2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'11.06 (Fri)

最近の仕事の話

仕事のブログのつもりで始めたのだけれど、
気付けば、心の赴くままに暴走し、仕事の記事はとても少ないですね。
本日は、仕事のご報告です。

赤羽の木造4階建てのビルが大賞をいただいたということで、
先日のティンバライズ総会で、夫も施工者の立場から少し話をさせていただきました。
初めてのチャレンジなので当然と言えば当然なのですが、我が社にとっては本当に大変な仕事でした。
意匠設計の内海さん、構造設計の加藤さん、東大の腰原さん、夫で問題点を話しあい、
1年検査の後にでも、反省会や今後のために検討会などをすることになったそうです。
青猫書房さんも1階で元気に営業中。賃貸も満室ということで、それはとても嬉しいし、ほっとしています。
なにしろオーナーは、私の高校の先輩、大切な友人なのですから。
そして、高校の同窓会の街歩きのイベントで、木造4階建てのこの建物がコースに選ばれた、という話も伝わってきました。
皆さんが木造のビルを体感して、快適さを実感していただければ、ますます嬉しいな、と思っています。
たいへんな工事でしたが、とても貴重な得がたい経験でした。


ロンドン在住の方の日本のご実家の工事をしていました。
工事内容の確認などは、みんなメールのやり取りで進めます。
工事請負契約の締結は、日本に帰国している時。
工事が完了すると、また日本に来て、チェックして引き渡しをする、
というやり方で、Ⅰ期工事、Ⅱ期工事、と全部終了しました。
我が社のチームを全面的に信用していただいての仕事でした。
そして最後の時に、思いがけない提案をいただきました。
職人さんたちの旅費も滞在費も全額負担するから、
ロンドンの自宅の工事もしてほしい、とおっしゃったのです。
これは、実現したら良いなぁ・・・と言うくらいのお話だと聞いたのは私。
監督だったK君は、監督として自分が行くとして、現地で材料調達がスムーズにできるのか不安だし、
職人は現地で探すにしても指示を英語でするわけだから、意思疎通はどんなものだろうか、
とかなり現実的に考えていました。
そして、夫は、大工仕事も私がやることにすれば、私が行けば事足りるけれど、
左官は私じゃ無理だな・・・なんて能天気に言っています。

私は、そういう発想になった理由が知りたいと思います。
イギリスでは工事がうまくいかなかったのでしょうか?
そんな話をちょっと聴いて見たいと思っています。

日々、あちこち現場が動いていて、忙しくさせていただいています。
本当に、有難いことです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:36  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★初めまして

初めまして、今度、杉並井草からお見積もりをお願いしようとしているものです。

本日は日帰り大阪出張だったのですが、新幹線ではほとんどの時間、奥様(専務様)のブログを拝読させていただいております。

奥様の御社への愛情、会社のお仲間への愛情、建築業界への愛情、協力会社さんへの愛情、3人の息子さんへの愛情、旦那様(社長様)への愛情、、、
沢山の愛に溢れた本当に本当に素敵なブログです。

私も海外(ベルギー)に5年間駐在していたのですが、母のメールをほったらかしにしてしまっていたな、すまないことをしたな、とか

自分はこんなに誇りを持って仕事できているのだろうか、とか

様々なことを考えるきっかけをいただいております。

直接お会いできる事が叶ったときにお伝えしようかとも思いましたが、新幹線の中のビールの勢いに任せて、書き込みさせていただきました。

ご縁があることを祈っております。
S | 2015年11月06日(金) 19:03 | URL | コメント編集

★Re: 初めまして

コメントをいただき有難うございました。
あまりにおほめいただいて、何てお返事したものか・・・
とちょっとテレておりました。

これから、お見積をご依頼いただけるとのこと、本当に有難うございます。
私もご縁がありますように、と願いつつ、見積作業をさせていただきます。

私も含めて事務の裏方は、建築主様におめにかかることはあまりありません。
でも、図面のコピーをとったり、下職さんたちに手配の書類を送ったり、見積の入力をしたり、と
現場とは違ったかかわりをさせていただいていますが、監督と気持ちは同じつもりでおります。
愛着にお応えできるような建物を造り、お引き渡しをさせていただけるように、
日々仕事をさせていただいているつもりです。

どうぞご縁がありますように。何卒宜しくお願いいたします。
jtstj | 2015年11月07日(土) 15:28 | URL | コメント編集

>赤羽の木造4階建てのビルが大賞をいただいたということで




おめでとう!!!
嬉しいね。




初めての試みで力を入れていた建物だけに感激倍増だね。



ロンドンの件はリップサービスではなくて、本気?ですか???
バッチ | 2015年11月16日(月) 10:00 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

赤羽の木造4階建てのビルが今後増えていくのかどうなのか、
これからの検討、研究も大切なのだと感じています。

ロンドンの方は、半分本気だと思います。
でも、実現はしないと思います。
いろいろなハードルが高すぎますから。
日本での仕事と同じ品質や工期を確約できないのなら、
お金をいただく仕事にはならないような気がしまする
jtstj | 2015年11月16日(月) 13:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1472-24d3b69a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |