2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016'08.09 (Tue)

土日のセミナー・日曜日編

日曜日のセミナーは、終活セミナーの最終会でした。
3回連続講座の第3回目で、グリーフケアについての講義があり、
その後、納棺体験(つまり、お棺の中に入ってみる)がありました。

グリーフケアには二つの視点があって、
死にゆく人の哀しみに寄りそうことが一つと
残された人の側に立って寄りそうという二つの視点がある、
と伺いました。

どちらの側に立とうとも、死は必ず訪れるもので
受け入れなければならないことだけれど、すんなり受け入れられるはずも無く
拒絶や怒り、絶望や混乱などなどを繰り返しながら・・・ということなのだと
聞き、深く納得しました。
そんな解説を聞いた後で、お棺に入るのですが、
私は入りませんでした。

自分が死んでいくのだ、と想像して入棺して下さい。
あなたがお別れをするのです。どんな気持ちか考えて蓋を閉めて下さい。
そんな言葉と共に、ご夫婦や、家族で体験をされていました。

ある男性は、蓋がしめられるまでの間、
家族のために準備したことは、これで良かったのか考えた、と言っていました。
またこれで終わり、と考えたら思い残すことは無い、と今は言えない、
という声もありました。

私は・・・仲良しの友人が、お棺に入ってしまったのを
見ているだけで、なんだか悲しくて泣きそうでした。
イヤ!!という拒絶の感情でした。
改めて、友人に支えられているのを感じてセミナーから帰って来ました。

どのように人生の最後を迎えるのか考えることは、
より良く今を生きることにつながります。
示唆に富んだ言葉でした。

さて、本日から、アラフィフのカテゴリーから60代主婦のカテゴリーに移動します。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:08  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

本当に色々なセミナーがあるのですね。

後悔しないようにいろいろ準備をしておく。


突然の変化には、人は順応しにくいけれど、ある程度準備をしておくと立ち直りは早くなりますね。
バッチ | 2016年08月13日(土) 14:41 | URL | コメント編集

★Reバッチさんへ

終活セミナーは人気があるようです。

私は母を見送ったので、その時の経験から、最低限、残された家族が
後始末に困らないようにしたいと強く思っています。

いろいろと整理をつける過程で、いまの暮らしも見直すことになるのだと思います。
本当に先延ばしにしないでやらなくちゃ、と思ってます。
jtstj | 2016年08月13日(土) 21:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/1619-bd924c02

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |