2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015'06.29 (Mon)

三男のママ友との食事会

息子の中高時代の母親仲間で、昨日はランチ会でした。
全員一致で、迷わずお昼からフルコース。
たくさんのおしゃべりで、心もお腹も満足でした。

まだまだ子どもっぽかった中学から高校を経て、
それぞれの進路に進んだ子どもたち。
外見だけではなく、本当に大人になったのだ、と実感しました。

KIMG0839b.jpg

KIMG0841e.jpg

KIMG0842f.jpg

KIMG0843g.jpg

帰宅したら、ちょうど息子が居ました。
みんなの近況から、思いがけず、中高時代の話しになりました。

あの学校のことどう思ってる? と聞くので、
思っていることをそのまま伝えました。

ルールとして、その日の小テストをクリアしなければ、
部活に行かせない、という君の大嫌いなルールは、
大会があっても、いつでもどんな時にも、例外なく守らせていたね。
夏休みの宿題だって、提出しないまま、うやむやには絶対にしなかった。
秋に成っても、冬になっても提出を迫られて、とうとうやったよね。
やらなければいけない事をやらなくても、
どうにかお茶を濁すことが絶対できない学校で、毅然としていた。
最後、高校に進学させない、と言われても、
君は、私立だし、生徒はお客さんだから、そんなはず無い、
とタカをくくっていたけれど、義務教育では無いのだから、
学ぶ気が無い生徒に、在学してもらう理由はありません、と言われたよね。
先生の本気度が伝わる話し方だったね。
所属している、学校という世界のルールを守ること、
世の中、ナメちゃいけない、ということを
諦めず、粘り強く、とにかく指導していただいたことは、
有難かったと思っているよ。
と話してみました。

反抗的で、いたずらをあげればきりが無かった息子は、
昨日の食事会でも、頭の薄い先生の授業でハゲのかつらをかぶっていた、
とか持ち物検査の日にトイレの芳香剤を持っていたとか、
いまだに話題になるくらいでした。

でも、息子の言葉は意外でした。
大人になった気で、なんでもわかっている気にもなっていて、
超、生意気だったと思うけど、先生は絶対に妥協しなかった。
あのままいろいろなことが、いい加減なまま、適当で通っていたら、
今の自分にはなれなかった気がする。というのです。

ちゃんとわかっているのだ。
わかるようになったのだ。
と、しみじみ時間の経過を感じました。

幼かった子どもたちは、本当に成長している。
これからどんな社会人に成り、人生を生きて行くのか。
楽しみに見守り、応援していきたいと思いました。

母たちも時々は再会して、
今度は子どもたちの成長を喜びあい、
自分たちの頑張りもたたえあい、近況にも共感しあって、
また励まし合いたいな、と思いました。

素敵な時間に感謝!





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:44  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。
型にはまら無い三男さんの中高時代のお話が興味深かったです。
うちの息子は地味な子なのでタイプは違いますが
同じように私立一貫校なので提出物の事など共感しながら読みました。
私も子供が卒業してからもお付き合いできるような関係を築いていきたいです。
ミーム | 2015年06月29日(月) 19:22 | URL | コメント編集

★Re: ミームさんへ

3人息子が居るのですが、どの息子にも、それなりの大変なことがありました。
みんな同じ、と言えばそうなのですが、それにしても、三男はイロイロありすぎました。
保護者会の後で、みんなでお茶を飲みましょう、と言っても、私は残って特別に
三男のことで先生との面談があり、いつも誰も居なくなった学校を後にする・・・
そんな感じだったのです。食事を一緒にしたママ友は、それでも心配して、
待っていてくれたお母さんたちでした。自分たちの子どもと一緒に見守り、育てよう、
という気持ちで息子にも接して下さって、私も励まされました。
三男は、ある時突然変身して勉強家になり、大学へ進学して、今は院に行く、というのですから、
どこでどう変わるか、わからないね、とママたちも驚いていました。
三人とも、未だ発展途上ですが、親だけではなく、出会ったいろいろな方に育てていただけたら良いなね
と願っています。今は、息子たちどうしより、ママ友どうしの方が仲が良いのかもしれません。
ミームさんはもう少し頑張りどころですね。私は息子たちと、今度は大人同士としての関係になる、
と思っています。親の生き方が投影されている息子たち。過ぎた時間はやり直せないので、祈るのみです。
jtstj | 2015年06月30日(火) 09:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1396-3c3c42a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |