2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016'01.20 (Wed)

息子たちにまつわる悩み

娘が欲しい、と言ってみた私は、
実は息子たちのことでイロイロと心中穏やかではない事があるのです。

子どもたちのことは、それが原因で、夫婦が険悪になることもあり、
喜びと同時に試練をもたらすものでもあるのです。
思春期の頃、進学の頃・・・心配、心痛の種は
今ではずっと少なくなってきたけれど、無くなったわけではなく、
親である以上は、こういうことが生涯続くのだろう、
と今さらながら思うのです。

我が家の息子たちは3人とも、もう成人。
これから、自分の子育てをやり直すなんてことはできない相談で、
ため息をつきながら、私の育て方が悪かったのだ、
と自分を責めてみても、何にも変わっちゃくれないのだ。

そんな時、こんな言葉をみつけました。

「神さま、あなたは私の不完全さをご存じです。
子育てに関してだけでなく、他のことでも同じです。
精一杯やってみましたが、それでも足りませんでした。
イエス・キリストが、五つのパンと二匹の魚をとって何倍にも増やして下さった奇跡のように、
今、私の小さな手の努力を取り、祝福してください。
足りなかったところを、あなたが補ってください。
私が満たすことができなかったものを、あなたが満たしてください。
偉大な御手で、子どもたちを包み、ご自身のもとに導いてください。
彼らが人生の岐路に立つ時に、導きを与えてください。
私は、ベストを尽しましたから、子どもたちも、私も、また親として私のしたことも、全てあなたに委ねます。」

もう、私がどうこう出来ることではないし、
彼ら自身の人生の中で、彼ら自身が成長していくしかないのです。
委ねること。手放すこと。

これを見つけて、少し元気になりました。
自分を責めても、何も変わりません。
どうにもできない過去の子育てを嘆くのも無意味なこと。
子どもたちの成長と幸せを祈り続けるのみ。
そう思いました。

良い親になれるように、少しでも良い人になれますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:34  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>子どもたちのことは、それが原因で、夫婦が険悪になることも>あり


夫婦でも価値観が違い、子供に対する考え方は母親と父親では違うので、子供が10代の時には夫婦喧嘩もありますよ。



>どうにもできない過去の子育てを嘆くのも無意味なこと。


そうですよ。
子供は子供なりに、自分と同じように失敗しながら学んでいくのですよ。
バッチ | 2016年01月24日(日) 22:04 | URL | コメント編集

★Re: バッチさんへ

自分と同じように、失敗しながら学んでいく・・・
そうだよね。それを見守るのも親の務めですよね。
子どもがいくつになっても、親は心配し続けるものなのでしょうね。
きっと。
それとも、自分が弱って子どもたちから心配されるようになると、
精神的な部分も含めて親のお役はご免になるのかしら?

w@m<オレオレ詐欺f、高齢になっても子どもを思う親心につけこんだ犯罪なのだから、
弱っても、心配したりし続けるのかもしれません。
いずれにしても、しっかりしろ私です。
jtstj | 2016年01月25日(月) 15:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1512-16a987da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |