2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'03.02 (Wed)

老夫婦でも性別役割分業

叔父と叔母について、2回ブログに書きましたが、
フッと思ったのです。

叔母は、家で叔父に手料理を食べさせたい、と思い、
叔父は、自宅の書斎に落ち着きたいし、庭いじりをしたい、と思う。

女は幾つになっても、家事がついてまわり、定年も無い。
男はリタイアの後は趣味ざんまい。

これって仕方ないことなのか。

叔母にとっては、料理をすることが
生きがいになっているような気もするけれど、
叔父だって、もっと料理や掃除など家事全般を
叔母と一緒にやっていれば、一人になったからといって
急遽施設に入所なんてしなくても大丈夫だったのではないか。
そんなことを思うのだ。

家に帰って、せめてお味噌汁を食べさせたい、
という気持ちは分からなくは無いけれど、
叔父こそ、料理の練習をして、
お味噌汁くらいはつくれるようになろう、
とは思わないのだろうか。
思わないのだろうな。
家族中、ハナからそんな考えはなかったみたい。
叔母がずっと専業主婦だったからなのだろうか。


これが、我が家だったらどうだろう。
どちらが一人残ることになっても、最低限の衣食住をまかなえる、
生活技術は身につけておいてもらわなければ、と思ったりした。
これは夫に対してばかりではなくて、息子たちに対しても。
長男は家事の分担をちゃんとしているだろうか?
心配になる。

誰かのために何かをしてあげたい。
しなければならない、ということは、
自分を元気に保つ秘訣だとは思うけれど、
女性ばかりが年老いてもその役割を担い続けるとしたら、
ちょっと不平等だな、と私は感じてしまう。

叔父は良い御身分のお爺さんだったのだ。間違いないと思う。

あのまんまの関係ならば、私だってお爺さんになりたい。
好きなだけ本を読んで、ジムに行ったり、ゴルフの練習したりして、
帰宅すればお風呂が立ててあって、湯上りには夕食。
冷えたビールが待っている・・・まるで旅館だ。

叔父と叔母は、不公平とか思わないのだろうか。
穏やかに、お互いを想いあっていて、ステキに見えたところもあるけれど・・・

私と夫はどんなお爺さんとお婆さんになるのかな?
良い御身分のお爺さんにはならないでね。
(ならせない、かな?)
とにかく、けんかしながらでも、仲良く行きましょうね。

本日、1歳年をとった夫です。
Happy birth day!






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:51  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1535-a25d969a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |