2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'09.04 (Fri)

別れを受け入れること

この夏は、葬儀に出席することが多かった、と思う。
長い間の大切なお客様、
学生時代からの友人のお父様・・・
ご葬儀に出席させていただくことで、
私たちも、お別れを受け入れることができるのだ、と思う。

お元気で居て下さる、とばかり思っていた方が
今年の3月に、既に亡くなっていた、と知った。
夫と私、我が社にとって、恩人である建築家の先生だった。
大学で教鞭もとっていらして、その教え子の方たちが
独立して事務所を構えられると、我が社のことを推薦して下さった。
私たちは、直接の教え子ではないけれど、
先生からたくさんの物を授けていただいた、と思っている。
ショックで、受け入れられないのだ。

先生、残念です。
もう一度元気になって会いましょう。
と約束して下さっていたのに・・・

夫は、せめてお墓にお参りしたい、と言っているけれど、
それはご家族にご迷惑にはならないだろうか。
いろいろ考えさせられる。

もう一度、お会いしたかった。
我が社の仕事、建物も見ていただきたかった。
息子たちの今の姿も見ていただきたかった。
一緒にラグビー場で早稲田を応援したかった。
お酒をいただき、絵を見せていただき、たくさんお話を伺いたかった。

もうお目にかかれることは無い。

残念無念 









にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:56  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

生きていると思っていた人が、亡くなっていたということはショックが大きく、なぜ亡くなったのだろうとなかなかうけいれられないですよね。





私は最近ピアニストの

深町 純  

さんが亡くなったのを知りました。

中島みゆきの曲をカバーしたのがあり、COOPで同じCDが売られていたので新しいバージョンだと思って買ったら同じものでした。

CDのカバーと解説が変わり2,3年前に亡くなっていたのを知りました。


本当に即興演奏をできる数少ないピアニストでした。

ネットで調べて大動脈解離とわかり受け入れられました。


悲しことも受け入れなければならないね。
バッチ | 2015年09月06日(日) 22:06 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

マイケルジャクソンが死んでしまった時は、もう再び彼のパフォーマンスを
見ることができないのか、という残念な気持ちでしたが、
身近な方の死というのは、別の意味で気持ちの整理をつけるのが難しいです。
葬儀、儀式というのは、それをすることで、受け入れ難いことを受け入れるための
決別の儀式なのかもしれません。

教え子や関係者の有志が集まって、偲ぶ会をしたいね、と話しています。
jtstj | 2015年09月08日(火) 10:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1434-1f207972

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |