2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'07.01 (Wed)

子育て・・・過ぎてしまえば・・・

先日、三男のママ友さんたちとの食事会のことを書きましたが、
皆さんと話し、記事を書いているうちに、
中学、高校時代のことが、なんとなく思い出されてきました。
三男だけのことに限らず、あの頃の家のこと、
3人の息子たちのあれこれが甦ってきたのです。

受験ひとつとっても、長男は高校受験の時、第一志望以外は全滅でした。
合格発表までの時間といったらありません。
定時制にしようか、全日制の二次募集にしようか、真剣に考えました。
大学受験だっていろいろあったのです。

次男だって校外学習不参加事件があり、
精神的なことで、体調に異変をきたしたこともありました。

三男も反抗、いたずらをするか、少し落ち着いたと思えば
怪我が絶えませんでした。

いっつも、ギリギリ。
時間的にも、精神的にも、追い詰められていたなぁ、と思うのです。
鬱病になったりもしたけれど、友人に助けられ、
どうにかやっと、乗り越えて来たのだ、と思っています。

今となっては、もうあんな風に、彼らに立ち向かい、
身を挺して、彼らの母親でありつづけることは、できないなぁ、
と思います。体力も気力も、残念ながら衰えたのです。

・・・でも、彼らとのたいへんだったバトルを思い返してみても、
そんなこともあったなぁ、と懐かしい気持ちはするけれど、
痛みや、辛さ、怒りは無くなってしまっています。
彼らの成長が帳消しにしてくれるのかもしれません。
不思議なものです。

息子たちはもう、私の手の中から、踏み出しているからなのでしょうか。
過ぎてしまえば、今のような関係が、最初からあったような錯覚さえしてきます。
治まらない嵐は無いのだ、と実感するこの頃です。

でも、親である以上、これからもずっと親。
息子たちはこれから自分の足で歩き、自分で人生を切り開いてゆく。
そんな彼らの幸せを願い、祈りつつ、見守りたいと思います。
心やすらかに見守れる、そんな人生であって欲しいけれど、
そうはなかなか行かないもの。
人生の軸足を、しっかり持ってもらいたい、そう願っています。

どんな時にも、人生に希望を持って感謝とともに生きていけること。

クリスチャンとしての私の生き方も試されますね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:43  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>どんな時にも、人生に希望を持って感謝とともに生きていけること。




ほんに、そうですね。


先日高校生ぐらいの男の子が一生懸命自転車をこいでいる姿を見たら、高校時代の息子を急に思い出しました。



歳の離れた妹を自転車の後ろにのせ保育園のお迎えに言ってきてくれた時のこと。
そして一生けん命自転車をこぐ雑念なく無心でいられた時代が息子にもあったなと。そして子育てに夢中になっていた自分の時代も同時に思い出しました。



息子はふざけるのが大好きでかなりのスピードで自転車をこぎ妹が怖がるのをおもしろがっていました。
妹が私に文句を言ってきたこともありました。
バッチ | 2015年07月05日(日) 22:21 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

子どものひたむきさ、特に赤ちゃんは、親を無条件で信頼していて、
そこから生まれる美しさ、強さが人を感動させるのだと思います。

どんな人生も困難や試練の無い人生は無いのだから、
私の場合は赤ちゃんのように、無垢な心で、神を信じて生きていきたいです。

子どもたちにも、人生を悲観することなく、希望を持って耐え忍ぶ、
そういう姿勢を持ってもらいたいと願っています。
人生は素晴らしい、だよね!!
jtstj | 2015年07月06日(月) 10:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1398-76b56dec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |