2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'05.14 (Thu)

息子たちの子育て・ちょっと余裕ができて思うこと

我が家に残っている息子二人は、
このところ、とみに忙しくしています。
次男は研究室に泊りこみになることが多く
三男も、アルバイトが無い日は図書館で粘っているようで、
帰宅も遅く、夕食も家で食べることが少なくなりました。

家事全般、息子たちにかかっていた手間は、どれだけだったのだろう。
減ってきたなぁ、というのが実感です。

彼らが育ってくる課程では、時間的にも、精神的にも
自分が試されているように感じることが多々ありました。
親であることを諦めてしまいたい。そんなふうに思って、
子どもたちと、どう心を結びあったら良いのか、
わからなくなった時期もあったのです。
三者三様。それぞれが膨大なエネルギーで挑んでくる。
そんな感じでした。
私は鬱病になり、家事が何にもできない時もあったのです。

でも、今がある。

転機になったのは、長男を家から出して、一人暮らしをさせたことでした。
不満があるなら、さっさと家を出れば良いのに、出て行かなかった息子。
そんなに傷つけられて鬱病にまでなったのなら、追い出せばよいのに、
そうはしなかった、できなかった私。
お互いが、お互いに依存しあい、相手のせいだ、
と言いあうだけの関係だったのかもしれません。
期限を切って、独立しなさい、と実行させた私は、
えらかったなぁ、と自分で思っています。
あの判断、行動がなかったら、
今の息子たちとの関係は、無いような気がしています。

私と彼らのバトル、子育てが、正しかったのかどうか、正直わかりません。
けれど親であり続けることを投げないで、
彼らを受けて立った、という自負は、
今の私に安らぎを与えてくれています。
身を挺して、親をしてきたのです。
育てたようにしか育たないし、自分の生きざまの映し鏡、とは言っても
悪い所ばかりではなく、夫と私の何がしかの心も伝わっている、
と思えるのです。

後は、社会に育てていただくのみ。
生きる軸足になるように、神の導きがあり、信仰を持てますように。

そう、祈り続けるのが、今の私です。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:20  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1370-05810d66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |