2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015'06.04 (Thu)

私のお弁当

友人から、いやがらせ弁当、という本を教えてもらったので、
久しぶりにお弁当です。
いやがらせと言えども、素晴らしく手の込んだお弁当で、
いやがらせ弁当と言う名の愛情弁当でした。

KIMG0806a.jpg


朝、少し早起きしての下準備やお弁当づくり、
一体私は何年くらいやってきたのでしょうか。
軽~く10年越え。いや20年越えているかもしれません。


いつも家族への愛情を込めて、一生けん命につくっていた、
と言いたいけれど、そんな時ばっかりではありませんでした。

反抗期の息子に腹を立て、炎のように怒りながらつくったお弁当。
忙しくて疲れ果て、それでもやっとこつくったお弁当。
どうしてランチに外食してくれないの、とこれまた怒りながら
ため息まじりにつくった夫のお弁当。
・・・・いろいろと思いだされます。

そんな折々の私の精神状態からつくられる日々の食事、お弁当。
変わり映えのしないものだけれど、それでもこれが
我が家の味、私の味、家庭の食事なのだと思うのです。

いつもはラジオを聞きながら家事をしているのですが、
今朝はサザンの「葡萄」
ピースとハイライト、はっぴいえんど にジーンとしました。
年をとり、病気になってたどり着いた境地なんだろうな、
としみじみ。


どんな夜の後にも朝は来て、平凡な繰り返しと共に1日が始まる。
平凡に、繰り返し続けるのも、私の意思。
これはとても幸せなこと。
今朝はそんなことを思いました。

いつもの卵焼きもお味噌汁も美味しいよ!!




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:13  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私はいやがらせ弁当をTVで見ましたが、本当に愛情がこもっていて素敵なお弁当だと思いました。

そして、作り続けた母親の精神力に脱帽でした。
母親は娘に対する愛情と娘に対峙する心のゆとりがあったのですね。




専務のお弁当も家族に対する愛情が感じられます。
バッチ | 2015年06月10日(水) 09:49 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

中学、高校時代と今では、お弁当の意味が違ってきました。

大学生ともなると、家に居る時間も少ないし、夕食も外ということだって
珍しくないのです。だからお弁当を食べたい、と言っている間は、
なんとなく、家族、我が家と繋がっているような気がするのです。

それで、ずっと続いているのです。
jtstj | 2015年06月11日(木) 18:07 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1382-d9c4ec26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |