2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'03.01 (Tue)

叔父の様子

叔母の怪我と入院ですっかり混乱してしまった、
と聞き、心配しながら訪ねたのですが、
想像していたよりずっと元気そうでした。
個室に机を持ちこんで、そこで読書中。
机に向かっているその姿だけ見れば、
以前となんら変わりなく見えました。
私のこともすぐわかり、叔母の病院にも行ってきた
と伝えると、それは有難う、と丁寧にお礼を言ってくれました。
まずは一安心。

でも、話していると、我が家の息子たちが何歳になったのか、
今、どうしているのかを何度となく質問されました。
そのたびに、初めて聞くような反応。
母の時もそうだったな、と思ったりもしました。

何の本を読んでいるのか聞いてみたら
北村透谷の評伝とのこと。
机の上には、何冊かの本が置かれていました。
シェークスピア関係の本やら寄贈本などなど、雑多な種類。
子どもに頼んで持ってきてもらうわけだから、
欲しい本、読みたい本とは限らないようでした。
書斎に行ければ少しはマシなのが選べるけれど、と言い
昔読んだはずなのに、頭に入らなくて、読むのに時間がかかり、
すっかりモウロクしたようで、がっかりしている、
などと言っていました。

私はキンドルを出して見せてあげました。
驚いていましたが、一言。
これは本では無い。
確かに。

叔父は叔父らしく年老いる。
日記を書き、本を読み、ヨーロッパのDVDを見て
また本を読む。

叔父と叔母を見て思う。
二人らしい最晩年ではないか、と。
人は生きて来たようにしか死ねないのだ、ということも実感させられました。
二人の時間が、少しでも心安らかなものになりますように。

エレベーターホールまで叔父に送ってもらい、
また来るね、と約束して帰ってきました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:00  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1534-33bbf8d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |