く苦しい経験をしなくても、自分の我が儘や間違いを
素直に認めることができれば・・・とは思いますが、それがなかなか困難なことですよね。
弟にしろ、私にしろ、必要な経験、時間だったのだと思います。
母はどう思っていたのかな?と考えなくもないのですが、もうとらわれるのは終わりにしよう、
とも思います。スカッと割り切りをつけられないのも人間。
これにも時間が必要なのでしょう。

弟は独身で蟻とキリギリスなら、病気をするまではキリギリスみたいな生活でしたよ。
グルメだしオシャレだし、ヨットにゴルフにスキーと良く遊んでもいましたから。
母親への虚勢、反抗でもあったのでしょう。
今は、蟻さんに変身して、私も心安らかです。
jtstj | 2015年05月13日(水) 10:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1365-e8e84590

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |