2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015'06.16 (Tue)

友人からのメール

さっき、知人からメールがありました。
私のブログを読んで下さったのでしょう。
忙しすぎませんか。体のことを考えて下さい。
と書かれていた。
心配させてしまって、申し訳ない気持ちです。
友は、離れていても、心配してくれるのですね。

一緒に生活している家族は、もはや私が病気であった
ということを忘れ去っているような気がします。
具合が悪いとか、痛いとか、
イロイロ言ったところで良くなるわけではないし、
第一、夫も息子もそんな話は聞いてくれないので、
一切口にしないで過ごして来ました。
それが良かったのか悪かったのか。
多分、今回のことだけじゃなく、永い年月の積み重ねで
そうなってしまったのでしょうが、
麻酔から覚めて最初に夫からかけられた言葉は
会社の年賀状は書いてないの? というものでした。
ボーッとした頭で、愕然とした私だったのです。

心配していない訳ではないのでしょうし、
病気のこともわかっているはずなのに、
私に甘えている、というか、どうにかしてくれる、
仕事だから、這ってでもする、とでも思っていたのでしょうか。
(これは、退院してから厳重抗議して、今も時々ヒドイ!!と言ってしまいます)

残念だけれど、会社でも家でも、我が身は自分で守るしかありません。
なんだか最近は、彼らには期待しないというか、諦観を抱いています。

誰の為に元気で居るのか。
それは自分のため。

自分のために時間も心も使いたい、と思えたのは
病気のおかげかもしれません。

大丈夫!! 元気です。
有難う。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:51  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>一緒に生活している家族は、もはや私が病気であった
>ということを忘れ去っているような気がします



いいことだよ。
家の中が暗くならなくていいよ。



私も先日専務に会った時病気をした人の意識なかったよ。
専務は前向きで元気だよ。
これはいいことだよ。



>麻酔から覚めて最初に夫からかけられた言葉は
>会社の年賀状は書いてないの? というものでした



これはひどい。
思いやりがなく、現実的すぎるよね。
いたわりの気持ちがほしいよね。



まあ、私の夫を筆頭に家族全員私のことを頑丈で不死身の人間だと思っているよ。
バッチ | 2015年06月18日(木) 21:33 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

前向きに、弱音を吐かず、生活しているつもりですが、
そうすると、本当に母は不死身のスーパーマンか魔法使いか、
みたいなことに成ってしまっています。

そういうポジションからは、さよならしたいと思っています。

生身の人間です。
弱ることも、元気が出ないこともあるのだ、ということを
理解してもらいたいです。だって、自分たちは、疲れたとか、
大変だった、などと言うこともあるのですから。

彼らがわかってくれないなら、実力行使です。
私が頑張り過ぎないように変わることも必要だと思っています。
jtstj | 2015年06月19日(金) 10:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1389-bf521871

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |