FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009'01.28 (Wed)

春よこい

冬来たりなば、春遠からじ
If Winter comes, can Spring be far behind?


冬があるからこそ、春の輝きを嬉しく感じる。
辛い時期を乗り越えてこそ、見えてくるものがある。

MPj04337540000[1]a


希望を持って、コツコツと日常を積み上げて、
必ず、光を見出すのだ。


苦境にある友や
青春真っただ中の息子たち、会社のみんなを思います。

スネたり、嘆いたり、誰かのせいにしたりしていては、
冬に身を置く意味が無い。
何かをつかんで前進してほしい。
そして良い春が来るように。

MPj04096920000[1]a

見守り、励まし、祈りながら
いつも彼らの傍らに
私は居続けたい。

私自身も大波、小波を乗り越えて
真っ直ぐに光を目指していけますように。
そして自分の責任を全うできますように。

クローバー

15:17  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No title

とてもいい訳ですよね。

これは誰の訳でしょう。

予備校時代の年賀状だかサイン帳だかにも書かれていた言葉だと思います。
今までの人生、私も時々この言葉を思い出していました。

人生山あり谷あり。
それがあるから人生は奥深い。

植物を見ても着実に春の準備をしています。
生きているからいつも花を咲かせているのではないのです。
きれいな花を咲かせるには、色々な準備が必要なのですね。

たまには「なんとかなるさ」と肩の力を抜き、一日一日を無事に過ごしていくのもいいですね。
バッチ | 2009年01月29日(木) 10:15 | URL | コメント編集

★バッチさんへ

これは、多分、大学入試の英語で出会った言葉だと思います。

本当に、いろんなことが次々に起こる毎日ですが、
自分の荷物はきちんと担ぎ、山でも谷でもきちんと歩き通したい。
踏破するぞ、ちゃんと登頂して、下山してくるぞ!
という意気込みです。
なんたって、学部は山岳部っていうくらいだったものね。

息子たちの子育ては・・エベレスト南西壁、頂上直下。
無酸素登頂に挑んでいるような心境です。
でも、頂上には素晴らしい感動が待っているだろう、
とそんな風にも思います。
コツコツ、頑張ろうね。
jtstj | 2009年01月29日(木) 13:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/148-1911da81

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |