FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009'02.26 (Thu)

京都・・おしまい

京都は千年の都というけれど、なるほどその通り。
東京は逆立ちしたってかないません。

P1010673_edited333.jpg
東寺の五重塔 中を特別公開していました。


庭、建物、そこに描かれた絵画、仏像、すべて美しく、芸術品。

P1010780_edited4444.jpg
天竜寺の庭です。


権力者のもとで文化が花開く、というのがよくわかります。

P1010766_edited111.jpg
金閣寺。絵葉書みたいに撮れました。

P1010770_edited222.jpg
盆栽を地植えした松。船だそうです。


そして、神社仏閣の力の大きさも感じます。


神や仏に対峙して、人は何を思うのでしょう。
祈り、拝み、願をかける。
悩みや悲しみ、苦悩が大きければ大きいだけ
平安、幸福を希求する心の強さ、深さを思います。

自分とは何者か。矛盾に満ちた自己が歩いていく人生です。
どんな時代になっても、宗教心は連綿と続いていくのでしょう。

P1010782_edited555.jpg

ながめつる 今日は昔に なりむとも 軒場の梅は われを忘るな
式子内親王【新古今和歌集】


クローバー

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:46  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★No title

京都!!いいですねぇ!!
義光の松!すごいですよね!
ご紹介してよかった。。

友禅染体験もいいなぁ。
実は、私のブログの初期に紹介しているイラストの中に、
型紙を使った染物のような技法で描いてるのがあるんですよ~。
ブログのプロフィール画像もそうです。
それも、京都のお土産や産でゲットした筆を使ってるんです。
けど、今はなかなか出来なくって。。型紙を切り刻む時間がない。。
また、時間が出来たらやりたいなぁ。。って思ってます。
いつも、応援ありがとうございます。
壁紙も更新したいのですが、なかなか。。。
これに懲りず、ずーっと待ってやってください。。
 | 2009年02月27日(金) 17:49 | URL | コメント編集

★もっさん さんへ

コメント有難うございます。
ず~っと、待ってますよ。
初期の頃からのイラストも、もう一度見させていただきますね。

・・私はやっぱりもっさんさんの絵が好きです・・
jtstj | 2009年02月27日(金) 18:25 | URL | コメント編集

★No title

専務は写真を撮るのも上手ですね。

京都に行くと、タイムマシンに乗って何百年も前にタイムスリップしたような感覚にとらわれますね。

建築家にとっては古人の偉業に感嘆するとともに、建物自体にも興味をそそられるのでしょうね。

専務は学生時代から頑張り屋で、京都に行ったときは、その前のハードスケジュールのため京都に着いたときに疲労で脂汗が出てしまったのでしたよね。
あの頃はいかに安く楽しむか工夫しましたね。

私のオレゴン時代の友達が(先日会ったのですが)日曜日の 建物探訪 のテレビを見たそうです。
帰国して最近、 宅建 の資格を取り、家に興味があるので時々みているそうです。
私の友達の施工会社が建てたのだといったら、ビックリしていました。
バッチ | 2009年02月28日(土) 14:22 | URL | コメント編集

★バッチさんへ

残念ながらこのページの写真は夫が撮ったものです。
写真ももっとうまく撮れるようになりたいと、常々思っております。

学生時代は、頑張り屋というより、欲張りだったのですよ、私。
身の程知らずに欲張ってあれこれしていたから。
・・でもなつかしくて、おかしくて、大切な思い出です。

テレビは、ブログがあるので書いたのだけれど、今までは、
家族や社員の間で見て、なんとなくホッコリして、嬉しがっていたのです。
・・もしかしたら、PRになるのかしら。
では、都留建築スタジオとスリーエフをよろしくお願いいたします。
jtstj | 2009年02月28日(土) 17:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://threef.blog18.fc2.com/tb.php/163-f98e5182

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |