2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015'05.20 (Wed)

お父さんになったんだね!

今年の1月に父親になったばかりの
新米パパK君から相談を受けました。

学資保険とか、いつ頃からいくらくらい準備した良いのか、というものでした。
資料を取り寄せたり、調べたりしたそうなのですが、

幼稚園から私立に行って、大学までだと○○円。
中学から私立だと○○円とか、なんだか信じられない金額で・・・
どうしたら良いのか、ということのようでした。

私も同僚のAさんも、学資保険で準備していたので、
二人で参考になれば、と少し話してあげました。

長男が生まれてすぐから学資保険を始めたこと。
夫が会社を辞めて独立したばっかりだったから、
たいへんだったけれど、それでもスタートして、
余裕ができてから、掛け増しをしたこと。
小、中、高と地元学区の公立だったから、余裕があったこと。
浪人して、予備校代は余分にかかったけれど、国立大だったことと、
自宅から通学できたのでとても助かった、と話しました。

小学校受験のために、幼稚園の他に塾通いをしているお子さん、
小学校の低学年から中学受験の塾に通っている子どもの話など、
K君は普通に地元の小・中で都立高校じゃダメなんですかね。
と心配そうでした。
(個人的には、ちっともダメじゃない、と思っています。)

いろいろな考えがあるのでしょうが、
私は親の経済力の差で、受けられる教育内容に格差ができてしまうのは、
社会の在り方として、間違っていると思っています。
義務教育は義務でもあるけれど、学ぶことは権利でもあるわけで、
せめて義務教育の間は公教育の場で、勉強がわからなかったら
わからないから、教えてほしい。理解したい!
と声をあげられる、それが許される学校であって欲しいと思います。
子どもも自ら、中学生くらいになったら、
どういう進路に進みたいから、どうしたら良いのか、教えてほしい、と
自ら声をあげられる子どもであって欲しい、と思っています。
育つ力はどの子にもあるはず。
夢を諦め、学ぶことを止めてしまう子どもたちに、
手を差し伸べられる社会、大人でありたいと思うのです。

K君、出来る範囲の準備をコツコツしてあげるのは、
子どもの将来のためにとても大切なことだと思います。
あっという間に時間は過ぎて行きますから。
でもね、そこから視点を広げて、
親の援助の無い子どものことも考えてみてもらいたい、と思うのです。
日本の奨学金制度はどうなのか。
子どもの貧困はどういうことに成っているのか。
社会全体で子どもを育てる、そんな社会的な視点をも持って、
親としての歩みをしていって欲しいと希望しています。
どんな命も等しく大切な、かけがえのないものなのですから。

20150413_140512a.jpg
夫がK君のご自宅に寄らせていただいて、抱っこさせていただいた時の写真です。
幸せそうな夫と、緊張している赤ちゃん。
ちょっと笑えます。

親としての歩みがはじまったK君。
ガンバレ! お父さん!






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:18  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。

お金がないから教育を受けられない、そんなお子さんがたくさんいるんでしょうね。
そう言う我が家も地方ですので、子供たちの行きたい大学が首都圏なら・・と考えると不安になります。

教育を諦める子供の中には、埋もれているだけで、とてつもない才能を持って子供もいるかもしれない。
いつもそう思います。
miyazyy | 2015年05月21日(木) 11:55 | URL | コメント編集

★Re: miyazyyさんへ

本当にそうですね。私、以前奨学金に関する勉強会に出席したことがありました。その時に思ったのは、奨学金という名のサラ金、クレジットだな、ということです。正社員になれないと、年金を支払い、奨学金の返済をしていくことはとても困難です。借りたお金ですから、返済は当然としても、利息までとらなくても、というのが正直な感想でした。このことは、いつかまた記事にしてアップしたいと思っています。
そもそもが、日本の教育費、高額すぎますよね。OECD加盟国の中でも高額です。さらに追い打ちをかけるように、奨学金がほとんどが有利子の貸与なんて、あり得ない感じです。授業料が高額な国は給付型の奨学金が充実していますから。ドイツは自国の学生のみならず、留学生の学費も無償か低額です。
こつこつ貯金をして備えてあげるにしても、個人の努力だけではどうにもならない部分もあると思います。
政治をする人たちの目線、どこを向いているのか、によって大きな違いになりますよね。税金の使われ方を厳しく見続ける、政治姿勢を問う。子どもたちに、子どもだけじゃなくいつの世代の人にだって学び、新たな道を拓くことの出来る社会であって欲しいと思います。微力でも、学習し、声を上げて行きたいです。
jtstj | 2015年05月21日(木) 16:09 | URL | コメント編集

私も子供の学資保険には入っていました。
子供が小さければ小さいほど掛け金が安いので、なるべく早く入っていました。



万が一親が亡くなった時でもお金がおりるし。



小学校から私立で・・・
教育費はお金をかけたらきりがないくらいピンからキリまでありますね。



どんなコースを進ませるかは親子で相談しながらですね。


15年ぐらいのアメリカですが、大学はお金がかかりますよ。
そのためにお金を貯めるそうです。
ベビーシッターを頼んでいた人はそう言っていました。

トールペイントの先生は子供が大学に行くので家を担保にお金を借り、さらに自分が働きに出るのでトールペイントの教室は終わりになりました。
バッチ | 2015年05月21日(木) 21:10 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

日本はアメリカの後追いをしていますよね。大学進学のお金が無い
という経済的な事情で兵役に就く若者もたくさん居ます。

堤 未果著 貧困大国アメリカ 岩波新書

シリーズで何冊か出ていますが、お勧めです。
読んでみてください。
jtstj | 2015年05月22日(金) 10:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1374-f2f35588

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |