2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016'05.26 (Thu)

けんか上等

平凡、ささやかな私の人生でも、
仕事や個人的な人間関係の中で、何回か
煮え湯を飲まされるような経験をしたことがある。
悔しかったり、屈辱的な思いをして、激怒したり、
ひどく傷ついたり・・・

そんな中で私が身につけたのは、
怪しげだ、と思うことには近づかない、
無視を決め込む、係らない、ということだった。


偶然、大先輩の生きざまを知るきっかけがあったのだけれど、
私のような情けない処世とは全く違う対応をしていらした方だった。
ある人の言葉を借りると、
「知らん顔をして、やるべきことをコツコツと続け、
ことばにして残す、ということ。
それを続けることで、相手がぎゃふんとなったことが、
何回かは確実にあったのではないかと思います。」

知らん顔して、やるべきことは、粛々と行い、けっして引いたりしない。
記録として、事実の積み重ねとして、言葉にして書き遺していく。
どんな屁理屈を言おうが、詭弁を用いようが、
事実の積み重ねほど重いものはない。
その大先輩の「けんか上等」・・・の対応なのだ。


けんか上等
仕事上のことは、ともかくとして、
自分のことになると、それが私には出来ないのだ。
煮え湯で、大やけどを負い、もう近づきたくないのだ。

私の煮え湯は、ささやかな個人的なこと。
大先輩の経験して来たことは、個人のちっぽけな話ではなく、
たくさんの人に関係のあることで、自分のやけどなどと言っていられない、
という思いがあったのだと思う。

甘えている自分が恥ずかしかったり、
また、これが人間の差というものなのだ、と思ったり。

でも、私は大先輩よりはるかに若い。
一歩でも、半歩でも、前進しようと努力しなければ。
後輩の末裔にしていただけるように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:19  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1585-9128b5c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |